こちらの記事では、為替相場の時期による値動きの傾向や、
トレードにおいて予め意識しておくべきイベントの時期日時などをまとめていきます。

いわゆる「季節要因」とされるものです。

ある事柄により相場の傾向に特徴が出るとされるアノマリー等も絡めてまとめます。

FXのイベント
為替相場が大きく変動することが予めわかっているイベント等は、
事前にチェックしてトレード準備しておくことが重要です。

経済指標のような毎日のように起きうる出来事もありますし、
年に一度、数年に一度起こるような各国の重要選挙もあります。

また、
各国の記念日による祝日や祭日、
それに伴う大口トレーダーの活動傾向を知っておくことで、
自身のトレードスケジュールも組み立てやすくなるはずです。

為替相場に影響を与える「季節要因」月イベント

  • 1月
  • お正月。
    年末年始も為替相場は普通に動いていることが多い。

  • 2月
  • いわゆる「ニッパチ」の2月。
    為替相場も株式も動きが鈍くなりやすいとされています。

    中華圏では春節(旧正月)が2月中旬。
    中国、香港等のトレーダーがポジション手仕舞いしてくる場合も。

  • 3月
  • 多くの日本企業の年度末決算期。外貨売り円買いの決算対策があり。

  • 4月
  • 多くの日本企業の決算期はじめ。
    海外ではイースター休暇(4日間程度。日時は流動的。)

  • 5月
  • SELL IN MAY(「5月に売り抜けろ」という相場の格言。基本的には株式相場で言われる)

  • 6月
  • 欧米企業の四半期決算

  • 7月
  • 8月
  • 海外トレーダーの夏休み
    (海外のトレーダーは8月第一週の雇用統計後、8月中旬頃までトレード休暇を取ることが多いとされる。)
    いわゆる「ニッパチ」の8月。「夏枯れ相場」とか言われることも。

  • 9月
  • 欧米企業の四半期決算

  • 10月
  • 日本企業の下期開始。

  • 11月
  • 12月
  • 欧米企業の決算期

    クリスマス休暇
    (海外のトレーダーは12月半ば以降はクリスマス開けまで休みを取ることが多い。)
    欧米でのクリスマス休暇は12月25日で、翌日26日も休みにするのが多いとされています。

(※思い出したら随時追記していきます。)

季節要因はあくまでも参考に

為替相場に影響を与えるとされる「季節要因」は、あくまでも参考程度に思っていた方がいいです。

あまりにその固有の季節要因を意識しすぎると、
相場を見る視点が凝り固まって柔軟に対応できなくなるかもしれないからです。
(固定概念があると、ポジション塩漬けしたりしがちなので)

アノマリー的な「一応そういう話もある」くらいの意識でいいと思います。

また、アメリカ大統領選挙のような何年かに一度開催される大きなイベント等も為替相場にインパクトを与えます。
(各国の政治に大きな影響を与えるであろう選挙)

FX情報サイトやFX業者のWEBサイト等で随時ニュースが更新されているので、
毎日トレードする前にチェックしていくのを習慣づけたいところです。

参照:FX口座開設おすすめ会社と為替相場情報サイトまとめ