FXでは多数の取引運営会社・専門業者が存在します。
FXトレードを開始する時にまずはFX会社で口座開設をします。

FX運営会社は口座開設に様々なキャンペーン特典を提供しており、
口座開設してトレード条件を満たすだけでボーナスなどの特典がもらえたりします。

初回入金額やトレード条件等を満たすとより大きな特典もあったりします。

トレードの際に使いやすいFX会社の方がよいので、
最初に複数のFX会社で口座開設して試していくのがおすすめです。

そして口座開設キャンペーン特典も全てもらえるようにしていきます。

FX口座開設キャンペーン
FXトレーダーの多くは使う使わない別にして、
殆どの会社の口座を開設してもっていたりします。

様々なFX業者の口座開設をして、使いやすさや企業規模を比べたうえで利用しています。

こちらでは日本国内FX会社の口座開設でのキャンペーン内容や
取引条件とツールの使いやすさ評判の比較記事を書いていきます。

FX会社で口座開設する際のポイント

日本国内のFX会社を選ぶポイントは、
「企業規模」と「スプレッド」「取引ツールの使いやすさ」がメインです。

更には、約定精度も見ていきたいです。
(ポジション約定時に、価格の滑りが若干あったりします)

FX業者は大切なお金を証拠金として入金していくので、
当然ながら企業規模が大きく、運営歴が長いFX会社の方が安心できます。

スプレッドの部分は各FX会社のサイトにも記載がありますが、
取引ツールの使いやすさは自分で試してみないとわからないものです。

最初はデモトレードで試してみてもいいですし、
使ってみたいFX会社の口座を片っ端から開設して、
キャンペーン特典をもらって試してみるのも手です。
(キャンペーン適用条件をそれぞれご確認下さい)

おすすめのFX会社の取引口座

以下はたくさんのトレーダーが利用しているおすすめのFX会社です。
FX業者の多くは口座開設でキャンペーン特典も受け取れます。

以下のFX業者名のテキスト部分をクリックして、
公式ページの案内を確認していかれてください。

  • ヒロセ通商FX口座
    ヒロセ通商fx
  • マニアックな玄人好みで、通のファンが多いヒロセ通商。

    取引システムの使いやすさと、
    ポジション約定時に「ワォーン」とライオンが吠える感じが個人的ツボ。

    口座開設でのキャッシュバックキャンペーン特典はもちろん、
    トレード状況に応じて毎月パスタやカレーや肉のプレゼントキャンペーンがある豪勢ぶり。

    約定時に「滑らない」と有名なヒロセ通商です。
    スプレッドの狭さや1000通貨から取引できる部分も魅力です。

    FX業界では老舗の会社になっていて、
    トレード玄人がメイン口座として利用することも多いです。
    まずはこのFX口座を試していくのもいいと思います。

  • DMM.com FX


  • 口座開設後にトレードでけっこうな金額のキャッシュバック特典もあり、
    スプレッドも最小レベルのドル円0.3でおすすめのDMM.com。

    CMタレントに起用しているローラもおすすめしている力の入れようです。(以前はタカさん(石橋貴明)も)
    (※2018年1月現在、FX口座数国内1位になったそうです)

  • SBI FXトレード
  • SBI FXトレード
    SBI FXトレードは、とにかくスプレッドの狭さに定評がある日本国内FX業者です。
    国内FX業者としては最狭レベルでスプレッドが狭いFX業者。
    2018年オリコン調べの顧客満足度調査でもFX取引手数料部門でも1位を獲得。
    TVCMも積極的に広告展開されています。

    企業規模も安定しており、玄人に利用者の多いFX業者。

    秒速スキャルFXのFX-Katsu先生が使っているFX口座としても知られています。

  • 外為ジャパンFX
    外為ジャパン
  • DMM.com証券が運営する外為ジャパンも多くのトレーダーに利用されるFX会社です。
    スプレッドは業界最狭値のドル円0.3銭より。

    口座開設と10万円以上の入金と規定のトレード状況でキャッシュバック特典の適用されます。
    スマホアプリを利用してトレードするだけでもキャッシュバック特典有り。

  • 外為オンライン
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
    元AKB48の大島優子さんがCMキャラクターになっていたりと、
    PR活動にもかなり力をいれている老舗で大手のFX業者。

    かつてはみんな使っていたFX業者の老舗。

    口座開設でのキャンペーンもいい感じですが、
    外為オンライン公式サイトの為替相場情報が充実しています。

    スプレッドが他業者に比べて若干固広いので、長期的な利用には検討が必要。

  • ライブスター証券


  • 原則低いスプレッドで固定されていますが、
    他の極狭スプレッド会社と比べると若干広いです。

    しかし、その理由は取引ツールの充実やその他の部分で理解できると思います。
    安定している口座ツールは、なかなか評価できるところだと思います。

    また、スワップ金利に力を入れているFX業者でもあるということで。

    様々なFX口座会社があることを知る意味でも開設しておきたいところです。

  • FXプライム by GMO
  • スワップポイントが強化されて、スイングトレードからポジション長期保有が適したFXプライム。
    運営会社の基盤も上場企業のGMOでしっかりしています。

    口座開設キャンペーンもしっかり提供されており、スプレッドも広すぎず狭すぎずで。
    様々なFX業者を利用してみて自分にあったブローカーを見つけていきましょう。

口座開設キャンペーンは随時移り変わる

FX会社の口座開設キャンペーンは、利用者を増やす為のものです。

多数の利用トレーダーを抱えている方がFX会社としても手数料が多く見込まれるので、
口座開設キャンペーンによってキャッシュバックなどで利用者を増やしていきます。

ただ、やはり時期によりキャンペーン内容はどんどん移り変わっていきます。

大手の会社がFXジャンルに乗り込んできた時などは、
一気に利用者を増やしたいのでキャンペーンも派手に行われます。

そういった大手の会社の口座開設特典を受け取っていくのがおすすめです。

時間がたてばたつほど、キャンペーン特典は縮小されがちです。

キャンペーン内容はどんどん移り変わっていくので、
内容がよりお得感があるタイミングで口座開設していくのがいいです。

トレードシステムもFX会社ごとに様々

FX会社のトレードシステムの使いやすさも様々です。

個人的な取引画面の好みもあるとは思いますが、
できればトレードを実践する初期に
使いやすいFX会社のものに慣れておくのがいいです。

使いやすさが今後の利益を左右する部分もあるので、
色々なFX会社を試してみるのがおすすめです。

口座開設キャンペーン等を大々的に展開している大手FX会社は、
当然にトレードシステムにも力をいれています。

まずはそういったところを試しながらトレードしていきましょう。

また、トレードシステムにMT4(Meta Trader4)を使用できる国内FX業者も幾つかあります。
参照:MT4が使える日本国内FX業者まとめ

日本国内FX業者の取引上限は…

日本国内FX業者は、海外FX業者に比べて取引上限が厳しめです。
最大注文数量が1通貨ペアあたり100万通貨までだったりが多いです。

以下はDMM.com FXの取引条件です。(2018年12月14日現在情報)
DMM.COM FX
大きなロット数でトレードする場合は、単体の日本国内FX業者では限界が早くきます。

こういった取引最大ロット数の部分で、
複数の日本国内FX業者に口座を同時に開設して使用する手もあります。

めんどくさく感じたら海外FX業者を使うのが手っ取り早いですが。

海外FXブローカーも検討の意味あり

日本国内FX業者は日本人には、確かに「なんとなくの安心感」があります。

その反面、個人口座だと25倍のレバレッジ規制があったり、
あまりにアレしすぎると口座凍結されてしまう場合もあったりなかったり。

また、証拠金の相対・相対取引の透明性の部分も気になります。

より大きなロット数でトレードしたい時等に、海外FX業者を選択する意味はあります。
(というか、FXをやり続ける多くのトレーダーが海外FXブローカーに行きつきます)

レバレッジ規制も日本より圧倒的に薄く、最大500倍(800倍のところも!)までいける海外FX業者もあり、
不慮の際の追証金も基本的には無いFXブローカーが殆どです。

また、殆どの海外FX業者がMT4(Meta Trader4)が使用できます。

まずは海外FX業者の口座開設して状況を確認していきましょう。

参照:海外FX業者口座開設おすすめ会社解説

海外FX業者は税率が違う

日本国内FX業者と海外FX業者では、利益が出た際の税率が違ってきます。
日本国内FX業者の方が税率的には有利です。

ご注意ください。

FX口座開設関連記事