ナンピン(難平)とは?FXトレードでの意味 解説動画

トレード用語で「ナンピン(難平)」という言葉をよく聞きます。

ナンピンの意味を簡単に言うと、
最初にとったポジションよりも不利な方向に価格が動いてしまい、、
含み損を抱えている状況から更にポジションを追加で買い増し(もしくは売り増し)することを指します。

トレードの最初の思惑と反対方向に価格が動いてる中での追加エントリーなので、
更に含み損金額が広がるリスクがあります。

反対に、価格がうまく最初の思惑通りの方向に持ち直してくれれば、
新しく増したポジションがより有利なエントリー箇所になる可能性も秘めている取引手法でもあります。

下手なナンピンすかんぴん
ナンピンは、リスクが高い取引手法です。
「下手なナンピン素寒貧(すかんぴん)」という投資の格言もあるくらいです。
(ナンピンが下手だと素寒貧(すっからかん)になるよ、という意味)


ナンピンは資金管理をして計画的に実行すれば利益を得られる手法でもありますが、
一歩間違って含み損方向にドンドン価格が進んでしまい、
含み損が大きくなってしまったことでメンタル的にも負荷がかかり、
損切りすることもできずにズルズルとポジションを塩漬けした後に、
大きな損切りをすることになる可能性もあるものです。

とはいえ、多くのトレーダーが経験する手法でもあります。
(僕自身もFX実践初期頃にナンピンからのヤンキートレード手法で痛い思いをしました)

簡単に解説します。

FXでのナンピンとは?

ナンピンとは、最初のエントリーから含み損の状態から更に最初のエントリー方向に増しポジションをすることです。
(逆に、最初のエントリー方向と反対方向に両方ポジション建てるのを「両建て」と言います)

以下は、ナンピン買いのパターン例です。(画像クリックで拡大できます。)
FX難平
上記のパターン例としては、うまく反転上昇してくれて全ポジションが利益になるケースです。
反対に反転上昇せずに相場が下落し続けたら、ガンガン含み損が増えまくります。

レジスタンスサポートラインのトレード根拠があったり、
資金管理的な計画性が有る前提で実践が有効な手法であることがわかります…
(きちんと損切りラインを明確にしておくことが大事かと)

以下は、ドル円1時間足チャートでのナンピントレード例です。(画像クリックで拡大できます)
ナンピン買い手法
(上記のチャート画像は、あくまでナンピンの例としてユルイトレード例として認識してください)
まずは、ダウントレンドからのアップトレンド転換を見てロングエントリー。(赤枠部分)
その後ダラダラと下落していき、直近安値切り直前で反発上昇期待してのナンピン買い増しエントリー。
ラッキーなことに。その後Wボトムを形成して上昇していってくれたパターンです。

上記のチャート画像例では、直近安値を切って下落したら損切りと想定してのナンピン買い増し狙いです。
うまくそのまま直近安値付近で反発上昇してくれたので事なきを得ています。

ただ、そのまま下落して安値切りしていったら、損切り幅は大きくなっています。

自分のトレード資金管理をしっかりと計画したうえで、
許容できるリスクの中で計画的にナンピントレードしていくべきと思います。

FXでのナンピントレード手法

FXにおいてナンピントレード手法は、以下のパターンがあります。

  • 長期足のトレンド方向に短期足で複数エントリーしていくナンピン
  • 複数のポジションでエントリーしていくことで、後々のポジションはより有利な価格で長期足トレンド方向へのエントリーができたりはします。
    ドルコスト平均法的な分散エントリーとも考えられます。
    長期足のトレンド方向に価格が伸びていくであろう前提でのトレード手法です。

  • 直近高値(もしくは安値)ギリギリのところでの最後のナンピン手法
  • 少し上でのナンピンチャート画像例での内容と同様のナンピン手法です。
    直近高値(もしくは安値)を切ったら損切りすることを前提に、最後の増しポジをします。
    うまく価格が反発してくれると、より利益が取れるトレードとなります。

  • とにかくヤンキートレード手法
  • 証拠金が強制ロスカットになるまで、とにかくナンピンして指値入れて待つヤバい手法です。
    ロスカット幅を大きく取るという発想で考えれば、ハイリスクハイリターンな手法と言えるかも。
    そのFX口座に入れている証拠金が、自分の資金管理上溶けてもなんとかなる前提での実践がおすすめです。

ナンピンでの失敗パターン

ナンピンは、計画的に実践しないとヤバいことになりがちです。

含み損を抱えた状態から、更に増しポジをしていくわけなので、
うまく価格がエントリーした方向に反転してくれないと、更に含み損は増えていきます。

精神的な負担は、かなりきつくなります。

その結果、損切りすべき価格に達しても損切りできずポジションを塩漬けにし、
その後、切るに切れないポジションを長期保有した挙句に大きな損切りをする失敗パターンが多いです。

計画的にナンピンというか複数ポジションエントリー手法をマスターしてない場合は、
単ポジションのみでトレードしていく方が資金管理的にも無難といえるでしょう。

ナンピンと近い取引手法も

ナンピンは、ようは複数のポジションを時間差でエントリーするものです。

違うネーミングだったりでも、似ている近い取引手法は以下のものがあります。

  • ドルコスト平均法
  • 毎回同じ金額ずつ、定期的に継続して買っていく分散投資法。
    ナンピンに似ていますが、計画性がかなりあります。

  • ピラミッティング
  • ピラミッティングは、含み益の場合の増し玉(増しポジ)を指す場合です。

色々あるんですが、ご利用は計画的に。