「スケベロング」「スケベショート」「スケベトレード」とは、
通常のルール通りロジック通りのトレードの他に、
「もうちょこっとPIPSとれそうだなぁ… 」という希望的観測のもとに行われる根拠薄トレードです。

類義語に「おまけトレード」「余計なトレード」などと言われる場合もあります。

また、
「スケベ買い」「スケベ売り」とも言われますが、
「スケベロング」「スケベショート」の方が語呂がいいのかよく言われる傾向があります。

sukebe

相場の方向性を(自分なりの解釈の中で)過信したものになりやすく、
また、リスクリワードが悪いエントリーになることが多く
目標値に達しないまま大きな損切りになってしまうリスクをはらんでいます。


ポジポジ病の一種とも言えます。

多くのトレーダーがこのスケベ心に陥り、
そして想定外の損切りで1日の利益を削られて涙する日々を送っています。

スケベトレード・スケベショートの現実

以下の相場状況は、まさにスケベトレードと言える状況と言えます。(画像クリックで拡大)
2021.2.4gbpusd
スケベロングですね。
2021年2月4日英国金利発表後の相場状況となります。)

指標発表後、すでに100pips以上の上昇後となります。
22:25で指標発表から1時間25分経過しています。

N字で上抜けを根拠に買いエントリー(スケベ買い)です。

相場状況的にも一旦の調整押し戻りが入ってもおかしくない箇所。
本来であれば利確して逃げるべき箇所でスケベロングですね。

相場の方向性としては上昇方向なんですが、
その日の相場としては上昇幅使いきっての調整戻しで損切りとなる箇所です。
(N字の安値ギリで損切すると―17pips程度)

sukebeshort
スケベ心からくる、思い付きトレードに注意です。

「あとちょっと、あと3pipsだけ…」

このスケベ心が、-17PIPSの損切りとなるわけです。

また、スケベ心からエントリーした含み損時間は、
「こんなはずじゃなかった…」という思いで相当な精神的苦痛も伴います。

メンタル崩壊からの破滅型トレード、ポジポジ病発病への発展へ注意です。

「スケベトレード」言葉の使い方

以下、「スケベトレード」「スケベショート」の使い方例です。

  • 「いや~、昨日最後の売りでその日の利益、ふっとばしちゃったよ~~」「スケベショートが祟ったねぇ」
  • ノーマルな使い方。

  • 「実は昨日、電車でスケベトレードしちゃって、今でられないんだよ…!!」留置所の中から
  • トレードじゃないかもですね。

  • 「ああん、おじさまったら、す・け・べ・トレード。♡」
  • 妄想型でシクヨロです。

関連用語

  • ヤンキートレード
  • スケベトレードでの損切りに疲れたトレーダーが、メンタル崩壊の先にたどり着くことがある手法。