デイトレでもスイングトレードでも、
FXで安定して勝つには「トレンドフォロー手法」が有効です。

Trend is Friend.
相場のトレンド方向にトレードすることで、
価格の伸びについていって利を伸ばすことができるからです。

反対に、
トレンドが出てない「レンジ相場に巻き込まれると負けやすい」といえます。
レンジ相場だと価格がすぐに反転してしまうからです。

トレンドフォロー手法でトレードする際に、レンジ相場を避ける方法を解説していきます。

renjisouba レンジ
これは電子レンジ。
レンジ相場を避けて、大きなトレンドに乗ることで勝ちやすくなります。

簡単にまとめていきます。

【無料公開】コウスケの「トレード情報をそっくりそのままマネをする』方法

今すぐこちらをクリックして確認を!


プレゼント動画あり!期間限定こちらから!

参照:FXトレードロジック(ルール)トレンドフォロー順張りまとめ

レンジ相場でも、レンジ内のライン上下で逆張りしたりすると、勝てる手法も当然あります。
ご理解を。

トレンド相場とレンジ相場の区別

相場のトレンド方向にトレードする「トレンドフォロー手法」では、
トレンド相場かレンジ相場かを見極めることでトレード判断していきます。
(それがわかれば苦労しないって話ではありますが…)

長期足トレンドの状況は、「相場分析」「環境認識」して判断します。
参照:相場分析・環境認識のやり方

基本的に…
トレンドが出てない相場は、「レンジ相場」「トレンドレス相場」と考えられます。

以下はレンジ相場の感じです。
renjisouba
レンジ相場と、後から出来上がったチャート見れば簡単に言えるものですが…
なかなかリアルタイムでは判断難しい部分もあります。

「レンジ相場」「トレンドレス」等、いろんな言い方があります。
なんにせよ、トレンドが出てるか出てないかが重要な部分です。

レンジ相場を避ける方法

チャート上でトレンド相場を判断し、レンジ相場を避ける方法は以下です。

  • ラインを引く(水平線)
  • 複数回意識された明確な高値・安値にラインを引いて判断します。
    そのラインを価格が抜けたら、トレンド発生・継続と判断します。

    ラインは高値・安値・終値・始値の価格で引いていきます。
    suiheisen
    水平線ラインを抜けたことで、価格が抜けた方向に進みやすくなりトレンド継続となります。
    高値・安値の切り上げでのトレンド判断は、「ダウ理論」で行います。

  • 移動平均線の傾きと位置関係を見る
  • 移動平均線(MA)をチャート上に表示させて、傾きと価格との位置関係を見ます。
    MAの傾き角度が急で、価格がMAの向かう方向の上(もしくは下)にいると、トレンド相場の可能性が高まります。
    (MAの上に価格がいるとアップトレンドの可能性、MAの下に価格がいるとダウントレンドの可能性)

    以下、MAパーフェクトオーダーでアップトレンドの場面です。
    maperfectorder
    価格がMAにかかることも少なく、上昇していった相場状況です。

    参照:移動平均線(MA)設定と使い方解説

  • 時間帯を見る(出来高がある時間を意識)
  • その時の市場参加者が少なく、出来高が無いとトレンドは伸びにくくなります。
    新しく資金を相場に投入する大口が少ないからです。
    なので、トレンドが伸びやすい出来高が多い傾向の時間帯かどうかを見ていきます。

    欧州タイム・NYタイムのど真ん中時間あたりが最も市場参加者が多く、出来高がある傾向となります。
    (時間関係なくドカーンと伸びる相場も当然あります。)

    以下、ユーロドルの5分足チャート画像です。時間帯を表示しています。
    eurusd5m
    やはり夜中の時間となると、トレンドもなくなりボラティリティも低下しているのがわかります。

    参照:FXトレードの取引が活発な市場時間帯

相場の環境認識でレンジを避ける

上記のレンジを避ける判断方法は、「相場分析・環境認識」部分と言えます。
(相場分析も環境認識も、言葉違えど意味は同じだと僕は考えています。)

相場分析して自分のトレードに合った相場状況かどうかを環境認識し、
トレンドがでてる大きい時間足の流れに沿って、
短い時間足でエントリータイミングとってトレードする、という流れですね。

その際に、自分が検証済みのトレードロジック(ルール)に沿ってトレードしていきます。
(ルール通りトレードすることで、メンタル崩壊リスクを防ぎます。)

また、
長期足の相場状況を見て、長期足でトレンド出てるかを見ていくことも重要です。
相場は長期足のトレンド方向に向かうことが多いからです。
参照:マルチタイムフレーム分析手法

様々な要素で相場分析して、
レンジ相場を避けてトレンド相場でトレンドフォロー手法を使って、着実に勝っていきましょう。