「ロンドンフィキシング(London Fixing)」とは、
欧州ロンドン市場の冬時間で16時、日本時間で言うと25時のフィキシングを指します。
(夏時間だと1時間前にずれ込み、日本時間だと24時となります。)

この時間には為替相場も価格の調整が進んだりして、動きがある傾向になります。

London Fixing
ロンドンフィキシングは、日本でいう仲値時間のイメージで考えられると思います。

ロンドンフィキシングは、「ロンドンフィックス(London Fix)」と略して言われることも多いです。
かくいう僕も、ロンドンフィックスとずっと言ってきました。

FXトレードにおいて深夜24時(冬時間だと25時)のロンドンフィキシングは、
それまでの相場の流れが一旦変わるケースも多い時間帯なので注意が必要です。

ロンドンフィキシングに関して、簡単に解説していきます。

ロンドンフィキシング概要

ロンドンフィキシングにおける「フィキシング(Fixing)」の意味は、「固定する」ということです。

ロンドンフィキシング時間では、金(Gold)のスポット価格が決定(固定)されます。

KINgold
ロンドンフィキシングで、世界中の金の取引価格基準が決定されます。

それにより有価証券などの決済もされていくことで市場に影響が出やすくなります。

また、
金(Gold)は通常ドル建てで取引されているので、
ロンドンフィキシングによりドルの需給にも影響がでてきます。

こうした状況から、ロンドンフィキシングの時間帯に外国為替相場に影響が出る傾向となります。

ちなみに夏時間と冬時間の各国のロンドンフィキシング時間は以下です。

  • 夏時間:日本時間24時=ロンドン(欧州)時間15時=ニューヨーク時間10時
  • 冬時間:日本時間25時=ロンドン(欧州)時間16時=ニューヨーク時間11時

実は18時半(夏時間)19時半(冬時間)にも金の価格公示

ロンドンフィキシングで金価格が決定されていますが、
1日の中でロンドン時間の午前10時30分にも金価格が決定されています。

1日に2回、金価格が決定されているというわけです。

日本時間でいうと、夏時間で18時半、冬時間で19時半となります。

為替市場へのインパクトとしては、
ロンドンフィキシングの方が大きい調整となる傾向があります。

ここら辺は一応豆知識としてで…

ロンドンフィキシングでのトレード注意点

ロンドンフィキシングの時間は、為替取引が行われる平日では毎日やってきます。

この時間を境に相場の流れが変わる傾向もあります。
(それまでのトレンドが反転したりする場合もある。)

FXトレードにおいては、
基本はポジションを決済して様子見が無難と言えます。

市場を動かす大口がどのような動きをしていくか読みにくい時間帯だからです。

londonfix
London Night… と言いつつ、現地は15時(もしくは16時)ですが。

更に月末月初のロンドンフィキシング時間では、
決算を控えた企業の影響もあり為替相場に大きく影響が出る可能性もあります。

そういった部分から、
基本的にはリスク回避していくべき時間帯と言えるでしょう。

ロンドンフィキシングでの関連記事

  • FX為替相場に影響を与える季節要因アノマリー(月イベント日時)
  • 上記の記事下部分で触れている「月末日のロンドンフィキシング前にはポンド系が上昇しやすい」アノマリーがあります。
    これはまさにロンドンフィキシングでの金のトレードに関することを統計化してトレード手法化したものです。

    毎回必ずそうなるわけではないですが、ある程度の根拠がある狙い方と言えます。