「トレゼミ」(FXトレード塾)の大西講師のトレード手法
「ダイバー34」の概要とトレード状況を検証します。
(英語表記だと「Divergence34・Diver34」)

ダイバー34
ダイバー34は、ダイバージェンスが出ている相場状況のウェッジ3点目・4点目でエントリーを狙う手法。

トレンド転換の初動を天井・底値圏から狙う反転手法です。

以下、公開されているトレゼミ大西講師のトレード手法解説動画。

トレード解説動画の2つのトレード方法解説

トレンドフォローのトレード手法「ブレイク&フィボ」

  1. 推進波を見つける (トレンド方向を決める1波目)
  2. フィボナッチを引いて押し目を待つ (フィボ61.8が基本)
反転狙いのトレード手法 (リスクリワードが良い) ダイバー34

  1. ウェッジを待つ(ダイバージェンス
  2. ウェッジの3点目、4点目で逆張りエントリー

(中級者向け手法・ストップ位置を自分で判断しなければならない。)

今回はダイバー34を検証。

「ダイバー34」検証

[基本ルール]
ダイバージェンスが出た相場状況で、ウェッジできたら3点目・4点目のPB、EBでエントリー

決済は、フィボ38.2、逆フィボ-0.618、ライン。(任意の部分)
損切はMACDの山が反対に伸びてダイバージェンス崩れたら。
(フィルタ:長期足のレジサポ、建値決済、等を入れていく。)

ダイバージェンスの状態が適切に捉えられていて、
ウェッジ3点目・4点目の位置で入ると、ネックライン近くまで戻す確率は高い。

【原油】トレード解説動画2022年12月14日※原油【担当:大西先生】


撮影日:2022年12月6日
通貨:原油
コメント:日足レンジ下限から上限まで、ここを抜けたら負けていいところで入る。

トレード解説動画2022年12月14日※原油
ダイバージェンスが出てる相場状況で、ウェッジ3点目・4点目で買い狙い。

トレード解説動画2022年12月14日※原油
15分足でプライスアクションがライン上で出現して買い。
損切はプライスアクションの安値外。

原油 週足
トレード解説動画2022年12月14日※原油
ずっと下げてきてる相場。

日足
トレード解説動画2022年12月14日※原油
左側に過去使われたラインもあるはある。(強くはないが)

4時間足
トレード解説動画2022年12月14日※原油
ダイバージェンス出現してて、深戻しが入ってウェッジに。

1時間足
トレード解説動画2022年12月14日※原油
ウェッジ3点目、4点目で逆張り買いエントリー。試し玉くらいのロット数で。

損切りはダイバージェンスが崩れて下げ方向に行ったくらいを目途に。
(裁量判断部分となる。)

基本的に下げ方向トレンド中の逆張りなので、
損切遅れると損失大きくなるので注意が必要。

【原油】トレード解説動画2022年12月17日※原油先物【担当:大西先生】

撮影日:2022年12月12日 (上記の原油トレードの続き)
通貨:原油
コメント:ダイバー4のポイントでできたプライスアクション。アウトサイドバー+センター

トレード解説動画2022年12月17日※原油先物

右肩あがりのWトップの右肩で売りトレード。
ピンバーをサインに売り。
(「DCP(ダイバージェンスチャートパターン・プライスアクション」というトレード手法名でもある。)

2023年1月17日 ポンドオージー買い


2023年1月17日ポンドオージー買い、トレンドのフィボナッチ38.2で利確。

日足でも水平線サポートラインが引ける箇所。
4Hレベルでダイバージェンスでて、何度も水平線アタックするも下抜けできず、ダイバー34で買い場面。

水平線でのプライスアクション、もしくはタッチ&ゴーで買いでもいけた。

2023年1月26日 ゴールドドル 売り


ずっと上昇してきたゴールドドル、天井圏でダイバージェンス・ウェッジの形。
ウェッジ3点目・4点目でダイバー34で売り。

4点目の売りで下げていった。

2023年1月27日(金)日経225 売り


日足のレジスタンスラインもある。
ダイバージェンス、ウェッジ3点目で売り。一旦下げる。
(その後、上昇上ヒゲつけてるので、建値ストップ移動したら切られているが)

トレゼミ大西講師のトレード手法関連記事