FXは24時間取引がされている外国為替マーケットです。

でもだからといって24時間延々と
活発に取引され続けているわけでも有りません。

トレーダーも自身の手法にあわせて効率よくトレードする為に
為替市場の取引が活発な時間帯を選びます。

為替市場時間


世界中の取引相場にそれぞれクセがあるので、
トレードにうまく活用していけるように理解していきます。

世界の為替市場取引時間

為替市場の取引時間はFXトレードに大きな影響をもたらします。

値動きが無いとエントリーしても利益を取りにくいので、
各通貨に影響をもたらす市場時間を認識していきます。
(為替市場は取引所があるわけでないので、都市名で呼ばれます)

また、
為替市場の取引所が固有に存在しないので、市場時間も大まかな判別となります。


各国間で時差があることと、夏時間採用国等で時間帯がずれる部分を御理解下さい。

4月頃から10月頃までが以下の時間帯(夏時間)で、
11月頃から翌年3月頃までは1時間程度前後します。(冬時間)

以下は為替相場の時間帯呼び名です。

  • オセアニア市場(日本時間朝5時くらいより15時くらいまで)
  • アジア・東京市場朝(日本時間7時から18時まで)
  • ロンドン、ヨーロッパ市場(日本時間15時頃より翌3時頃まで)
  • NY(ニューヨーク)市場(日本時間20時頃より翌7時頃まで)

上記は夏時間での時間表記となります。

以下、それぞれを解説していきます。

夏時間冬時間の適用
夏時間が適用される期間は、以下になります。
  • 米国の夏時間:3月第二日曜日より11月第一日曜日
  • 欧州の夏時間:3月最終日曜日より10月最終日曜日

  • オセアニアの夏時間:10月第一日曜日より4月第一日曜日
  • ※オセアニアは南半球の為、上記期間は冬時間となります。1時間遅くなります。

上記以外の夏時間以外が、冬時間の適用期間となります。

オセアニア市場(日本時間朝5時くらいより15時くらいまで)

オセアニア市場は、ニュージーランドのウェリントンと
オーストラリアのシドニー市場がオープンした時間より、
オーストラリアが閉まる15時くらいまでの時間帯をさします。

日本時間では、
ウェリントンが開く朝の4:00頃から
オーストラリアが閉まる15:00頃までの時間帯となります。


冬時間だと、1時間前倒しになります。


市場参加者も少なく、基本的には流動性が低い市場。

前日のニューヨーク市場と材料が重なる所もありますが
何も材料(ボラ)がなければ値動きが出にくい時間帯。

逆に流動性が低いことで少しの材料で乱高下してしまう場合もあり、
市場開始前の前日ニューヨーク市場の動向はチェックしておくべき。

また、月曜朝の市場開始では「窓開け」からの「窓埋め」がしばしば起こるので、
しっかりとリスクヘッジしていきたいところです。

アジア・東京市場(日本時間7時から18時まで)

日本時間9時から日本市場がスタートし、
10時から香港・シンガポール市場が開きます。


主に日本人トレーダーが活躍する市場で、
逆張りのレンジ相場になる傾向が多く、
上がるのはジリジリ下がるのはストーンといきやすい時間帯です。

値動き的にはそこまで激しい状況でない場合が多く、
ドル円などの短期トレード、スキャルピングに適した時間帯と言えるかもしれません。

ロンドン、ヨーロッパ市場(日本時間15時頃より翌3時頃まで)

欧州市場と呼ばれている市場時間です。流動性も多いです。

この時間帯よりトレンドが出やすい傾向が強くなってきます。
ユーロドルやポンド円などの欧州通貨が特に動きやすい傾向になります。

早出の欧州トレーダーは15時前くらいから参入することも多く、
それくらいの時間からトレンドが出る場合もあります。

東京時間のトレンドとまるっきり反対の値動きとなる場合もあり、
注意が必要な時間帯切り替わりとなります。

欧州市場の夏時間、冬時間
夏時間だと、16時より株式市場が開いて欧州市場の本格開始となり、
冬時間だと、17時より株式市場が開いて欧州市場の本格開始となります。

欧州市場の終了も、夏時間と冬時間で1時間ずれます。
(夏時間で翌2時、冬時間で翌3時終了となります)

欧州株式市場が開くと、相場の流れが一変する場合が多々あります。
トレードしていくのに注意が必要なタイミングとなります。

ニューヨーク市場(日本時間20時頃より翌6時頃まで)

日本時間20時頃から22時頃よりニューヨーク市場が開き、
ロンドン市場と被っている時間「22時から翌2時」が、
一番為替相場が活発な時間帯である傾向が強いです。

トレンドも出やすく順張りがおすすめの時間帯です。
ロンドン市場で出たトレンドが急に反転する場合もあります。

経済指標の発表等もこの時間帯に多いので相場の急変に注意します。

ニューヨーク市場の夏時間、冬時間
夏時間だと、20時よりニューヨーク市場の開始となり、
21時台より経済指標発表が多く、22時30分より株式市場が開きます。
翌6時に終了となります。

冬時間だと、21時よりニューヨーク市場の開始となり、
22時台から経済指標発表が多く、23時分より株式市場が開きます。
翌7時に終了となります。

デイトレードに適した時間帯は?

FXトレードをする時の手法は様々なので、
それぞれのトレード手法にあわせた時間帯を選択します。

1回のトレードで10-60ピプス程度を狙うデイトレードの場合だと、
欧州勢の早出時間15時頃から翌2時頃までの時間帯でエントリーポイントを狙うのが定番です。

欧州時間やニューヨーク時間はトレンドがでやすいので、
それを利用して利幅を獲得するのが多くの手法です。

時間帯ごとの値動きのクセを理解しつつトレード手法にあわせていきます。


また、以下の時間帯がボラティリティが出やすい時間フレームです。

  • 東京時間:9:00-11:30
  • 日経平均株価が動いている時間帯。
    (前場が9時から11時30分まで、後場が12時30分から15時まで)

    ランチライム(11:30から12:30)には同意薄の場合多し。

  • 東京時間:12:30-14:30
  • 東京時間の後半(日経平均株価の後場)

  • 欧州時間(夏)15:00-18:00
  • 欧州時間(冬)16:00-19:00
  • 欧州時間は、東京時間と相場の流れが変わって動くことが多いです。
    特に東京時間のトレンドとまるっきり変わっていくことがあるので、
    時間帯切り替わりには注意が必要です。

  • ニューヨーク(夏)21:00-24:00
  • ニューヨーク(冬)22:00-25:00
  • 指標発表等が多いニューヨーク時間は、活発な時間帯となります。
これらの時間帯はそれぞれの相場時間でのトレンドが形成されやすい傾向があります。

時間帯の初期に形成されたトレンドは、
時間帯切り替わりまで継続する傾向がみられることもあります。

相場時間の切り替わりは、それまでのトレンドの流れが変わることが多いので注意していきます。


デイトレード等で1時間足以下の短期足でトレードを実践していく際には、
上記の市場時間枠内でトレードを完結させていくのも有効です。

市場がわりで短期のトレンド転換する前に、決済していくのが無難なタイミングはけっこう多いです。

スキャルピングに適した時間帯は?

数ピプスを狙っていくスキャルピングは、少しの値動きの時間帯でも有効です。

ただ、
市場参加者が少なくなり、テクニカル無視の値動きになる時間帯は
なるべく避けてトレードするのが基本的には賢明です。

具体的には市場の終わりごろで薄商いになった時間帯等などです。

また一気に大きく値動きする経済指標の発表時にも注意が必要です。


スキャルピングで数ピプス狙うとしても、
ギャンブル的なハイリスクなエントリーにならないように厳選してトレードします。

FX会社の利用時間

多くの日本国内FX口座会社は月曜7時から利用開始になる場合が多いです。
取引終了の多くは土曜日朝7時前です。

一部のFX業者では月曜6時からトレードできるところもあります。

参照:日本国内のFX業者まとめ

必要に応じて使い分けていきましょう。