FXトレードは当然負けることもあります。

毎回自分のエントリーしたポジションより
利益が発生する方向に為替相場が動くわけでもなく、
予想外の方向に相場が動き含み損失が拡大することもしばしばです。

ある程度の含み損を許容できるレンジ幅の中であれば、
含み損失を維持しながら逆指値を設定しているところまで見ることもありますが、
本来自身がイメージしていた相場状況から逸脱して反対に動いた時は、
そのトレードの負けを認め、損失を覚悟して損切りしていくことが重要です。

fx損切り
「損切り」は精神的に苦痛です。しかし、必ずやらなければ資金を失うだけです。

ちょっと厳しめですが、あなたの人生を守る為です。

FXでポジションをエントリーしていく際には、
どのようなシナリオで相場が動いていくかをイメージしてエントリーします。

しかし、相場は自分の思った通りになってくれないものです。

仮に大枠で自分の想定したトレンド方向に動いたとしても、
その中での価格の上げ下げの値動きが激しくて、
ストップロス(損切りライン)にひっかかり利益だせないままになることもあります。

しかし、ストップに掛かって損切りした際にも、
負けた理由とその後のエントリーをどうするかを冷静に見つめて、
再度、エントリータイミングを見つけて入っていくことが必要です。

fx退場者特徴
FXをやっていくと、損切りトレードは必ず存在します。

「FXに勝率100%の常勝はありません」

利益確定と損切りトレードを繰り返しながら
成績トータルでトータルでプラスにしていく意識が重要です。

その中でチャートの相場分析とテクニカル手法を学んでいき、
トータルで利益が残ると検証したトレードロジック通りにトレードしていき、
勝率をあげて成績を安定させていくことで利益を増やしていきます。

勝ち続けていく為には
しっかりと時間をかけてチャート分析とテクニカル手法を検証し、
トレードの勝率と精度をあげる実力をつけていくべきなのです。

FXで負ける理由

FXトレードで負ける理由は以下のものです。

  • 為替相場が逆指値のある方向に動いてしまった場合
  • これはFXトレードをやっていると日常的に起こりうることです。
    為替相場は自分の都合通りに動いてくれるものではないです。

トレードエントリーで負けることはどんな達人でも有りうるのですが、
その1回の負け幅(損切り幅)をできるだけ少なくして
勝つ時の利益幅を負けトレードよりも大きくする必要があります。

いわゆる「損小利大」のトレードです。

この仕組みがしっかりとできているかいないかで、
FXトレードで負けて退場するか生き残るかの違いとなります。

負けトレードをしっかりと検証してチャートとテクニカルを理解していきます。

危険な負けトレード

FXトレードで以下のような負けをしていると危険です。

  • ストップロス(逆指値)を入れずに強制ロスカットされた
  • 逆指値(ストップロス)を入れないと、いつか証拠金の殆どをふっ飛ばします。
    それも何度か連続で強制ロスカットされると、精神的にも経済的にもボロボロになります。
    (僕自身もFX実践初期に経験しました。地獄です。)

    エントリーしたら逆指値は必ず設定しておきましょう。

  • とにかく根拠の薄いエントリーを繰り返す
  • 値ごろ感のみでエントリーしたり、
    「なんとなく上がりそうだな~」という根拠の薄いエントリーを繰り返していると
    資金を溶かすばかりで増えていく確率はかなり低いです。

    しっかりと勝率をあげる検証済みのトレードロジックを学んで実践していくべきです。

FXで負け続ける人の特徴

FXトレードで負け続ける人の特徴は
「しっかりと成績の安定するトレードロジックを理解していない」ことが多いと思います。

FXは「トレードするロジック(ルール)」を決めて実践することで成績が安定していきます。

参照:FXは検証済みトレードルール(ロジック)成績が安定

値ごろ感でなんとなく「上がりそう!」という感じでトレードしていくと、
相当もの凄い天才的な相場観でもない限り、成績が不安定になると予想します。

ルール通りロジック通りトレードすることで、検証した状況に近い成績になっていきます。

また、チャートパターン・プライスアクションの過去検証が不充分で、
その時々のチャートの環境認識スキルが足りない場合も多いです。

「相場の変動上がり下がりを全部取ろうとする」ことや、
「エントリーリスクを考えずにガンガンエントリーする」(ポジポジ病)ことも
負け続けるトレーダーの要素として強く存在していきます。

我々トレーダーは、この巨大な為替相場にひとりの個人資産のみで立ち向かうのです。

為替相場の大きなトレンドにうまくのっていき、
リスクを極限まで減らして利益を取り、
リスクが少ない状況で利益確定していくのが正解です。

その為にも「勝率とトレード成績が安定するトレードロジック」を理解して学んでいきます。

値ごろ感や根拠の薄いエントリーだとリスクが大きすぎます。
FXトレードはお金と命のやり取りなのです。

FX市場で生き残る為に必要なリスクヘッジ

FXトレードは相場から退場してなければチャンスはあり続けますし、
利益も確保し続けられているという状況と言えるでしょう。

生き残り続けているトレーダーの利益額はビックリするくらいです。
みんな、複利でガンガン利益を伸ばしています。

為替相場市場で個人トレーダーが生き残る為に必要なリスクヘッジは、
以下の部分になります。

  • 勝率が高いと判断できるエントリー箇所のみトレードしていく
  • 値ごろ感でエントリーしない
  • 根拠の薄いエントリーをしない(トレードロジック、ルール通りトレードする)
  • エントリーしたら逆指値(ストップ)をいれる

また、トレードに利用する資金は最初は少額からはじめた方がいいです。
(個人的に10万円から30万円を推奨します)

そして1枚のみ(最小ロット)でのエントリーからはじめます。

安定して勝てるようになってきたら枚数を増やしていきます。

よくいわれる「余剰資金のみでトレードする」ということは、
現代の殆どの方に余剰資金なんてそもそも無いと思います。

だからこそ、リスクヘッジをしっかりととっていき、
勝率高いエントリーのみをしていくことが重要です。

僕のおすすめするトレード手法は以下の記事で解説していきます。

参照:FXトレードNAOTOの手法

FXで無駄にお金を溶かすことなく、必ず増やしていきましょう。
これはお金だけでなく、命のやり取りなんです。