FXマルチタイムフレーム分析トレード手法のやり方解説動画



FXトレードで「マルチタイムフレーム分析」の手法が有効とされています。

この手法の基本的なやり方としては、
複数時間足チャートのトレンド状況を判断したうえで
長期足のトレンド方向に執行時間軸チャートでトレードしていくのが主なトレード手法だと思います。

fxマルチタイムフレーム

長期足チャートで相場のトレンドを確認して、
短期足チャートでタイミングとって損切りリスクを小さくしてエントリーしていく、
というのが基本的なマルチタイムフレームでのトレードのやり方です。

複数時間足のチャートを確認して相場の環境認識をしていき、
相場状況を大きな流れで認識するのにマルチタイムフレーム分析は重要な手法です。

長期足のトレンド状況レジサポラインを認識しておくことで、
トレード執行時間軸のより短期足チャートでも迷いがなくなります。

長期足チャートで認識したレジスタンスサポートラインでの
価格のプライスアクション・チャートパターンを見ていき、
長期足のトレンド方向にむけてタイミング取ってトレードすればいいからです。

マルチタイムフレーム分析は、
多くのベテラントレーダーが採用している相場分析手法になります。

マルチタイムフレーム分析とは?

マルチタイムフレーム分析(Multi time frame・略してMTFと記されることも)とは、
複数時間足チャートを同時に使用して相場状況を分析していく環境認識手法となります。

トレードを執行する時間足チャートよりも、
長期足の相場状況を認識したうえでトレードしていくやり方といえます。

以下は、マルチタイムフレーム分析を用いたトレード方針の例です。(画像クリックで拡大できます)
マルチタイムフレーム分析
上記のチャート画面左側がドル円の1時間足、画面右側がドル円の日足になります。

上記のチャートから、以下のようなトレード戦略が考えられます。(一例です)
  1. ドル円の日足チャート見るに、全体的にダウントレンドからの調整上げ戻しが入った
  2. ドル円日足チャート直近で、大陰線での包み足(エンゴルフィンバー)で下落
  3. 日足でダウントレンド・直近で包み足出現で、下位時間軸チャートで売りトレード狙いできる相場状況

  4. 1時間足チャートで、短期上昇戻しからのインサイドバー陰線出現で、売りエントリー狙い
  5. (損切りストップ位置は、直近高値の少し上。ターゲットは直近安値のあたり狙い)
上記のトレード例からは、1時間足チャートのみを見ていると、
上昇トレンドからのWトップつけての下抜け短期下降からの、反発上昇と判断もできます。

なので、短期で買いを狙っていく判断もできなくない状況とも言えます。

日足チャートでの長期的なダウントレンドを確認していれば、
長期足のダウントレンド方向への売り狙いの方がより価格が伸びやすいと判断できるわけです。

マルチタイムフレーム分析は、トレードにおいて相場の環境認識の精度をより向上させるために必須な手法と言えます。

FXでのマルチタイムフレーム分析やり方手順

FXトレードにおいてのマルチタイムフレーム分析のやり方手順を解説していきます。
(トレーダーによって様々なやり方考え方があるので、あくまで一例として解説していきます。)

fxmtf


基本的には、長期足チャートでダウ理論に従ってトレンド方向を認識し、
トレード執行時間軸の短期足チャートで、
できるだけ損切りになった場合のリスクが小さくなるようにタイミングを取って、
レジスタンスサポートラインを意識されて形成された
チャートパターン・プライスアクションのサイン等でトレードしていきます。
(エントリーサインが出現してからトレードしていきます)

こちらのマルチタイムフレーム分析例では、
30分足チャートをトレード執行軸チャートとして解説します。
  1. 日足チャートでレジサポラインを引き、トレンド方向を確認
  2. 週足チャートも確認しておくとベターです。

    ドル円日足
    上記は、ドル円日足にレジサポラインを引いたチャート例です。

    明確にダウントレンドで107.30あたりのサポートをした抜いて下降後、
    プルバック上昇するも107.80あたりのレジスタンスで力尽きて包み足陰線で下落。

    ダウントレンド継続中と相場状況を判断できます。
    売りトレードを検討できるチャート状況です。

  3. 4時間足チャート、1時間足チャートでもレジサポライン引いてトレンド確認
  4. 日足・4時間・1時間足チャートのトレンドを見てエントリー方向を決定します。

    この時点でトレンド状況が時間軸ごとにバラバラだったり、
    ボラティリティが少なかったり、明かなレンジ相場に突入していたりしたらトレードを控えて様子見します。

    ドル円4時間足
    上記はドル円の4時間足チャート例です。

    Wトップをつけて下落し、プルバック上昇で陽線2本つけるも、
    上ヒゲのピンバー気味になって下落した状況から、
    直近は陽線で戻してレンジ気味になっている相場状況と見れます。

    安値更新をした後のプルバック上昇陽線なので、
    まだ引き続き売り狙いでイケる相場状況と判断できます。

  5. 30分足チャートでトレード
  6. トレード執行時間軸の30分足チャートで、レジサポラインが意識されての
    チャートパターン・プライスアクション等を見てトレードしていきます。
    (実践しているトレードロジック通りにトレードするのがおすすめです)

    基本的に、レジサポラインを意識して形成されたチャートパターン・プライスアクションでトレードします。
    (レジサポラインが無いところでのサインは、方向性の信憑性が薄れやすいです)

    ドル円30分足チャート
    上記はドル円30分足チャートの例です。

    日足・4時間足がダウントレンドなので、売り狙いでチャート監視していきます。

    上昇していくも、インサイドバーつけて下落。
    大陽線つけた段階で上昇できずと判断して売りエントリー。
    (ストップは直近高値の上、リミットは直近安値のロウソク足実体あたり)

    長期足のダウントレンドには逆らえず、少しプルバック上昇するも、
    揉んだのちに下落してリミットに刺さっています。

  7. 更にタイミング取るためにより短い時間足で確認も
  8. より短期足チャートとなる15分足・5分足チャートも見ていきながら、
    より小さいストップ幅(損切り幅)でエントリーできるようにしていきます。

    30分足チャートでのロウソク足確定を待たず、
    リスク先行で5分足等の短期足でタイミング取ってエントリーするのもありです。

    短期足チャートでエントリーする場合は、
    長期足チャートのロウソク足確定後にエントリーするよりも、
    相場が反転するリスク等は大きくなります。

    ドル円5分足チャート
    上記はドル円の5分足チャート例です。

    売り狙いで相場状況を監視していて、
    レンジを下抜けしたところで売りエントリーが可能です。
    MACDもダイバージェンスをつけています

    30分足チャートのロウソク足確定を待ってトレードするよりも、
    損切り幅もリミットまでの距離も有利にトレードできます。

    ただ、短期足チャートで早めにエントリーしていくことは、
    明確な長期足チャートでのロウソク足確定よりも早くエントリーするので、
    相場が反転して損切りリスクも高くなる部分もあります。

今回のマルチタイムフレーム分析例では、
日足・4時間足・30分足・5分足と使いましたが、
これ以外での時間軸チャートでも当然応用できます。

長期足のトレンド状況・相場分析を認識した上で、
短期足チャートでタイミングを計ってトレードしていくのが
マルチタイムフレーム分析の基本となります。

ダウ理論でのトレンド判断

マルチタイムフレーム分析をしていく上で重要なのが、ダウ理論の認識です。
トレンド状況の判断は、ダウ理論に従ってやっていきます。

長期足チャートで高値を更新して安値を切り上げているので上昇トレンドと判断。
短期足チャートでは下落してるけど長期足チャートの節目となる安値を切っていない。
こういった相場状況の時に、
どこで買いで入っていくかマルチタイムフレーム分析で見ていきます。

ダウ理論によるトレンドは、小さい時間軸チャートから崩れていきます。

なんですが、
長期足のトレンド方向に従っていくことが多いのを
複数時間軸チャートを分析することで認識してトレードしていきます。

長期足チャートのトレンドとレジサポを意識する

長期足チャートで引けるレジスタンス・サポートラインは、
短期足チャートでも当然強く意識されます。

これは水平線ラインでも、トレンドラインでも、移動平均線でも同様です。

長期足のレジサポラインを意識されて作られたチャートパターン・プライスアクションは、
狙っているトレンド方向に向けて形成されたトレードチャンスです。

より長期足のレジサポラインを見ていくことで、精度の高いトレードが可能になります。

トレードロジック通りにトレードしていく

マルチタイムフレーム分析でトレードしていく中でも、
実践しているトレードロジック(ルール)通りにトレードしていくのが基本です。

相場分析した上に、トレードロジック(ルール)を乗っけていきます。

相場分析力だけでトレードして利益を出して行くことも可能だとは思いますが、
人間にある「精神(メンタル)」的な部分で負担が大きいです。

なので、
安定してトレードしていく為にトレードロジック(ルール)通りトレードしていきます。

参照:FXにおけるメンタル管理とトレードルールを守る【超重要】

マルチタイムフレーム分析をして相場状況の環境認識ができると、
トレードロジックによりトレードする方向も明確になり、
トレード精度が飛躍的に向上します。

マルチタイムフレーム分析が難しければ、
まずは単一時間足チャートでのトレードロジックの実践をまず習得します。

その後に、より精度の高い相場分析・環境認識をしていく手法として
マルチタイムフレーム分析を取り入れていくのがおすすめの手順です。