FXは精神的な部分が成果に大きく影響されると言われています。

大切なお金を扱うFXトレードです。
精神的に安定して集中できるタイミングのみでトレードしていきます。

インターネットを利用したオンライントレードで
気軽にできるようになったからこそしっかりとした心構えで取り組みます。

FX心構え


簡単にポジションをエントリーできるオンライントレードは、
簡単に資金を溶かすリスクもあることを認識していきます。

相場の動きは人間心理の集合体と言われています。

ポジションにエントリーしてトレードをするのはひとりの人間なのですが、
為替相場の動きは莫大な数の人間の思惑から形成されているのです。

  • 誰かが買うから値があがり、
  • 誰かが売るから値が下がる。

これが為替相場の動きそのものです。

機械が勝手に操作しているわけではないので、
しっかりと判断できるように精神的に落ちつけてトレードしましょう。

参照:FXにおけるメンタル管理とトレードルールを守る【超重要】

FXはリスクとリターンの闘い

FXトレードの為替相場は「誰かが利益をあげれば、誰かが損」します。

これは為替相場を取り引きする人がいるからこそ成り立つものなので、
自分がもっているドル円が利益があがってきたら、
反面世界のどこかでその分の含み損を被る場所があるわけです。

為替相場はリスクとリターンの両方が存在するのです。

だからこそ、しっかりと冷静な判断ができる精神状態で取り組みます。

fxリスク

感情的なトレードで不利なエントリーを連発し、
損失を大きくする失敗を誰しもが経験しています。

そのようなことにならないよう、細心の注意を払ってトレードします。

損小利大を意識する

FXトレードで利益を積み重ねるは、コツコツやっていきます。

トレード手法にもよりますがコツコツ積み重ねながらも、
1回のエントリーで得る利益を大きく伸ばしていくべきです。

いわゆる損小利大のトレードスタイルです。

トレードは自分の思った通りには動きません。

エントリーして自分が立てたシナリオを逸脱し、
マイナス方向に動いたら損失が少ない内にロスカット決済します。

逆に利益が伸びてきたらできる限り伸ばしていきます。

損失よりも利益が大きくなる結果を繰り返していけば、
あなたのFXトレードは利益が積み重なっていきます。

マイナスに動いた時に損失を大きくしていると、
いつまでたっても利益が伸びずにトントンかマイナスです。

損小利大は投資の基本です。

参照:損小利大手法のFX実践方法と勝率の意味

溶かすのは瞬時

経済指標発表時などに為替相場が乱高下する場合があります。

こういった時にむやみにポジションをエントリーすると、
うまくいけば確かにプラスになる可能性もありますが、
瞬時に資金を溶かしてしまうリスクが高いです。

一時的な少しの利益を追求するあまり、
大切な資金が瞬時に溶けてしまうリスクを冒すわけです。

為替相場が乱高下する経済指標発表時間帯等は、
まだトレードロジックが固まっていないトレーダーはポジショニングを避けるべきです。

大切なのは為替相場から退場せずにトレードし続けることです。
資金が溶けないようにリスクを回避してやっていきます。

コツコツドカーンを解消する

損小利大の逆で「コツコツドカーン」という言葉があります。

これは、
「コツコツ」と数ピプス程度の小さい利益を積み重ねていくのですが、
一回のマイナストレードでドカーンとそれまでの利益を吹っ飛ばすトレードを指します。

このコツコツドカーンでやられると、
精神的な疲労度は極限に達します。

それまでの苦労が水の泡になるからです。

こうならないように、損小利大のトレードを実践します。

ポジポジ病を克服する

「ポジポジ病」とは、いつでもエントリーして
ポジションを持っていないと気が済まない症状を指します。

エントリーするということは、リスクを冒すということでもあります。

ポジポジ病のトレーダーは典型的な負けトレーダーです。

根拠の薄いエントリーをしていないかどうか、
常に自分に問いかけながらトレードを実践していきます。

参照:FXでポジポジ病を治療して治すには?

感情的なトレードをしない為に

FXトレードは想像以上に簡単に利益がでて、
簡単に含み損が広がっていく投資です。

エントリーしてポジションを持つと、アドレナリンがでてきます。

特に最初は緊張感と共に、一種の興奮状態がやってきます。
相場の動きが気になり、他のことが手につかなくなります。

そしてそのポジションを決済すると、
次のトレードをすぐエントリーして利益を出したいと思いだします。

アドレナリンの爆発状態です。

このような状況だと根拠の薄いポジションエントリーしがちです。

感情的なトレードは失敗のもとです。
勝率が高いところのみでエントリーをしていくのがトレーダーの使命です。

常に冷静にトレードするように自分を見つめていきます。

常に根拠を意識してトレードする

勝率が高いポジションエントリーは、確固たるチャートの根拠があります。

そのチャートの根拠を知る為に「テクニカル」を学んだり、
チャートのクセや動き方の種類などを学んでいきます。

ポジションのエントリーも、利益確定も損切りも、全て根拠のもとに実施していきます。

「このエントリーは根拠しっかりしてるだろうか?」


常に問いかけながらエントリーポイントを探していきます。

根拠が見えるまで常にチャートを検証する

エントリーポイントを見つける根拠がわからない場合は、
そのエントリーポイントの根拠が見つかり、
自信が持てるまでチャートの検証を続けます。

またはデモトレードで検証してみてもいいですし、
リアルトレードだとしたら少額1枚エントリーからやっていくのがいいです。

とにかく勝率の高いリスクの極めて少ないポジションでエントリーするのが使命です。

FXはリスクとリターンの闘いです。
しっかりと実力を養っていきましょう。