FXトレードで利用するFX口座業者は、
日本国内のFX業者以外でも海外のFX業者を利用することもできます。
(FX業者は海外では「FXブローカー」とも呼ばれたりします。)

海外FX業者を使うことは、日本国内のFX業者と違ったメリットもあります。

fx海外ブローカーおすすめ

海外FXブローカーは、大きなロットでトレードするトレーダーの殆どが利用しています。

海外FXブローカーと国内FX業者のメリットデメリットをお伝えしながら、
おすすめの海外FX業者を解説していきたいと思います。

海外FXブローカーを使うメリット・デメリット

FXトレードにおいて、海外FX業者を利用するのはメリットとデメリットの両方があります。

そして、
大きなロットを扱う実力派トレーダーの殆どは海外ブローカーを利用しています。
これには理由があります。

メリットとデメリット部分をしっかりと認識したうえで、
自分に適したFXブローカーを利用していくことが大切です。

海外FXブローカーを利用する際の考えられるデメリット

海外FX業者を使うにあたって、
日本国内FX業者と比べて考えらえるデメリットは以下があります。

  • スプレッドが国内業者より若干広い傾向
  • 海外拠点ということで、サポート体制が日本国内業者より不安
  • 海外拠点ということで、出金が不安
  • なんとなく怖い

スプレッドが日本国内業者より広いのはしょうがない部分ですね。
これは海外FX業者が、よりインターバンクと密接にやり取りしてる部分からだと思います。

また、
なんとなく怖い気持ちもしょうがない部分ではないかと思います。

ただ現在は、日本語でのサポート等も提供されているブローカーが多いです。
海外FXブローカーもユーザー獲得に努力しているわけですね。


多くの実力派トレーダーが利用している海外FXブローカーを利用することで、
こういった不安な部分も解決されると思います。

海外FXブローカーを利用するメリット

デメリット部分と反対に、海外FXブローカーを利用するメリットは大きいです。

日本国内FX業者が法律によって規制されている部分を、
海外FX業者は超越してきたりもします。



海外FXブローカーの利点をしっかりと有効活用できれば、
同じ条件のトレードでも国内FX業者以上の成果を目指すことも可能です。

海外FXブローカーを使うメリットは、以下の点等があります。

  • 高いレバレッジをかけることが可能
  • 日本国内FX業者だと個人で25倍までと規制されているレバレッジを、
    海外FX業者だと200倍から800倍までかけることが可能な海外FX業者があります。

    今後の国内FX業者最大レバレッジ規制の状況を考えても、是非海外FX業者を導入しておくメリットは大きいです。
    2017年9月に金融庁から国内FX業者は最大レバレッジ10倍が検討とされています

  • 追証金が無いブローカーが多い
  • 入金している証拠金以上の損失が出た時に追加請求される追証金が、
    海外FX業者は基本的に無いブローカーが多いとされています。
    (ゼロカットシステムを採用しているブローカーが多い)

    日本国内FX業者の殆どは基本的に、
    急な相場状況の変化等で発生した証拠金以上の大損失に対し追証金が発生します。

    トレード時のリスクヘッジという部分から、追証金無しのシステムは安心感があります。


  • MT4がそのままトレードで使える
  • 日本国内の個人トレーダーにも広く愛用されているチャートソフトMT4が、
    海外FXブローカーは標準で自社MT4を提供しているところが多いため、
    そのままトレードで使えて作業をシンプルにすることができます。


  • ハイロットでもトレードできる
  • 国内FX業者だとハイロットでポジションエントリーしようとすると、
    価格が滑ったりポジションがエントリーできなかったりすることがあります。

    海外FXブローカーは日本国内FX業者と比べて、
    ハイロットでもポジションを取りやすいとされています。


  • スキャルピングをしても口座凍結されにくい
  • 日本国内FX業者は、スキャルピングや指標トレード等でアバンギャルドな手法を実践していると、
    口座を凍結されたりすることもあるようです。

    海外FX業者は基本的にそういったワイルドなポジションエントリーでも、
    口座凍結リスクは低いとされています。


高いレバレッジが可能で、追証金も基本的に無いとされる海外FX業者は、
活用方法次第では相当に有効利用できる可能性があると言えるでしょう。

また、FXによるお金の流動元となるインターバンクとの関係性が、
日本国内FX業者と比べて海外の大手FXブローカーは明確と言われています。

明確なお金の流れをつくっていることから、
スプレッドが適正な広さ(ほどほど広い)となり、
自己責任の観点からレバレッジ規制もゆるく、
インターバンクとのお金の流れも明確なので追証金が無いとされる、
というわけです。

おすすめの海外FX業者まとめ

海外FXブローカーも、口座開設することでキャッシュバックボーナスがあったりもします。

せっかく今後活用していくのであれば、
キャッシュバックボーナスも獲得しておきましょう。

また、出金条件やトレードにおける業者透明性の観点から、
知名度が高く利用者の多い大手FXブローカーを利用することをおすすめします。

スプレッドと取引手数料の状況も重要ですが、大手業者を選択するのが無難です。

また、殆どの海外FX業者が日本語対応しています。
(最初に英文でも、日本語表示が選択できる箇所がある場合が多いです)

当サイトでおすすめする海外FX業者は以下になります。

  • XM(エックスエム)公式サイト
  • fxxmウサインボルト

    XMは、日本国内での利用者数No.1と言われている海外FX業者です。
    世界的にも196ヵ国で50万人以上が利用しているFX業者とのこと。

    最大レバレッジもかなりの衝撃度まで可能で、
    日本語対応から初回キャンペーンボーナスもいい感じ。

    まずはここから。


  • FXDD(エフエックスディーディー)公式サイト


  • FXDDは多くのトレーダーが利用する海外でも最大手FXブローカーのひとつです。
    日本国内でも知名度は高く、運営歴も長く安定しています。

    約定率、約定スピードも安定しており、
    最大レバレッジも400倍までと充分に活用できます。

    固い正統派の海外FXブローカーのジャイアンツっていうイメージです。


  • OANDA Japan(オアンダジャパン)公式サイト


  • OANDA Japanは、MT4のスプレッドとしては業界最小水準のスプレッドと
    インターバンクから取得したレートを使用した約定率が特徴。

    個人口座のレバレッジは25倍までながらも、
    1通貨から取引可能で、ドル/円では4円から取引が可能。

    ハイレバが必要ない場合は、OANDAがおすすめです。

    また、1ロット1000万通貨まで約定が可能(USDJPY300万通貨まで)で、
    大きなロット数でトレードする巨匠系トレーダーにも好評です。

    僕もメインで使うMeta Trader4はOANDAです。


  • Titan FX公式サイト
  • titan fx

    2014年にスタートしたニュージーランド拠点のFX業者。
    スプレッドが狭いことと、両建て等の様々なポジション保有が可能だったりも。

    追証請求無しのゼロカットシステムを採用。
    Zeroブレード口座(スプレッド超狭いが手数料掛かる)と、Zeroスタンダード口座(普通のスプレッドで手数料無し)のパターン有り。

    最大レバレッジは500倍までいける。

    ちなみにTitan FXには僕も以前コメントを出したことがあります。
    titanfxオガタナオト

    参照:Titan FXの僕がコメント出したページ

当サイトでご紹介する海外FXブローカーは、現時点では上記の4ブローカーになります。

他にもたくさんあるのですが、キリが無いのでこんなところで。
参照:海外FX業者おすすめまとめ(←こういうページを参考にしてください)


様々な海外FX業者を口座開設して試してみるのが有効だと思います。

実際にリアル口座を開設することで、
その業者のMT4をずっとリアル口座で利用できるメリットもあります。
(僕は複数のMT4を同時に使うので、相当数の海外業者を口座開設しました)

最終的にメインで使うブローカーは1つになると思います。
大手で知名度が高く、信憑性のあるブローカーを利用することが得策です。

海外FXブローカーの口座開設種類の選択

海外FX業者の口座開設する際に、口座種類を選択することがあります。

基本的には「取引手数料があるけどスプレッドが薄い」ものか、
「取引手数料が無いけどスプレッドが厚い」もののどちらかの場合が多いです。



上記はXMでの口座開設種類の例です。(画像クリックで拡大できます)

基本的にはどちらのコースも
1トレードごとのコストはそんなに差が無いように設定されていることが多いですが、
スキャルピング等の短期トレードをするトレードスタイルか、
それとも獲得PIPSを伸ばしていくトレードスタイルかでも、
結果的な収益に違いが出てくると思います。

それぞれの業者ごとに確認していきましょう。

どっちがお得かは海外FXブローカーの条件ごとに確認していく必要がありますが、
日本人トレーダーであれば、国内FX業者と同様に取引手数料が無いコースがわかりやすいのではないか、と個人的には思っています。

キャッシュバックサイト経由で口座開設するとお得

海外FXブローカーに特化して、
キャッシュバックサイトというサービスを提供している会社があり、
そのサイト経由で口座開設すると、
その後のトレードごとにキャッシュバックが発生したりする仕組みがあります。

「ファイナルキャッシュバック」「ロイヤルキャッシュバック」等のサイトがあります。

以下の記事で解説していますので、よかったら参考にされてください。

参照:FXファイナルキャッシュバック評判と登録方法

海外FXブローカーの状況も変わる

FXでトレード成績が安定して建玉数が増えていくと、
どこかのタイミングで国内FX業者から海外FXブローカーに移行する日が来ると思います。

それまでは日本国内FX業者を使って、
海外FX業者はデモアカウントでMT4を使用していってもいいですし、
思い切って(入金せずとも)リアル口座を開設してMT4アカウントも使い続けるのもありです。

肝は使いやすさと出金しやすさです。

トレードで勝っても出金しやすい信用度のある海外FXブローカーじゃないと意味ないです。

引き続き情報を集めていきたいと思います。