(怒怒怒)FXレバレッジ10倍規制検討中の金融庁に物申す!!解説動画


日本国内FX業者に適用されている最大レバレッジは、個人口座で現在最大25倍までです。
(法人口座だと最大200倍までいけますが、税制が変わってきたりもします。)

2017年9月に、金融庁がFXにおける最大レバレッジを10倍に引き下げて強化することを検討しているニュースが流れこみました。

参照:金融庁FXレバレッジ規制10倍を検討中情報!個人トレーダーへの今後の影響と対策
(検討している段階で、決定ではないのですが…)

fxレバレッジ規制10倍

過去のFXレバレッジ規制が施行された流れからみるに、
10倍への規制強化も極めて現実的に行われると大筋ではみられています。

僕自身もFXを始めた初期の頃は、
国内FX業者でも最大レバレッジ200倍まで可能だったので、
200倍から50倍、50倍から25倍と段階的にガンガンと最大レバレッジが引き下げられた流れを体感してきました。

正直、いいことないです…

僕自身も最大レバレッジ引き下げされた時に、
「もぅFXも潮時かなぁ…」とリアルに思っていたもんです。

単に海外FX業者に乗り換えればいいじゃん、というのもあるんですが、
日本人であれば日本国内のFX業者でトレードしたいわけだし、
新しくFXに興味を持つ層に対し圧倒的に参入障壁があがると思います。

FXが盛り下がっていくわけです。

いいことないんですよねぇ。

レバレッジ規制する金融庁の狙いは何?

そもそも、金融庁はFXのレバレッジ規制を強化して何を狙っているんでしょうか?

建前的には、以下のような感じだと思います。
  • ハイレバレッジは危険
  • 過当投機防止の為
  • FX業者のリスク保護
  • 個人投資家保護の為
などなど…

金融庁のWEBサイトにも、2017年9月の発表からの様々な意見交換の状況も公開されてます。

参照:「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」等に対するパブリックコメントの結果等について

fx金融庁

上記のような感じで、金融庁に寄せられた意見に対しての金融庁の方針が一方的に記載されています。

いったい金融庁は、なにを狙ってのレバレッジ規制強化なのでしょうか?

海外のFX業者と日本国内のFX業者を比較した時に、
現状でも明らかに日本国内FX業者の方がセーフティーかつレバレッジも低いわけなのに。

一説には、「個人投資家の活動を株式市場に流入させたい?」なんてことを見つけました。

うーん、だとしたら逆効果じゃないかな?と思います。

FXの最大レバレッジ規制をした先に考えられる状況

もしこの先に実際にFXの国内業者レバレッジ規制10倍が適用されたとしたら、
僕個人としては以下のような状況が起こりうると考えます。

  • FXトレードを実践する個人投資家が減る
  • 日本国内FX業者の顧客数が激減する
  • 海外FX業者を利用する日本の個人投資家の増加
  • 仮想通貨投資等の新興投資ジャンルに顧客が流れる
こういったことから結果、「FX業者からの税収減」を予想します。

日本国内で有力なFX業者も、
最大レバレッジ規制が更に厳しくなったFXジャンルで、
ビジネス展開を強化していくとは考えにくいです。

これまで日本国内FX業者を利用していた個人投資家も、海外FX業者に流出していくと思います。
(僕もこれを機に海外FX業者にメイン口座を乗り換えます。)

結果的に、日本国に入るFX関連の税収が現象してしまうと考えます。

いいことないんじゃないですかね。

金融庁に断固抗議していくぞー!

というわけで、引き続き僕自身もこの最大レバレッジ規制強化には反対です。

金融庁もちょいちょい意見募集してるみたいなので、見つけたら送ります。
以下も募集されてました。(こちらのご意見募集は終了しています。)
fx金融庁

いやホント、やめてほしいです。

むしろ、日本国内の個人投資ジャンルを盛り上げる為に、200倍まで戻してほしいです。
カジノやるくらいなら。

色んなトレーダーや日本国内FX関連の方も、
この最大レバレッジ規制に反対の動きをされています。

僕もこのFXブログを通じて、金融庁に意見を伝えていきたいと思います。

もしお時間ございましたら、
コメント欄にレバレッジ規制に関してご意見いただけないでしょうか。

金融庁に僕から直接意見を伝えていきますので!!