FXスキャルピング手法とやり方注意点解説動画


FXトレード手法の中でも、
最も短い時間で小さく利益を重ねていく手法が「スキャルピング」です。

短い時間でエントリーと決済を繰り返していくスキャルピング手法は、
短時間で終わることからFXトレード初心者層に人気があります。

fxスキャルピング

スキャルピング自体は、本来のトレード手法としては高度なトレードテクニックとなります。

短い時間足での短期トレードの方が、
長い時間足でのトレードよりも判断基準が難しくなりますし、
相関性時間帯管理など、様々な要素に相場が影響されやすくなります。

長期足だと陽線続きのアップトレンド時にも、
短期足だと陽線陰線が混合するレンジ時期を形成したりもするからです。

とはいえ、
短い時間足からトレンドは形成されていきますし、
FXトレードをしていくうえで、
短い時間足の中で判断しなくてはならないことも多々あります。

スキャルピングの僕なりの考え方と、
勝ち方テクニック手法等の当サイトで記載しているものをまとめていきます。

スキャルピング手法の考え方(メリットとリスク)

スキャルピングは短い時間の中でトレードを完結させていき、
数PIPSの利益もしくは損切りでトレードを積み重ねていく手法となります。

なんですが…

FX初心者層がよく陥る状況として、
「単に利確が早いだけでスキャルピングとしている」ものがあると思います。
(これはあくまで僕の私見です)

ポジション保有時間が短いのは悪いことじゃなく、むしろ良いことなんですが、
損切りポイントに対して利益確定ラインが短すぎて、
いわゆる「チキン利食い」になっている場合のケースが多く感じます。
(というか、僕もかつてそうでした)

スキャルピングを実践する際も、
1トレードごとのリスクリワードを損小利大を意識していくのが基本となります。

スキャルピングの勝率が高いルールで実践するとしても、
少なくとも1:1のリスクリワードは目指していきたいです。

fxスキャルピング手法

スキャルピングは、短期トレードという意味で思われる場合も多く感じます。

また、
「スキャルピングは難しい!」とよく熟練トレードブログ等で書かれていますが、
短い時間足でのチャートでトレードを判断していくので、
ロウソク足の陰線陽線が長期足チャートに比べて混合して表示されやすく、
トレンド方向が長期足に比べて判断しにくい側面があることからなどだと思います。

なので、より長期足チャートのトレンド状況も環境認識していくべきです。


スキャルピングのメリットとデメリット(リスク部分)をまとめてみます。

  • メリット:資金効率がよい
  • スキャルピングで短期的に利食い決済していくことで、トレンド相場でも押し目戻りで再エントリーできます。
    1トレードでずっとポジションを引っ張るよりも、(繰り返しトレードすれば)資金効率がよい手法とされています。

  • メリット:短時間でトレードが完結できる
  • 相場でポジションを持つことは、チャンスでもあればリスクでもあります。
    ポジション保有時間が短くてすむことは、リスク管理上でも精神衛生上もいいと思います。


  • デメリット(リスク):短期足チャートでの判断なので、分析要素が多い
  • 短期足チャートでの相場の値動きは、短時間の中で様々な要素に影響されて行くので
    トレード判断するスキルが高く要求される。
    また、その判断も短時間でやらなければならない。

  • デメリット(リスク):1トレードごとのリスクリワードが悪くなりがち
  • 損切りポイントとリミットのリスクリワードを損小利大にするのが、より難しい。
    短い時間足では価格の揺り動かしが多いので、どうしても1波での利確をしていくと、
    損切りする場合のPIPS数よりも獲得PIPSを伸ばすのが難しくなりがち。
    その代わりに高い勝率でカバーしていく場合が多い。

以下、幾つかの項目で特筆する部分を解説します。

スキャルピングでの損切りとリミット

スキャルピングでも損切りは当然行っていきます。

ただ、節目となるラインをヒゲで一旦抜けて戻ってくることも多く、
短い時間足でのスキャルピングでの価格抜けの判断だと、
損切り貧乏になることもしばしばです。

以下はヒゲで抜けてすぐ戻ってくるチャート例です。(クリックで拡大できます)
fxヒゲ抜け
ヒゲで戻ってきた場合、戻ってきた方向に動いていきやすくなります。
(騙しで抜け失敗)

スキャルピングで損切りをしていく場合に、
こういうヒゲ戻しをどう考えるかがポイントになります。

ロウソク足の実体抜けを損切り目安にする方法がありますが、
終値を毎回まっていると、一気にグーンといかれて損切り幅が大きくなるリスクもあります。

ここら辺が難しい由縁となります。


また、スキャルピングの利食いリミットの判断ですが、
こちらは前回高値安値や、移動平均線の抵抗帯等をリミットにしていく場合が多いですが、
できるかぎり損切りラインとのリスクリワードを損小利大にできるように心がけます。

高い勝率で、利益率もよいからこその資金効率の良い手法となるわけですので。

スキャルピングでの資金管理

スキャルピングは短期足チャートでトレード判断をしていくので、
長期足チャートでのトレードに比べてエントリーチャンスが多いのが特徴です。

エントリーチャンスが多いことにより逆に、
負けトレードを連発して早い段階で資金を溶かすリスクもあります。

怖いのは、損切りトレードによりメンタル崩壊してしまい、
無謀なルール無視の自分都合トレードを連発してしまうことです。

負けだしてしまうと、ヤケになってしまうのが人間の性。

「スキャルピングで3連敗したらトレードをやめる」等のマイルールを作って守ることが重要です。

トレード資金を致命的に失わないように、
トレードマイルールで感情と資金管理をしていきます。

スキャルピングが適した時間帯

スキャルピングを実践する時間足チャートの基本は、5分足、1分足となります。

トレードの環境認識として、1時間足等の長期足でのトレンドや
レジスタンスサポートラインも確認したうえで、短期足チャートでトレードしていきます。


スキャルピングも基本的には、
値動きのボラティリティが大きい時間帯の方が、
よりトレードチャンスも増えますし利幅も狙いやすくなります。

具体的には欧州時間やニューヨーク時間となります。

参照:FXトレードの取引が活発な市場時間帯


また、時間帯によって相場の値動きに固有のクセが出る時もあり、
そういう時間帯を狙って小利を狙っていくのもアリだと思います。

具体的には、月曜朝の窓埋めの動きだったり、レンジをつくりやすい深夜の閑散相場などです。

FXでスキャルピングを実践するトレーダー像

FXでスキャルピングは、比較的上級者向けのトレード手法とされています。

長期足チャートでのトレードに慣れてきたら、
単純に時間足を落としてトレードすることもそのまま移行できるものですが、
5分足、1分足まで落とすとチャートの値動きの形が激しくなっていきます。

まずはしっかりと上位足でのトレードスタイルを理解したうえで、
チャート分析力とトレードスキルと経験を身につけたのちに、
スキャルピングの手法にチャレンジしていくのが妥当な流れです。

短い時間足でのトレードは、メンタル的な負担も増えます。
(半面、ポジション保有時間が短くてすむ部分もありますが)

損切りパニックからのメンタル崩壊自分都合トレードの乱発は、絶対に避けましょう。

FXスキャルピング手法勝ち方記事まとめ

以下は、当サイトで掲載しているスキャルピング手法勝ち方記事になります。



また、当方の無料メルマガに登録してもらうと、
僕が実践しているトレードロジックのより詳しいものをプレゼントしています。

スキャルピングでも実用できるトレードロジックとなります。

参照:FXトレーダーナオトの無料メルマガこちらから

FXスキャルピング手法のおすすめ商材

以下は、スキャルピングに特化したFX商材レビューとなります。

特に初心者時期は、インジケーターのサインに従って淡々と短期トレードを繰り返す方が勝てます。
そういったタイミングで以下のFX商材導入を検討されるといいかと思います。

  • 秒速スキャルFX
  • 1分足での超短期トレードロジックを提供。勝率も高く、初心者トレーダーにお勧めできる内容。

  • 恋スキャFXビクトリーDX完全版
  • 多くのFXトレーダーがここからはじめた王道スキャルピング商材。
    トレード判断もわかりやすく、サポート体制もバッチグー。

  • FXスキャルパーフェクトシグナル
  • 専用インジケーターでトレードサインがバッチリ丸見え。
    キチンと裏側のトレードロジックを理解して身につけていくと、より精度の高いスキャルピングができるようになります。