「わかるところだけトレードすればいい」とよく言われます。

わかるとこって、どこだよ!!
かつてよく思ったもんです。(遠い目)

fxwakaranai
相場も人生も、わからないことだらけです。
わかるとこってどこだよ!意味わかんねーよ!!
その気持ち、わかります。


「わかるところだけトレードする」という言葉の意味を簡単に解説します。

自分の得意なトレードパターンを作ってそれだけやる

FXでの「わかるところ」とは、
自分の得意パターンのトレードチャンスを指します。

まずは自分が最も得意とすべきトレード手法・ロジックを決めて検証します。

検証してその手法・ルールがトータルプラスになると確認できたら、
デモトレード(もしくは小資金トレード)で実践していきます。

例えば、以下の売りトレードチャンス例を… (画像クリックで拡大)
fxshortbamen
相場がWトップをつけて下落後、レンジ揉み合い後にラインと13EMAに反応して再度下抜けした場面です。

繰り返し安値を切り下げ高値も切り下げたので、
ダウ理論的にもダウントレンドとなります。

  1. ダウ理論でのダウントレンド確定
  2. 安値切りで売り
  3. ストップは直近高値外・利確は1:1で

こういったトレード手法が使える場面と言えます。

このトレードチャンスをチャート上で見つける練習をしまくって、
過去検証しまくってものにしていきます。

そしてデモトレード(もしくは小資金)で練習していきます。

そうやって身に着けたトレード手法、
そのひとつのみをやっていくことが
「わかるところだけトレードする」という意味になります。

fxkachistyle

あれこれ色んなトレード手法・トレードスタイルがありますが、
まずは一点突破でひとつだけ得意なトレード手法を身に着けます。

それのみを一定期間(数か月以上)トレードしていくことで、
相場観が磨かれてチャートを見る視点が一定化されていくわけです。

順張りトレンドフォロー目線がまずはおすすめ

もしこれから最初のトレード手法を身に着けていくのであれば、
「順張りトレンドフォロー手法」での目線がおすすめです。

多くのトレード手法が、トレンドフォローをベースにしているからです。

trendfollowfxsyuhou
トレンドフォローの目線でチャートを見ていくと、その後より応用しやすいはずです。

まず、
トレードする目線判断(エントリー方向)を一定化させる。

トレンドフォロー手法で勝てるようになったら、
反転手法ととレンジ手法も取り入れていく。

その流れが適したFXの攻略法となります。

最初は長期足から

できるだけ長期足(4時間足・1時間足)でのトレードが最初はおすすめです。

5分足・15分足等の短期足でトレードしていくと、
自信が薄い初期段階だとポジポジ病リスクが高いからです。
(ポジポジ病は油断するとすぐなるんで、要注意です。)

長期足でトレードすると、比較的考える時間が長いので余裕が出やすいです。

とはいえ、相場状況にあわせることも…

長期足でのトレードのみだと、
相場状況次第ではトレードチャンスが少ない場合もあります。

どの時間足をメインで監視していくかは、
相場状況にあわせて変えることも必要になってきます。

「どの値幅をとっていくか」
「相場のどの波をとっていくか」
この部分を見ていきます。

とはいえ、まずトレード手法に慣れて自信つくまでは、
トレードチャンスよりもトレード自体に自信を持つことが優先です。

自信がある相場状況だけトレードする

自信のある相場状況だけトレードするのが正解です。

その為に、
自分なりの「自信がある相場状況」をロジック・手法で作っていくわけです。

自信があるからトレードする・投資する。
この前提が大事です。

ただ、10年やってもわからないところが多いのがFX。
だからこそ、わかる相場状況のみでトレードしていくのが大事ということですね。