定番のFX検証ソフト「Forex Tester(フォレックステスター)」ですが、
現在発売中のForex Tester4(FT4)では使用する過去データの購入コースが3種類あります。

しかも、更に「年間」「月額」「生涯」と過去データを購入する期間の選択もあります。

「FT4のどのコースを購入したら一番よいでしょうか?」
という質問をよくいただくので、改めてこちらでお伝えしていきます。

FT4
Forex Testerは持っておいて損ないFX検証ソフトです。

僕は最初にMT4裁量トレード練習君で慣れちゃってたのですが、
近年あるきっかけでFT4を使い直して慣れてきて、
過去検証作業のしやすさを改めて感じました。

過去検証やトレードの復習、反省作業はツールの利便性で作業効率が変わりますね。
一度購入したらずっと使えるので、導入しておくのが個人的にはおすすめです。
(僕は色々買い過ぎ感ありますが…)

FT4ヒストリカルデータのおすすめ購入方法

FT4のヒストリカルデータの有料プランのおすすめの購入方法は、
「VIPコースの月間アクセス権・月額払い」を買って、1ヶ月以内に継続をキャンセルする、です。

VIPコースの月額払いをキャンセルする前に、
過去のヒストリカルデータ分をFT4ツールにダウンロードしてセーブしておきます。

これをすることで、ダウンロードした期間のデータはずっとVIPコースの高品質ヒストリカルデータで過去検証できますので。

詳しいやり方は、以下の記事で解説しています。

参照:Forex Tester 購入方法と初期設定使い方解説

以下は、2020年11月15日現在のFT4・VIPコース月額払いの価格です。
ft4kakaku
2ヶ月目からは自動課金されるので、支払いキャンセルの連絡をメールで送ります。
上記の記事中でやり方を解説していますので)

以下はヒストリカルデータが標準品質のベーシックコースの価格です。
ft4data
今日現在で価格差が3000円程度なので、
ずっと使うことを考えたら、高品質のヒストリカルデータを取得しておくのが得策に感じます。

また、VIPコースはキャンセル後も再びコース変更できたりもするので、
購入した時期以降の高品質ヒストリカルデータが取得したい場合には、
再びVIPコースにプラン変更してデータをダウンロードすればいいという感じですね。

FT4のコースの違い(VIP・Standard・Basic)

FT4の有料データ(VIP、Standard)と無料データ(Basic)の大きな違いは3つです。

  • 短期足(1分足・5分足)チャートの表示が荒い
  • 無料データの短期足チャートは表示が荒いです。スキャルピングの練習には向かないです。
    有料データは比較的精工なチャートになっています。

  • ヒストリカルデータの取得ブローカーを複数から選択できるかできないか
  • 無料データは固定のデータのみからとなります。
    有料データコースは、ブローカーの選択幅があります。

  • 最新のデータを追加できるタイミングの違い
  • 無料データは、ひと月ごとに最新データをダウンロード可能です。
    有料データコースは毎日更新されます。  

FT4を毎日起動させてその日のトレード検証をし続けるのであれば、
VIP・Standardの有料コース継続が望ましいかもです。

通常にトレードロジックの過去検証やトレード練習に使うのであれば、
一旦有料コースで過去データをダウンロードしてしまえば、充分使えるかと思います。

ちなみにVIPとStandardの違いは「1分足のティックチャート」データがあるかないか、となります。
チャートの動作がリアルな感じにより近づきます。

Forex testerは、気楽に途中でとめて、
パソコン切って、また手軽に検証を再開できるのが良いですね。

ft4trade
2016年の米国大統領選挙時のドル円5分足チャートでトレード練習してから、
2020年の大統領選挙のトレードに挑みました。

こういう過去チャートでパパっとトレード復習できるのはいいですね。

今すぐ公式サイトをチェックしたい場合は、以下よりどぞ。

こちらをクリックしてForex Tester公式サイトに移動する
ftbuyon

公式サイトから無料トライアル版もダウンロードできます。

FT4の詳しい解説は、以下の記事で。
参照:Forex Tester 購入方法と初期設定使い方解説