FXトレードは稼げます。

しかも、しっかりと利益をだせるトレードの実力があるのであれば、
獲得PIPSは同じでも資金量を増やしたり、更なるレバレッジをかけることで
どこまでも利益幅を伸ばすことが可能です。
(メンタル的に耐えられれば、という部分もありますが。)

複利でガンガン資金を増やしていくことも可能です。

しかしその反面で、
たくさんの専業トレーダー・勝ち組トレーダーが利益をあげている中で、
稼げずに損失をだして退場するトレーダーが多いことも事実です。

FX退場者

「なぜ損失を出してやめてしまうトレーダーが多いのか?」

これはFXトレードに限らず投資ジャンルでは常に起こりうることで、
株式投資でもなんでも投資する者にとっての課題であり
退場者がでていく理由は知っておくべきことです。

僕NAOTOがFXトレードを始めた理由は
このブログのプロフィール部分で解説しています。

僕自身も為替相場で勝ったりたまに負けたりしながら、
トータルでプラス利益を積み重ねていくことで、
現在もFXトレードから退場せずに継続し続けられています。

トレードを継続しているということは、勝っているということなのです。

そして退場してしまうトレーダーの多くが、
大きな損失を出す失敗を繰り返していることがあります。

莫大な損失を出した上に追加資金を投入してトレード継続している場合は、
そりゃ勝っている状況とは言えないですが、
資金が限られている多くの個人トレーダーには当てはまらないでしょう。

FX稼げる理由

個人が実践するFXトレードは最初は小資金からはじまることが多いです。
スタート資金は数十万円から多くても100万円くらいからが定番だと思います。

なので、なかなか最初はジリジリと進めていくことが多いです。

トレードで稼ぐには、リスクヘッジをしていくのが大切です。

個人トレーダーはトレードから相場から退場せずに、
プラスになるトレードを継続していくことで利益を積み上げていくことが必要です。

退場していないということは、次の利益チャンスが待っているわけです。

トレードを続けていくために必要なこと

FXを長期的に継続して利益を出し続けていくためには、
安定的に収益を出していけるトレード手法(トレードロジック)を学び、
相場分析スキルを養い、
トレードの実力をつけていく必要があります。

それには、未だ知らないFXの取り組み方や知識を学習していきます。

真剣にFXを勉強し続けることが必要です。

そうした中で、
まずFXトレードを継続していき利益を積み重ねていくのに必要なのは、
「1回のトレードで大きな損失を出さない」ことです。

とにかくリスクヘッジをし続けることが重要です。

fx負けない重要性

大きな損失を出さない為に必ず必要なのは「損切り」です。

ポジションをエントリーしたらすぐに
損切りのストップロス(逆指値)を入れること重要です。

ポジションエントリー後に相場がマイナスの方に動き、
ストップロスを(逆指値)を入れずにそのまま待っていると、
いつかはプラスの方に相場が動く場合が確かに高い確率で多いですが、
絶対という言葉が無いのが為替相場です。

マイナスの方に動いて行ってどんどん含み損が膨らみまくり、
最終的に強制ロスカットになり証拠金の大部分を失ってしまうリスクがあります。

証拠金の大部分が強制ロスカットで失われてしまうと、
トレードを継続するには、資金を追加投入していくしかないという状況になります。

ストップロス(逆指値)を入れておけば、
想定の反対側に相場が移動してしまったとしても、
設定しておいたところで損切りしてくれるので、
致命的な損失にならなくて済みます。

特に、手動で損切りするのはなかなか勇気が必要なので、
ポジションエントリーした段階で逆指値を入れておくのがいいです。

そうすると自動で損切りしてくれるので精神的にも楽です。

ストップロスはトレードの根拠が失われる場所に入れる

ストップロスの損切設定は、そのエントリーしたトレード根拠が失われるであろう価格に設定していきます。

具体的には、エントリー時に想定したトレンド方向が崩れるであろう価格です。
多くの場合、直近の高値もしくは安値の外側になることが多いです。

トレンド方向の判断は、ダウ理論に従って判断するのが王道です。
損切り設定の考え方に関しては、別記事で解説していきます。

FXが稼げる理由

FXトレードは稼げます。

上記で解説してきた逆指値設定のリスクヘッジをしっかりと設定し、
勝率の高いトレード手法で利益を継続していければ稼げます。

FXトレードが稼げる理由に「レバレッジ」「トレードのシンプル」があります。

様々な投資・投機ジャンルがある中で、
FXは最もわかりやすくてシンプルに稼げるもののひとつです。

FXのレバレッジ

FXはトレードに必要な有効証拠金額を入金していきますが、
そこに入金している金額以上にレバレッジをかけてトレードすることができます。

現在の国内取引口座は基本的に最大25倍までのレバレッジが可能です。
法人口座の場合は200倍までいける場合があります。

海外のFX口座は200倍以上のハイレバレッジでいけるところも多いですが、
スプレッドが広かったりする部分もあるので、
最初は国内FX口座からスタートしたいところです。

レバレッジをかけてトレードしていけば、
通常の証拠金のみよりも遥かに利益のスピードも早めることができます。
(ただし、損失のリスクも高まります。)

レバレッジをかけてトレードすることは「信用取引」という形になりますが、
FXトレードは基本的には証拠金額以上の損失を防ぐために
強制ロスカットを導入されていくものなので、
入金した証拠金以上の損失が基本的には無いです。
(有事の際の変動相場時には適応されない場合があります)

トレードの勝率と利益率を確保できれば、
レバレッジの活用で早い期間で大きな成果も期待できるのです。

FXトレードはシンプル

FXトレードは「その通貨の為替相場が上がるか下がるか」のみです。

しかも、「売り(ショート)」ポジションよりエントリーすることもできます。

相場が上がるか下がるかの2択からスタートするので、
莫大な銘柄を覚えていく株式投資等に比べると、
そのトレード内容がシンプルなことも稼ぎやすい理由と言えるでしょう。

取引するものが通貨なので、FX自体が無くなるリスクが殆ど無いです。

当然通貨を運用している国がデフォルト(債務不履行)になったりすると、
大変な通貨価値の変動が起きる場合もあるわけですが、
株式投資のように企業の倒産リスクがないのもわかりやすいです。

FX為替相場と付き合い続ける方法と意義

FXトレードを継続していくうえで、為替相場と仲良くすることが重要です。

相場と仲良くしていき、トレンドに逆らわずに
うまくいいところだけ利益を確保していくことが重要です。

その為にも、FXを真剣に学んでいきます。

FXトレードをやる意義は「稼ぐこと」に他なりません。
やるからには必ず稼ぐことが重要です。

勉強も中途半端でリスクヘッジも無い状況だと、
トレードしても資金を溶かすばかりで意味がありません。

トレードと学習をやり続けていきリスクヘッジを常に念頭において、
相場から退場せずに着実にFXを進めていきましょう。

追記

2019年8月某日に久しぶりに過去の記事を見返して追記しています。

FXはうまくトレードすれば稼げる投資ジャンルなんですが、
下手にやると証拠金を溶かしてしまうリスクの高い投資ジャンルです。

やるからには、きちんとトレード成績が安定するやり方を身に着けて、
リスクを減らして小資金からコツコツとはじめるのがおすすめです。

人生一発逆転を狙って、短期間で大勝負するものでは無いと思います。

トレード成績の安定するやり方を学習し、その通りにコツコツ実践していくのがおすすめです。

以下の記事でそのやり方をまとめています。
参照:FX初心者トレーダーのはじめ方やり方解説まとめ