チャートソフトとして広く使われるMeta Trader4(MT4)は、
主に海外FX業者で提供されています。

そのFX業者に入金してチャートソフト自体でトレードすることもできますし、
MT4をデモアカウント等でチャートソフトとしてのみ利用し、
実際の取引は日本国内FX業者で行ったり別FX業者でトレードすることも可能です。
(MT4のデモアカウントは期間が切れたら再更新していく形になります)

meta trader
Meta Trader4は、世界中のトレーダーに使われているチャートソフト・取引ツールです。

MT4を提供する複数のFX業者からMT4ツールをダウンロードして同時に使用することも可能です。

ちなみに僕は、15個のMT4を1台のパソコンにインストールしていました…
pcdesktop
同時に全部使うわけではないですが…


これを1社のFX業者からMT4をダウンロードして、
インストールフォルダ名を変更することで複数台使うこともできます。

その設定方法を解説します。

1社のMT4を複数台設定する方法

まずFX業者のWEBサイトからMT4のファイルをダウンロードしてきて、
「パソコンにインストールする際にインストールフォルダ名を変更する」ことで同じFX業者で複数台のMT4を設定できます。

以下、LAND-FXのサイトでやっていきます。(他のMT4提供FX業者でも可能です)
まずはFX業者のサイトからMT4(PC用)をダウンロードします。(画像クリックで拡大できます。)
landfx
MT4のファイルをダウンロードしたら、PCにインストールをしていきます。

MT4のインストール時に以下の表示がでたら「設定」箇所をクリックします。
MT4SET
「次へ」をクリックする前に、まず「設定」をクリックします。

以下画像の赤枠部分「インストールフォルダ」「プログラムグループ」名に何かわかりやすいテキストを加えます。
mt4setland
テキストを加えて記述できたら「次へ」をクリックします。

後は自動でMT4がパソコンにインストールされます。

同じFX業者(この場合はLand-FX)のMT4を更にもうひとつインストールする場合、
ダウンロードしてきたMT4のファイルを再度クリックしてインストール作業をします。

上記と同様に「インストールフォルダ」「プログラムグループ」名に
最初にインストールした際に設定したものと違うテキストを追加することで、
次のMT4がパソコンにインストールできます。

以下、Land-FXのMT4が2つインストールできたパソコンのプログラムファイル箇所です。
landfxmt4
赤枠箇所に、2つLand-FXのMT4がインストールされているのがわかります。

それぞれのMT4を1つのパソコン上で同時に起動もできました。

パソコンのデスクトップ上に、MT4インストール時にショートカットアイコンが1つしか表示されない場合があります。
その状態でも、プログラムファイル箇所にはインストールできているので、ご確認ください。

同一業者のMT4を複数使うメリット

通常どおり、FX業者を変えて複数のMT4をインストールすることも可能です。

それに比べ、同一業者のMT4を複数インストールして使うことは、
MT4それぞれの基本的な設定差が無いメリットがあります。

MT4のチャートは提供するFX業者によって、
週あたりのロウソク足の表示本数が違ったり(日足の数)、
スプレッド幅の違いによる価格の違いがあったりします。

そういった部分を同一FX業者のMT4を使うことで、統一させられるメリットがあります。

ただ、
FX業者ごとに配信する価格も若干異なるので、
その時点での価格を常に客観的に確認する上でも、
複数FX業者のMT4をインストールしておくこともおすすめします。

MT4関連の記事