FXトレード「フラッグ(Flag)」チャートパターントレード手法解説動画


「フラッグ(Flag)」とは、FXにおけるチャートパターンのひとつです。

値動きが形成する形が棒付きの「旗」を持っているように見えることから、
フラッグ(Flag)という名称で呼ばれています。

FXフラッグ

フラッグをはじめとするチャートパターンは形を覚えるとともに、
実際のトレードで使用できるように出現する意味を理解していきます。

フラッグ(Flag)は基本的にトレンド継続パターンとして認識されます。

トレンド途中で出現することが多く、
高値と安値に一定のチャネルラインを引ける相場状況をさします。

フラッグが形成されてある程度まで価格の値動きが進み、
移動平均線やレジスタンスサポートライン等やファンダメンタル等の影響を受けることで、
トレンド継続の方にブレイクしていきやすい傾向があります。

フラッグ(Flag)のチャートパターン形とトレード手法を解説していきます。

フラッグ(Flag)とは?

FXチャート上における「フラッグ(Flag)」とは、
トレンド形成途中に出現することが多く、
高値と安値にそれぞれチャネルラインが引けるチャートパターンです。

以下のようなチャネルラインが引けるパターンがフラッグです。
(画像はクリックで拡大できます)
フラッグ
上記はダウントレンド途中に出現したフラッグ。

フラッグの最後のあたりでWトップをつけて下降ブレイクしています。

フラッグ形成最中はチャネルラインに沿って上昇していくのですが、
どこかでレジスタンスサポートライン等で反応していき、
トレンド継続となる可能性が高いチャートパターンです。


以下のチャートはアップトレンド途中に出現したフラッグ例です。
上昇フラッグ
上記チャート上でも、フラッグの最後にWボトムが出現して上昇、
フラッグのトレンドラインも上抜けブレイクして上昇していっています。


以下はフラッグのチャートパターンを図解にしたものです。(※画像をクリックで拡大できます)
フラッグイメージ
ダウントレンドの途中で出現したフラッグパターンですが、
フラッグのチャネルライン上昇がレジスタンスにあたって反応して下降。

その後一度上昇を試みるも、トレンドラインのレジスタンスに当たって再下降。

ダウントレンド継続で下降していく、という流れとなります。


フラッグが出現した場合は、実際のチャート上でもこのように動くことが多いです。
(ここまでキレイに反応することは少ないですが)

FXチャート上でのフラッグ例

それでは実際のMT4チャート上でのフラッグ出現例をいくつか挙げてみます。

以下はユーロドル日足チャートでのフラッグ出現例です。(※画像クリックで拡大できます)
フラッグ例
アップトレンドからのWトップつけて下降し、
その下降がそのままフラッグになる。

チャート左側の高値で反応していたサポートライン到達で意識。

フラッグ下限で逆ヘッドアンドショルダーを形成して反転上昇。

その後アップトレンド継続していく流れとなっています。


フラッグはトレンド継続パターンですが、
そのひとつのチャートパターンの形成にも、
様々なチャートパターンやプライスアクション、レジサポ等が複数関係してきます。

相場分析とトレード判断は、このように様々な要素を元に実践していきます。
検証済みのトレードルールのみを実直に実践していくのも当然アリです)


以下のチャート例は、ポンドドルの30分足です。(※画像クリックで拡大できます)
フラッグ例上昇トレンド継続
アップトレンドからのフラッグ下降していきながら、サポートラインに当たって反発上昇しています。
(アップトレンド継続フラッグの例が2つ続いてしまった…)

フラッグの中に小さいウェッジも見ています。
このウェッジパターンもトレンド継続型の高値切り下げが急角度のものです。


時間軸は日足や週足等の大きいものでも15分足等の小さいものでも、
他のチャートパターンと同様にチャートごとにフラッグは出現します。

長い時間足で出現するフラッグは、ブレイクした時の値動きも当然大きいわけです。


ダウントレンドからの継続フラッグで下抜け後、ダウントレンド継続も当然あります。

以下のチャート例は、ダウントレンドからの継続フラッグの例です。
下降フラッグ
赤丸部分の上ヒゲピンバー騙しは、より下降同意を促進させます。

ヒゲだけで抜けてすぐ反転した騙しブレイクがあると、
相場状況はより騙しブレイクと反対方向に進みやすい特性があります。

フラッグの注意点(フラッグにも騙しは当然ある)

トレンド途中でフラッグパターンが出現してトレンド方向と逆に価格が進むと、
あるタイミングで再度反転してトレンド継続となるチャートパターンと言えます。

ただ、
高値もしくは安値をトレンド方向と逆に更新していくので、
本格的なトレンド転換と思いがちになってしまうことがあります。


そういった場合の騙しをできる限り避ける意味でも、
より大きい時間足のトレンド状況を確認したり、
ロウソク足のサイズを小さくして大きな画面でチャートを見て判断することが有効です。

以下のチャート例は、ひとつ上で解説したポンドドル30分足のロウソク足サイズを小さくしたものです。
フラッグだまし避ける
チャート上に表示させるロウソク足を増やすことで、
ダウントレンド途中に出現しているフラッグということがより明確になります。

同じ相場を4時間足で表示させてみると、以下のようになります。
>ポンドドル4時間足フラッグ
大きい時間足でみると、ダウントレンドからのN字ブレイクで下抜けしていることが明確です。
(ただこの相場は、その後すぐに底になって反発上昇していますが)


様々な角度から相場を見ていくことで、フラッグの信憑性を高めていきます。

フラッグを活用したトレード手法

フラッグが出現した際のトレード手法は、基本的に2パターンがあります。

  • 大きなトレンド方向へのブレイク待ち
  • フラッグの上限と下限を取っていく短期トレード(リスク先行)

簡単にチャート上で解説してみると、以下のようになります。
(※画像クリックで拡大できます)
フラッグトレード手法
チャネルラインとなるトレンドラインが引けた段階で、
まだ相場の方向性が不透明なのでリスク先行ながら上限下限を狙うトレードはできます。

大きい時間足のトレンド方向を確認した上で、
短期トレードであれば逆張りも狙える場合もあります。
(基本的には検証済みのトレードルール実践を推奨します)


フラッグのチャートパターンが見えた段階で、
大きなトレンド方向に抜けていく想定でチャネルラインの上限(もしくは下限)から
大きなトレンド方向へのトレードがわかりやすい手法となります。

もしくは、明確にチャネルラインをブレイクした後から乗るのが、より確実なトレードと言えるでしょう。

フラッグをマスターするFXトレード教材

フラッグは名前からしてよく聞くチャートパターンです。

様々なチャートパターンを理解してトレードできるようになれば、
トレードチャンスが増えて利益化の速度が加速していきます。

以下のFX教材は、様々なチャートパターンを利用した手法をマスターできます。

  • マエストロFX
  • 様々なロウソク足のプライスアクションやチャートパターンを基礎から学べる教材。
    毎週送られてくるリアルトレード動画で継続的にトレード学習できます。
    裁量トレードをやっていくのであれば、是非導入しておきたいFX教材です。

  • グランドセオリーFX
  • 裁量トレードスキルを達人レベルにするのに適したFX教材。
    裁量トレードの実力をつける教材として強力かつわかりやすいので、
    是非導入してインプットしておきたい教材です。


また、以下の記事で様々なチャートパターンをまとめています。

参照:FXチャートパターン種類と分析方法からプライスアクションを学ぶ