FXにおけるチャートポイント解説動画

FXでよく使われる言葉で「チャートポイント」があります。
いわゆるトレード用語です。

大体の感じでフワッとした意味で使われることが多く感じます。

チャートポイントFX

FXにおける「チャートポイント」でよく使われる言い方例は、以下です。

「ドル円で125.80円は、直近の最高値でチャートポイントです。」
「ポンドの下落がヤバい!ポンドドルは1.165がチャートポイント。抜けると下にサポートなし!」
「ユーロ円は113.55円あたりがチャートポイントかなぁ。月足でもサポートある」

ようは、市場参加者に意識されるポイントという意味です。

チャートポイントは、過去に(何度も)意識されたレジスタンスサポートラインを指します。

相場において、ポイントとなる価格ということで。
(そのまんまですね)

相場で繰り返し意識されたラインを

FXにおいては為替相場で過去に意識された価格(ライン)をチャートポイントと呼びます。

何度も反発した価格(ライン)だから、
その価格に再び達して抜けたら大きく動く、という見立てだったり、
それまでの史上最高値や史上最安値の注目される価格だったり、
単に「その価格を抜けたら驚きがある」注目度の高い価格、等を指します。

何度も繰り返し意識されて価格が反発したラインは、
特に市場参加者の注目度が高い価格になり、チャートポイントとされます。

以下はドル円の日足チャート画像です。(画像クリックで拡大できます。)
ドル円日足画像
ヒゲの先端の最安値や最高値。
何度も意識されて価格が反発したラインは、チャートポイントとして注目されます。

明らかに価格が反応して反発したポイントであれば、
再び価格が近づいた時に市場参加者の多くがチャートポイントとして注目するわけです。

色んなトレーダーの色んな言い方があるので…

チャートポイントと近い意味のFX用語で、「キリバン」「ラウンドナンバー」があります。
参照:キリバン・ラウンドナンバーとは?意識されるレジサポライン使い方

こちらはチャートポイントよりもより具体的に、キリのいい価格を指します。

チャートポイントはキリバン・ラウンドナンバーよりも広く、
過去に相場で意識されて反発したラインを指すわけです。

色んなトレーダーが色んな感じで言葉を使うので、
学習する際にはニュアンスを理解していきましょう。