日本国内のFX業者だと、最大レバレッジが25倍までです。

それに対して海外のFX業者は、
最大レバレッジが200倍から500倍、すごいところで800倍まで行ける業者もあります。

このハイレバレッジ適用率は、短期間で大きく稼ぐには魅力です。
少ない資金でも、大きな利益が目指せるので。

kaigaifxbroker
海外FXブローカーのハイレバは、資金が少ないトレーダーにとって魅力です。

ただ、
海外FX業者を使っていくのも注意点があります。

【無料公開】コウスケの「トレード情報をそっくりそのままマネをする』方法

今すぐこちらをクリックして確認を!


プレゼント動画あり!期間限定こちらから!

海外FX業者を使う際の選択基準と考え方を、簡単にまとめていきます。

海外FX業者のメリットと注意点

海外ブローカーの知っておくべきメリット・デメリットを解説します。
kaigaifxmerit

海外FX業者のメリット

海外FX業者を使う際のメリット部分は以下です。

  • 最大レバレッジがバカでかい
  • 最大レバレッジは200倍から800倍、1000倍までのところもあります。

  • 追証無しのゼロカットシステム採用業者が多い
  • 不慮の価格変動の際も、強制ロスカット以上の追証金が無いシステムを採用している業者が多いです。
    (ゼロカットシステム)

  • MT4が使える
  • 多くの海外FXブローカーは、MT4(Meta Trader4)が使えます。
    MT5を提供している業者も登場してきています。

  • ロット数が張れる
  • トレードごとのロット数制限が、国内業者よりも大きい傾向です。
    大きなロットでトレードが可能と言えます。

また、海外FX業者では入金ボーナスを派手にしている業者もあります。
「入金額の50%が証拠金ボーナスになる」などです。

(海外FXブローカーでも、当然例外はあります。あくまで傾向としてです。)

海外FX業者のデメリット・注意点

kaigaifxlisk

メリット部分に対して、
注意すべきデメリット部分は以下です。

  • スプレッドが国内業者より若干広い傾向
  • スプレッドは国内FX業者の激狭業者よりも広い傾向です。
    スプレッド狭い海外ブローカーの場合は、取引手数料がかかったりもします。
    (契約コースによりけり)

  • その海外ブローカーの信憑性(出金対応・価格操作)
  • 使用する海外FXブローカーの信用度は重要です。

    その海外FX業者の出金対応状況は、事前にチェックしておく部分です。
    最近は殆ど減りましたが、かつては出金対応が遅かったり、
    出金条件が超厳しくて出金できない事例もあったとされています。

    また、FX業者によって提示するチャートはそれぞれ違います。
    (これは国内業者も同様ですが)
    夜中や朝方のボラティリティが少ない時間帯などに、
    不慮の値動きをしてストップ狩りにあう場合もあります。
    そういった過去の事例を調べてみるのは大事です。

  • 稼ぎ過ぎた場合の税金面
  • 海外FXブローカーは、国内FX業者を使った場合との「稼いだ時の税制面」が違います。
    基本的に、大きく稼ぐと海外FXブローカーは税金がドカーンときます。
    予め知っておきたい部分です。

海外FX業者の選択基準

と、言うわけで…
kaigaifxkijun

僕が海外FX業者を選択する時の基準は以下の点です。

  • 運営歴(出金の信憑性)
  • 運営歴が長く、知名度が高い業者ほど信用できます。

  • 評判(日本人ユーザー数)
  • 日本人ユーザー数が多く、評判が聞こえてくる海外業者は信用できそうです。

最大レバレッジ部分やスプレッド条件、入金ボーナス等は、
まず信用できる海外FX業者かどうかが前提になってきます。

そこで、上記の判断基準としています。

自分が使ってきた実績ではXMがダントツ

僕自身がこれまで使ってきた海外業者の中で、最も信用しているのは「XM」です。

実際に出金を何度も何度も繰り返していますが、
ストレスを感じたことがないからです。

日本人ユーザー数も多く、安定感を感じています。

参照:XM(海外FX業者)口座開設やり方と初心者のはじめ方
(使い慣れた業者が一番です。)

「IS6FX」「Gem Forex」「FXGT」等の入金ボーナスが派手なところは、
状況に応じてボーナスを使ってお試しで使っていくのが良いと思います。
(勝ったら出金して、レギュラー業者に移してもいいですし。)

そんな感じですね。

その他の海外FX業者と口座開設に役立つ記事