様々なFX商材を販売しているクロスリテイリング社より、かなり注目のFX裁量トレード教材が発表になりました。

FXトレーダー関野典良氏が講師となるFX教材「トレンドディスカバリーFX」です。

未来予測fx関野典良

未来予測ロジックとしてトレンドディスカバリーFXは紹介動画が公開されています。

関野典良氏は、クロスリテイリング社から発売されている恋スキャFXを実践して利益をあげた実績者です。

しかも恋スキャFXに出会う前は、
ビギナーズラックもなくいきなりFXで負け続けて苦しい状況で、
かつプライベートでは借金や離婚問題など、様々な問題を抱えている状況での負け込みFXしまくり。

そんな中でもあきらめずに、しっかりと努力されて恋スキャFX手法でのブレイク。

その当時は、10万円の元手から1年間で1000万円以上の利益をあげられたそうです。
(これはリアルに知人トレーダーがその軌跡を目撃していました)

そんな関野典良氏がFX講師としての前作教材がクロスリテイリング社より発売された「トレンドハンターFX」。

関野典良氏のキャッチーな人当たりと、裁量トレードスキルが向上する内容で好評だったようです。

それから満を持しての新作FX教材が今回の「トレンドディスカバリーFX」となります。

よりトレードチャンスが増えるように時間足も短くしていき、
かつトレードロジック自体はよりシンプルに簡単にトレードできるポイントを絞り、
相場の環境認識を重視することで、トレードスキルも向上していける内容になっていると思います。

FXトレーダー関野典良氏とは?

トレンドディスカバリーFX教材講師となる関野典良氏は、
前作教材となるトレンドハンターFXでもかなりの人気ぶりとのことでした。

関野典良氏ご自身が、苦労しながらFXで徐々に勝てるようになってきたというリアリティもあるし、
謙虚でキャッチーかつ嘘の無い感じがユーザーに伝わっているのだと思います。

以下は、トレンドハンターFXの時の関野典良氏の紹介文です。
トレンドハンターFX関野典良

現在よりもふっくらされている印象ですが、専業トレーダーとして教材講師として、多忙だとこうなるのもわかります。

そんな関野典良氏は、現在は都心を離れてゆったりと地方でスローライフを満喫中とのことで。

以下が最近の関野典良氏の感じ。(トレンドディスカバリーFX紹介動画より)
fx関野典良

動画内や様々な媒体でも語られているように、関野典良氏はひじょうに苦労人な経歴をお持ちです。

  • 離婚で子供とも離れ離れ
  • 不慮の出来事から借金を背負う
  • FXでなかなか勝てずに苦労する
このような苦しい期間を経て、現在スローライフまでたどり着かれた生ける伝説トレーダーとも言えるでしょう。

更に簡単に関野典良氏の現在までのFX経歴は以下の感じです。
  • FXトレーダー歴:9年(専業トレーダーとして4年)
  • 富士山が見えるような田舎の場所に住んでいる
  • 現在はデイトレードスタイルが中心。アジア時間、ヨーロッパ時間、ニューヨーク時間でトレード

現在はいい感じで幸せなスローライフを満喫されているようで、素晴らしい!

恋スキャFXに出会ってトレードで利益がガンガン上がりだすまでも、
裁量トレードスキルを向上させるFX関連に参加していたりという経歴もお持ちで、
FXトレードに関する基本も押さえてしっかりと実力派としてやられているわけです。

勝てるようになるまで負けまくった経験から、なかなか勝てないトレーダーの気持ちもリアルに近く、
そういった部分もトレンドディスカバリーFXの紹介動画を見ていくと伝わる部分と言えるでしょう。

トレンドディスカバリーFXの内容

関野典良氏が現在実践しているトレード手法を公開し、伝えていくのが今回のトレンドディスカバリーFXの内容となります。

メインとなるのは、関野典良氏のトレードロジック部分となります。

通常のFXチャートで、一般的なインジケーターを使用したトレードロジックは、
紹介動画の中でロジックの概要がほぼ殆どの部分が公開されちゃっています。

以下は、トレンドディスカバリーFXの商材内容解説中の様子。


今回のナビゲーターは秒速スキャルFXの講師として有名なFX-Katsuこと鈴木克佳氏。

教材内で解説されるロジックで使用するインジケーターは、以下です。

  • ボリンジャーバンド
  • 価格が標準偏差のどのあたりを推移しているかを示すテクニカルインジケーター。

    トレンドディスカバリーFXでは、±2σにタッチしたところをエントリーポイントとしています。


  • フィボナッチエクスパンション
  • フィボナッチエクスパンションは、フィボナッチ数列を使用した「どこまで伸びるかのメド」を示すテクニカルです。
    戻りの目途を測るフィボナッチリトレースメントの方が知名度が高いですが、
    エクスパンションは基本設定を変えて相場の先々にフィボナッチ数値を表示させていきます。

    トレンドディスカバリーFXでは、決済の目安にしていきます。

トレンドディスカバリーFXロジック

そして、紹介動画の中では、トレードロジックのほぼ殆どの部分を説明。

  • 4時間足、1時間足、30分足のチャートで環境認識
  • トレンドディスカバリーFXでは、エントリーするまでの環境認識が最重要視されています。
    トレンド方向を明確に認識しておくことで、エントリーするタイミングをはかるだけに絞ります。

  • 5分足チャートでフィボナッチ±2σタッチでエントリー
  • トレード方向が認識済みなので、ロジックに従ってエントリー箇所を待ちます。
    規定の場所にタッチしたら、エントリーします。

  • 利確はフィボナッチエクスパンションで。損切りは直近高値安値。
  • フィボナッチエクスパンションで利確ポイントもエントリー時に明確になります。
    ダウ理論に従って直近高値もしくは安値にストップロスを設定。
    OCO設定したらホッタラカシでOKです。どっちかに当たります。

もうここまでが紹介動画で語られています。
正直僕は、具体的にどんなトレードロジックかほぼほぼわかりました。

ただ、大事なのはロジックを知ることだけではなく、それをしっかりと使いこなせるようになることです。
(利益がでるトレードロジックだけなら、僕の無料メルマガでもプレゼントしています)

トレンドディスカバリーFX関野

トレンドディスカバリーFXのトレードロジックでは、相場の環境認識が最重要視されています。

そこで繰り返して関野典良氏が言われているのが「通貨ペアの選択」です。

「最初から伸びる通貨ペアを選択しているから、指定のポイントにきたらエントリーするだけ」

こんな感じで解説されています。

これはおそらく通貨ペアの相関性(通貨ペアの強弱)を見ていくのだと予想します。

相関性を見ていくことで、その時点での通貨ペアのボラティリティ強弱がわかります。

例えば、
ユーロドルが上昇していたら、ユーロが強くて(買われてる)ドルが弱い(売られている)。
ポンドドルも上昇していたら、ポンドが強くて(買われてる)ドルが弱い(売られている)。
おまけにドル円は下降していたら、ドルが弱くて(売られている)円が強い(買われている)。

ドルが弱いなぁ、ということでドルを売っていく方が有利と認識できます。

こういった部分をトレード前に認識して、より動いていきやすい通貨ペアを選択することができます。

そういった手法なんではないか、と予想しています。

fx-katsu鈴木克佳

秒速スキャルFXのFX-Katsuこと鈴木克佳氏も「一番重要なのは相場の環境認識」とのこと。
さすがです。

トレンドディスカバリーFXのトレードロジック

トレンドディスカバリーFXで解説されるトレードロジックは、
より相場状況に最適化させて利益をのばいしていく為に、応用編も用意されています。

  • トレーディングストップで利益を伸ばす方法
  • トレンドからの逆張りロジック(2つ目のトレードロジック)
こういったメインとなるロジック以外でも最適化できる工夫が解説されます。

今後長期的にずっとFXトレードで活用できる手法となりますし、スキルになります。

裁量トレードスキルを向上させる教材

トレンドディスカバリーFXの教材内容は、とにかくFX裁量トレードスキルを磨くことができる内容です。

いわゆるオリジナルチャート等を使うわけでもなく、
しっかりと複数の時間軸チャートで環境認識していくことで、
相場分析・環境認識をするトレードスキルが身に付きます。

この教材をしっかりと学習して理解していくことで、
着実にFXトレードの実力がつく内容になっていると言ってよいでしょう。

今後長期的にFXをやっていくつもりがある場合は、トレンドディスカバリーFXはチカラになる教材だと思います。

トレンドディスカバリーFXの評判と個人的レビュー

こちらのトレンドディスカバリーFXの商材内容のレビューですが、
現段階で僕としてもかなり期待できる感じではありますが、
実際に商材を手に入れて内容を精査した後に、記事を更新していきたいと思っています。

お待ちください。

続報は、以下の当サイト無料メルマガでお知らせしていきます。
先だって登録しておいてください。

トレンドディスカバリーFX追加情報公開・FX無料メルマガページへ