ダウ理論に従ってロウソク足終値見て判断(ダマシを避ける方法)解説動画


FXトレードで、なかなか成績が安定しないと嘆く相談をしょっちゅういただきます。
ようは全然勝てない、と。

そういった時に僕の方から「トレードルール(ロジック)通りにトレードされていますか?」とお聞きするのですが、
以下のような回答が返ってくることが多い印象です。
「トレードロジック通りやっているのに、エントリーしたら逆行する」
「ここだろ!って思ってエントリーしても、負ける」
「たまに勝っても、チキン利食いしてしまう…」
「そもそも相場分析のやり方がわからない」
「どうしていいかわからないし、わからなくなった」
自信喪失しておられるわけです。

この気持ち、僕も痛いほどよくわかります。

fx自信喪失

成績が安定せずトレードに負けていくと、当たり前に自信喪失します。
これはベテランでも初心者でも同様の心理状況だと思います。

僕自身もこのような気持ちに何度も何度もなってきました。

今でも一時的にそうなることすらあります。

ですが現在は、
損切りトレードが続いてメンタル的にきつくなっても、
自信を取り戻して前向きにトレードできるようになる対処方法がわかっています。

自信回復する一番の対処法は、トレードで勝つことです。

その為には、
できるだけダマシに合いそうな相場状況を避けて、
トレードロジック(ルール)通りに淡々とエントリーと決済をしていくことが必要です。

ダマシにあう事が多いのは、ロウソク足の終値を見てない場合が多いです。

明確にトレードロジック(ルール)を実践していく為に、
ロウソク足の確定を待ち終値を見てからトレード判断していきます。

そうすることで、
より精度高くダマシを避けやすくトレードできるようになるはずです。

ダマシを避けるのが成績安定への近道

ちょっとおさらいになるのですが、
為替チャートのダマシ値動きにやられて逆食うトレードは負けトレードとなります。

以下のような場合は、ダマシの値動きと判断できます。
  • レジスタンスラインを一旦上抜けしたけど、すぐに下に戻して上ヒゲになって足が確定
  • サポートラインを一旦下抜けしたけど、すぐに上に戻して下ヒゲになって足が確定

その時間足チャートでのロウソク足が確定する前に、
一旦ラインブレイクしたかなー、と抜けたと思える方向にエントリーすると、
結局すぐに戻してヒゲになって終値確定することが多々あります。

これが、ダマシブレイクです。

抜けたと思っても、ロウソク足が確定しないと根拠は薄いです。

更に短い時間軸チャートでラインブレイクしたと明確に判断できるまでは、
ヒゲとなってダマシブレイクとなるリスクを考慮していく方がトレード精度は上がります。

ダウ理論に従って終値を待つ

ラインブレイクを確認していくのに、執行時間軸チャートでロウソク足が確定し、
ロウソク足の終値が明確にラインを抜けているとブレイクの精度が上がります。
(次足で戻していくことも当然ありますが)

トレンドを判断するダウ理論上でも、
終値の位置がどこにあるかが重要視されます。


ロウソク足の終値で明確にブレイクしたかどうかが判断ポイントになります。

ダウ理論終値

ロウソク足の終値確定を待ってから判断していくことで、
よりダマシを避ける精度が上がります。
(当然、それでもダマシにあうこともありますが)

以下のチャートは、直近のドル円30分足チャートです。(画像クリックで拡大できます)
ドル円チャート
上記チャートの赤枠内の上ヒゲピンバーが、
レジスタンスラインを上抜こうと一旦上昇するも、
結局上ヒゲになって明確にラインをブレイクできませんでした。

その上ヒゲピンバーの次足は、包み足陰線になって下げています。

上ヒゲピンバープラス包み足陰線で上抜けが否定されて、
これにより、一旦下落しないと再度上抜けする上昇パワーが無いと、
判断しやすい相場環境となります。

上ヒゲピンバーも、ロウソク足が確定するまでは大陽線になって上昇していたわけです。
その時点で、「上抜けた。飛び乗れ!」とロングで入ると、損切りになりやすいわけです。

30分足チャートでロウソク足の確定を待って、
上ヒゲピンバーを確認した後であれば、下げやすい形と判断できます。

ロウソク足確定の終値を待って、
それを見てトレード判断するのはダウ理論の基本と言えます。

トレードロジック通りに実践していくことで

上記のような事柄もあり、確定しているロウソク足を基にトレード判断するのが妥当です。
それにトレードロジック(ルール)を当てはめてトレードしていくと。

終値を待ってロウソク足確定を見て、
明確にトレードロジックに合わせて判断していくことで、
ルール通りトレードできれば成績もメンタルも安定していきます。

また、相場分析していく時に、
執行時間軸チャートよりも、大きい時間足の完成したロウソク足を基に相場分析すると、
より大きい流れのトレンドフォローやレジサポラインを判断しやすくなります。

チャートは、大きい時間軸の中の一部が小さい時間軸チャートなります。

大きい時間軸チャートで形成されているチャートパターンがあれば、
小さい時間軸チャートではそのチャートパターンに従って動いていく可能性が高くなります。

トレードロジック(ルール)通りにトレードしつつ、
相場分析力を乗せていくことで、トレードに更なる精度を加えていきます。

その繰り返しをしていくことで、トレードの成績も安定していく流れだと思います。


以下は、トレードロジック通りに実践してFXで勝つ流れを解説した動画です。是非参照されてください。
FXで勝つ方法と取り組み方手順解説動画