「植田バズーカ」とは、
2023年に就任された日銀総裁「植田和男」氏による、
金利政策発表等での為替相場・株価へのドーンとした影響を指すものです。

植田バズーカ
(元々は前任の日銀総裁・黒田東彦総裁が打ち出した大量の国債購入と資金供給の拡大による緩和策を「黒田バズーカ」と称した。)

とはいえ、
ちょいちょい黒田東彦氏の発言で、為替相場・株価が動いた。
それを黒田バズーカとよく言われたもんでして。

 

その黒田バズーカにあやかって、植田和男氏も… バズーカを…
(「日銀砲」とも言われたりします。日銀総裁の発言によるものなので。)

植田和男日銀総裁と人事

植田和男氏(うえだかずお)
(共立女子大学教授、東京大学名誉教授、元日銀審議委員)

植田和男日銀総裁
2023年4月より日銀総裁に就任。

ハト派・調整型。
YCCの当面維持など見込む。
学者出身ではあるが、実務にも精通しているとのこと。
現実主義であり、デメリットが強まると修正も検討される方向。

日銀副総裁
内田眞一氏(日本銀行理事)
永見野良三氏(前金融庁長官)

日銀副総裁 内田眞一 永見野良三

基本的にはハト派で調整役傾向で、
これまでの黒田路線を踏襲するものと考えられている。

以前のようにサプライズは起こりにくい可能性が強く、
各国の金融政策とのバランスでFXトレードの方向は見ていけそうな予感。

そういった状況の中で、
如何に「植田バズーカ」が炸裂していくかに注目が集まります。

日銀砲・植田バズーカの出現タイミング

基本的には、日銀による政策金利発表時に植田バズーカがぶっ放されます。

日銀政策金利会議の後、
植田和男総裁による会見で言われる内容に、
市場は変動させられていくわけです。

その発言の影響で、巨額の現金が動いていく…

(もちろん植田和男総裁が一人で決めてるわけじゃないですが…)

「植田バズーカ」言葉の使い方

以下、「植田バズーカ」の使い方例です。

  • 「いや~、昨日の植田バズーカで、ドル円超ガラちゃったじゃん!! 買いポジ死んだー」
  • ノーマルな使い方。

  • 「実は昨日の植田バズーカ、目覚まし代わりに使ったんだよねぇ」朝のベッドの中で。
  • 早朝バズーカノリですね。

    早朝バズーカ
    寝起きはバズーカに限りますね。

高田純次
現実を受け入れる。それしかない。

関連用語