FXで勝ち続ける為には値動きの「チャートパターン」を覚える必要があります。

当然値動きのチャートパターンのみならず、
基本的なFXの知識とトレードロジックは学習していく必要がありますが、
そういった手法の基本となる部分にチャートパターンはあります。

チャートパターンが形成される相場状況において、
プライスアクションと呼ばれる売買サインが出現したらエントリー準備です。

チャートパターンとプライスアクションは学習と検証を繰り返し、
随時インプットしてものにしていくものでありますが、
その中の幾つかの主要なものの種類と分析方法をまとめます。

FXチャートパターン種類

このようなチャート画像の中にも、様々なチャートパターンが出現しています。

チャートパターンの出現傾向がつかめるようになると、
おのずと相場分析力(環境認識)が向上してきます。

チャートパターンの種類を学習してインプットし、
過去チャート検証をしながら相場分析力を身につけていきましょう。

FXでのチャートパターンとは?

そもそも「チャートパターン」とは何を指すのでしょうか?

FXは専門用語がありまくるので、
難しい言葉はなんとなく聞き流してしまうことも多いですが、
改めてしっかりと理解していく必要があります。


FXの相場値動きで言うところのチャートパターンとは、
相場の値動きがある条件を満たした時に出現するチャート形状の形を指します。

過去にも同じ形のパターンを作ることがよくあり、
規則性を持って意識されて作られる値動きのパターンです。


チャートパターンには多数の種類があり、
それぞれパターンが出現した後に値動きが向かう可能性が高い方向があります。
(反転サインのチャートパターン、継続サインのチャートパターン)

(以下画像の右側フラッグ記載箇所は、出現する箇所として不適合なので修正入れました)
プライスアクション例チャートパターン図

為替相場チャート上で出現するチャートパターンは多数の種類があります。

ひとつひとつを理解して深めていくことで、
どのような相場状況でも対応できるトレードスキルが身についていきます。

学習と検証を繰り返していきます。

チャートパターンで出現するプライスアクション

チャートパターンとセットで使われる「プライスアクション」とは、
一体どんなことを指しているのかキチンと説明しているコンテンツは意外と少ないです。

FXで言うところのプライスアクションとは、
その名のとおり為替相場の「値動きの特性」部分を指します。

よく指される値動きの特性部分としては、
Wトップ、Wボトム、ヘッドアンドショルダー等のチャートパターンが出現した際に、
相場値動きが上昇下降のサインをロウソク足の形状等で表示させる部分等です。

fxプライスアクション

上記図はWトップを形成する中に出現したロウソク足でのプライスアクション(サイン)例です。

Wトップ形成の左山部分で頂上にピンバー(上ヒゲ)が出現して下降のサイン、
Wトップ形成の右山部分で包み線が出現して一気に下げています。

こういったチャートパターン中に出現する売買サインをプライスアクションということが多いです。

チャートパターン以外でもレジスタンスサポートライン付近でも、
プライスアクションが起こることが多いので注目すべき部分となります。

プライスアクションの言葉の注意点
「プライスアクション」という言葉も含めFXの専門用語は、
様々な方がそれぞれ色々な伝え方で専門用語を使っています。

なのでプライスアクションといっても全てが
当記事で紹介している意味で使われている場合のみでないことを御注意下さい。

FXには色々なキーワードがあるので、適宜注意して意味を読みとって下さい。

プライスアクション種類まとめ

FXトレードでよく利用されているプライスアクションパターンを以下にまとめます。

意識されているライン上や、
チャートパターンの中でのプライスアクションをトレードの要素にしていきます。


当サイトで解説しているプライスアクションは、
主にロウソク足のパターンを元にしています。

まずはロウソク足の基本的な見方を理解しておきます。

参照:FXロウソク足の種類と見方解説


チャートパターン種類まとめ

それではFXにおけるチャートパターンの種類をまとめていきます。
「反転」「継続」「どちらでもない」このどこかの属性のものとなります。

それぞれのチャートパターンの詳しい解説は、リンク先の個別記事を参照して下さい。

  • Wトップ・Wボトム
  • 相場環境で2つの山を作って反転するチャートパターン
    とてもわかりやすいチャートパターンとして認識されています。

    Wトップ例

    Wトップのチャート上での例です。
    (トリプルっぽい、もしくはHASっぽくもありますが)
    完全にキレイなWトップもありますが、このようにある程度ごちゃごちゃしている場合が多いです。

    Wボトム例

    Wボトムのチャート上での例です。
    Wトップの逆の形になります。

    Wトップ・Wボトムともに、
    ネックラインのサポートブレイクで価格が加速しているのがわかります。

    トレンドの天井圏や底値圏で出現し、反転する場合のチャートパターンです。


  • トリプルトップ・トリプルボトム
  • Wトップ・Wボトムの山が3つのパターン
    単にレンジ相場の状況にも似ています。

    トリプルトップ例

    トリプルトップのチャート上での例
    (Wトップが2こ、1こ並んでいるようにも見える)

    高値(もしくは安値)を何度も抑えられている場合、
    そのレジスタンス(もしくはサポート)ラインを明確に越えられないと、
    反転して下降(もしくは上昇)する場合が多い。

    上記チャート例では、かなり長い上ひげだしたがそのまま落ちて、
    上抜けできず反転下降している状況です。

    トレンドの天井圏や底値圏で出現し、反転する場合のチャートパターンです。


  • ヘッドアンドショルダー(Head and Shoulders)・インバースヘッドアンドショルダー
  • 三尊天井・逆三尊天井とも呼ばれたりします。
    (当サイトでは「HAS」と略しています)
    まん中に大きな山で両側に小さな2つの山を作って反転するパターン

    ヘッドアンドショルダー

    ヘッドアンドショルダーのチャート上での例です。
    逆HASの場合は、これが逆の形になります。

    トレンドの天井圏や底値圏で出現し、反転する場合のチャートパターンです。


  • ダイヤモンド・フォーメーション
  • ダイヤモンドの形のように、高値安値が広がってから狭まるパターン
    上下どちらかに抜けていく相場状況で出現しやすい

    ダイヤモンドフォーメーション

    ダイヤモンドフォーメーションのチャート上例

    あまり頻繁に出現するパターンではない。
    HASの変形版のような形で、
    もみ合いレンジ状態でどちらかに抜ける時に出現すると理解。


  • ウェッジ(Wedge)
  • トレンドラインを引いて、一方の方に先が狭まってくるパターン
    上昇ウェッジ、下降ウェッジとがある
    トレンド継続サイン属性の場合が多いが、反転系のウェッジもある。

    ウェッジ例

    ダウントレンド途中に発生したウェッジ例
    (トレンド継続型で下抜け)

    ウェッジはトレンド途中で発生することが多く、
    上記ウェッジ例の場合はダウントレンド途中で発生しています。


  • ペナント
  • トレンドラインを引いて、三角形のように先が狭まっていくパターン
    狭まった先に抜けてくる方向に大きく動く場合が多い

    ペナント

    ペナントのチャート上での例

    この後に解説する「三角持合い」とほぼ同義語と思ってもいいです。
    (人によっていい方違う場合があるだけ)
    「トライアングル」と呼ぶ場合もあります。

    騙しペナントブレイク

    ペナントブレイク時に、上記チャートのように騙しもあります。
    上記チャートはEUR/USD30分足です。
    振りかぶってペナントブレイク上昇してから、包み足で下落しています。

    トレンドラインブレイクのみでは騙しになることも多いので、
    チャートパターンを意識する際には、
    上位時間軸の同意等それ以外の複数の根拠を見ていきます。


  • トライアングル(三角持合い)
  • ペナントに形が似ているが、高値安値どちらかの頭が一定に抑えられた形での三角形を形成
    ペナントはトレンド途中で出現することが多いが、
    三角持ち合いはレンジ中やトレンドが崩壊している際に出現したものを言われることが多い。

    三角持合いFX

    上記は三角持合い(ディセンディングトライアングル)のチャート例です。

    片方のラインが水平線の時に「三角持ち合い」といいます。

    が、ペナントと呼んでも通じることが多く、
    また「三角保ち合い」「トライアングル」ということもあります。

    チャートパターンの形と大体の特徴を理解していれば、
    それでいいんじゃないかと個人的には思っています。


  • フラッグ(Flag)
  • トレンドラインが斜めに並行に引ける中で推移する相場状況
    トレンド形成途中で出現するものを指されることが多い
    上昇フラッグと下降フラッグがある

    フラッグ

    チャート上でのフラッグ例

    基本的にはフラッグを形成しているチャネルラインを抜けた方にトレードします。


  • ボックス圏
  • 値動き幅の高値と安値の水平線を引いて、
    その中で上昇と下降を繰り返しているチャートパターン
    箱の中に相場がいるような動きとなり、
    レンジ相場と同様の状況を短期間に形成するものを指す

    fxボックス圏

    箱のような相場の中を上下しているレンジ相場がボックス圏です。

  • ソーサートップとソーサーボトム
  • 相場の天井圏もしくは底値圏で出現するお皿のように丸っこい形の反転チャートパターン。
    比較的大きな時間を経てチャートパターンが形成されることが多い。



    お皿のように丸っこい形をジワジワと作っていくのが特徴。
    大きな形でのチャートパターンなので、その中に他のチャートパターンも出現しやすい。


  • グランビルの8つの法則
  • アメリカのチャート分析家ジョゼフ・E・グランビル氏が考案した移動平均線を利用した8つの売買サインを指す
    チャートパターンというよりも、トレードチャンスを示す指針という方が近いか。


  • などなど…
  • 上記以外にもたくさんあります。

FXトレードのチャートパターンは様々ありますが、
少しづつ動きのパターンを覚えていけばいいと思います。

形の名称と呼び名も同じものでも人それぞれ違ういい方をすることもあり、
最初は戸惑うかもしれませんが形と動き方のクセを理解できていればOKです。

過去チャートを検証しながらチャートパターンを見つけていきましょう。

チャートパターンの分析方法

チャートパターンを分析してトレードに活用する為に、
着目して検証していく項目は以下の点になります。

  • どういう相場状況でそのチャートパターンが出現したか
  • そのチャートパターンが出現した後、値動きはどうなったか
  • どのくらいそのチャートパターンが出現するか(頻度)

チャートパターンは基本的には、形成されてから全体像がわかるものです。

完成される前にトレードシナリオを考えておき、
チャートパターンの状況をみながらエントリーと決済ポイントを狙っていきます。

その為には、
上記の「どういう相場状況で出現し」「値動きがその後どうなったか」を検証し、
そのチャートパターンがどのくらいの頻度で出現するかを理解していきます。

チャート過去検証で理解を深めて落としていき、リアルトレードの実践で活用します。

チャートパターンの分析でも学習と検証が重要になります。

チャートパターンとプライスアクションの検証を繰り返していく

FXで安定的にトレードし続けていく為には、
覚えること習得すべき技術はたくさんあります。

チャートパターンも主要なものは覚えておくべき必須の知識となります。

名称と形をガチガチに覚えるのも最初は大切ですが、
トレードとチャートリーディングになれてくると、
形がすんなりと頭に入ってエントリーと決済ポイントが見えてくるようになります。

そうなる為にもチャートを検証研究していくことが大切な作業となります。

トレードの実力構築に必要な作業を地道にやっていきましょう。