「グランビル8つの法則」とは、アメリカの証券アナリスト「ジョセフ・E・グランビル(Joseph E. Granville)」によって考案されたテクニカル分析手法で、「買いと売りを示す8つのパターン」を指します。

グランビル氏が同じく開発した「移動平均線」(Moving Average)を使用し、
価格との位置関係から起こる8つの習性を法則化して解説したものです。

グランビルの8つの法則
移動平均線(MA)を基準に価格の押し戻りを8パターンの法則にしたものです。

グランビルの8つの法則は、「買いの4パターン」「売りの4パターン」で形成されます。

FXトレードにおいても、
グランビルの法則はトレード手法の要素として用いられています。

グランビルの法則に関して、簡単に解説していきます。

グランビルの8つの法則

グランビルの法則は、以下の移動平均線の習性を基に考察されています。

  • 価格と移動平均線が絡まると、どこかで離れていく傾向
  • レンジ相場で価格とMAが絡み合った後、トレンドが発生してMAと価格が乖離していく

  • 価格と移動平均線の乖離が広くなると、距離を近くに戻しやすい
  • トレンドが発生してMAと価格の乖離が大きくなると、また価格がMA方向に戻しやすい
    (押し目、戻り目を付けていく習性)

  • 角度が急な移動平均線は価格に意識されやすい
  • トレンドが発生した相場では、MAが抵抗帯になってトレンド方向に価格が伸びやすい

参照:移動平均線(MA)FXでの種類期間設定と使い方解説

以下がグランビルの8つの法則を図解化したものです。(画像クリックで拡大)
グランビルの8つの法則
移動平均線と価格の位置をベースに、4つの買い場、4つの売り場を表しています。

移動平均線(Moving Average・通称MA)と価格の絡み合いから上抜けして乖離し、
乖離が大きくなったらまた戻して価格とMAの距離を縮め、
また絡み合いから広げてと、繰り返しているのがわかります。

買いの4パターン

以下は、グランビルの法則での買い4パターンです。

  1. 移動平均線が上向きになりつつ、価格がMAを下から上に突き抜けた場合
  2. 移動平均線上昇中で価格がMAを上回った後に、再度下抜けた場合
  3. 上昇中の移動平均線に向かって価格が下がり、MA手前で価格が上がった場合
  4. 価格が移動平均線から大きく下に乖離した場合

売りの4パターン

以下は、グランビルの法則での売り4パターンです。

  1. 移動平均線が下向きになりつつ、価格がMAを上から下に突き抜けた場合
  2. 移動平均線下降中で価格がMAを下回った後に、再度上抜けた場合
  3. 下降中の移動平均線に向かって価格が上昇し、MA手前で価格が下がった場合
  4. 価格が移動平均線から大きく上に乖離した場合

基本的には買いの4パターンの逆になります。

グランビルの法則の特徴

グランビルの法則は、移動平均線の特徴を8つの法則として解説したものだと思います。
実際のチャート上でも度々その法則が出現しています。

以下ユーロドルの1時間足チャート画像です。(画像クリックで拡大)
移動平均線の習性
チャート上には20SMAを表示させています。

価格がMAから離れすぎると調整戻ししてMAに再び近寄り、
角度が急なMAとなると、価格が意識されて抵抗帯になりやすいのがわかります。

価格とMAがくっついては離れてを繰り返しているのがわかります。

これを8つの売買ポイントとして解説したのがグランビルの8つの法則というわけです。

グランビルの法則を利用したFXトレード手法

以下、当FXブログで解説しているグランビルの法則を利用したFXトレード手法です。

チャートパターン・プライスアクション等と組み合わせる

グランビルの法則は、それ単体でトレード手法とするのではなく、
その他の要素と組み合わせてトレード手法とするのが適切です。

具体的には、
チャートパターンやロウソク足のプライスアクションと組み合わせたり、
MACD等のダイバージェンス現象と組み合わせてトレンド反転トレード手法としたりです。

チャート上で複数要素に注目していくことで、
より明確にトレードポイントを絞りだしていきます。

グランビルの法則を習得できるFX教材

グランビルの法則をマスターするのに特に参考になるFX教材は以下になります。

  • 無限FXpro
  • 相場の環境認識を主軸にして、移動平均線のみを表示させてトレードするスタイルのFX教材。
    作者のFXB氏はかなりのベテラントレーダーで、FX講師としても定評があります。
    グランビルの法則2番を利用したトレンドフォロー手法を長年実践しておられます。

  • Phoenix Trend FX(脇田輝明FX教材)
  • グランビルの法則とエリオット波動を組み合わせたロジックを提供。
    サインツール付きで初心者向けのFX商材。