FXでやればやるほど負ける時の対処法 解説動画


FXはトレードをしていく中で、
利益確定と損切りを繰り返しながらトータルで利益を残していくものです。

そんな中でも、損切りトレードとなるのは儚いものです。

時には、
トレードすればするほど損切りトレードとなることもあります。

やってもやっても証拠金が増えるどころか、
どんどんロスカットが積み重なって資金が減っていくのは、
精神的にも経済的にも厳しいものがあります。

fx負ける対処法

お金を増やそうとして時間とエネルギーを使ってFXをやっているのに、
損切り連発の負けトレードが続くと精神的に辛いものがあります。

しかも、そういう時に限って
何度も何度も連続で負けトレードになったりしがちです。

負けトレードは精神的にダメージも受けます。

精神的なダメージが重くなると、ヤケになってしまうこともあります。
精神的なダメージが重くなると、日常的な生活への悪影響もあります。

FXトレードで、何度もやってもやっても損切り負けトレードになる時の、
日常生活をできる限り平穏に過ごしていく為の、
損失額をできる限り少なくする為の対処法を解説していきます。

なぜやってもやっても損切りトレードになるのか?

FXはある部分メンタル的な闘いもあると言われています。
(この部分はトレードスタイルで随分変わってもきますが)

特にまだトレードに慣れきっていない初心者トレーダー時期だと、
ポジションを持っているだけでメンタル的にキツイ場合すらあります。

トレードしながら、ドキドキしたり落ち着かない気持ちになった経験は、
トレーダー誰しもが経験する当たり前の日常ともいえます。

そんな状態の中、連続で損切りになっていくと精神的に落ち込むこともあるわけです。

「俺って、いったい何をやってるんだろう… (苦)」

こんな感じの何とも言えない切ない苦しい気持ちになることもあります。

fx負け続ける気分

本当に「うわぁあああ~~~」って叫びたくなる時も確かにあります。
トレーダー誰しもが通る道ですし、トレードスタイルよっては日常的な部分ともいえます。

基本的にあまりにも連続して損切りになる場合は、
何からの理由がある可能性が考えられます。

損切りトレード多発原因


何度も連続して損切りトレードとなる原因は、以下のことなどが考えられます。

  • 相場状況が不安定でトレードロジックにあっていない
  • 実践しているトレードロジックがうまく合致しない相場状況の可能性があります。
    また、イレギュラーな動きをする相場状況も多々あります。

  • 上下にヒゲが出まくる汚い汚染相場でトレードしている
  • 長いヒゲが出まくる汚染相場では、なかなかトレード成績を安定させるのは難しいです。

  • 低ボラティリティ過ぎるレンジ相場でトレードしている
  • 低ボラティリティの相場では、時間ばかりがかかって利益をだしにくいです。
このような相場状況がトレードルールに合わないと判断できた時は、
トレードをしないで次のチャンスを待つべきです。


また、損切りトレードが連発する場合には、
根本的な部分で以下のような原因の場合も考えられます。
  • 根拠がないところでトレードしている
  • 損切りラインに根拠が薄い
  • 自暴自棄になってヤケクソ気味にスキャルピングしている

損切りトレードは誰だって嫌なものです。

1回損切りをだしたことでヤケになって冷静さを失い、
無茶なトレードを連発して資金を減らしてしまう経験は誰しもあります。

教訓にしておきましょう。


参照記事:FXでポジポジ病を治療して治すには?克服には学習が必要
(ポジポジ病もやってもやっても負ける場合に近い状態と言えます)

損切りトレードを連発した時の対処法

まず大前提として「損切りはトレードに必要な行為」です。
損切りを全くしないでFXトレードをやり続けていくのは、不可能と言えます。

fx損切りしない

反対方向に値動きしてトレード根拠を失った場合、損切りは必ずしていきます。
損切りしないと1回のトレードで証拠金の大部分を失う強制ロスカットが待っています。

強制ロスカットで証拠金の大部分を失うと、
経済的にも精神的に大きなダメージを受けます。
(僕も何度も受けてきました)

ポジションエントリーする際には、しっかりとトレードのリスクリワードを計算し、
損切りリスクを許容できる価格でエントリーしていきます。

そうすることで1回の損切りトレードのメンタルリスクも抑えられます。

また、
実践しているトレードルール(ロジック)通りにトレードすることが大前提です。

参照記事:FXトレードルール通り実践で勝率成績が安定

fx損切り対応



それでも損切りトレードを連発してしまい、混乱した場合には以下の対処法をおすすめします。
  • トレードを休む
  • 気分転換する
  • トレードルールを検証する
  • アドバイスを受ける

トレードを休む

損切りトレードを連発したら、どんな人間でもメンタル的に疲弊しているはずです。

どんなにマシーンのような性格の人でも、
どんな強靭な精神力と鋼の意志を持つ鉄人でも、
どんなにFXに慣れた常勝トレーダーのベテランでも、
損切りトレードを連発すると精神的にへこみます。
(連続して3回以上トレードで負けると、けっこうキマス)

そんな状況なので、冷静に相場分析することはドンドン難しくなります。

そういう時はトレードを休んで、気持ちが楽に冷静になるまで待つのが賢明です。

気付かないが、実は相場状況がトレードロジックにあってない可能性もあります。

休んでいるうちに、相場状況もわかりやすくなっていくかもしれません。

気分転換する

損切りトレードを連発すると、気分的に嫌になるものです。

そういう時は、FX以外の違うことをして気分転換することが有効です。

体を動かしたり、食事したりするのがいいと思います。
トレードと反対の方向性を持つポジティブな行動をするのがいいと思います。

気分転換できると、相場を再び冷静に分析できるようになる可能性が高くなります。

トレードルールを検証する

もしかしたら実践しているトレードルールが、現在の相場状況にあってない可能性があります。

「なぜ損切りトレードになったのか」を過去チャートから復習し、
改めてトレードルールの精度を再度過去検証していくといいです。

負けトレードをしっかりと復習していくことで、
今後同じような騙し相場が出現した時に避けやすくなります。

損切りという痛みを伴う行為は、深く強くインプットできる学習材料となります。

損切りPIPSをトレードの経費と考えて、
しっかりと今後のトレードの身にしていきましょう。

アドバイスを受ける

参加しているFX塾があったり、周囲のトレーダー等と交流があれば、
なぜ想定外に損切りトレードを連発してしまったかアドバイスを求めるのもありです。

第三者からの意見は冷静です。

また、FXトレーダーの相場分析の視点は本当に人それぞれ違います。

自分と違った視点からアドバイスを受けることで、
想定外の損切り連発の理由が見えてくることもあるでしょう。

初心者属性のトレーダーにアドバイスを求めるのではなく、
できれば実力のあるトレーダーの意見を聞いていきたいところです。

FXトレードを安定させていく為に

FXでトレード成績を安定させていくには、
トレードルール(ロジック)通りにトレードしていくことが大前提です。

特に相場分析力がまだ構築できてないとしましたら、
トレードにおける裁量判断部分をなるべく減らしていく方がいいです。

相場分析をして大枠での相場の流れ(トレンドや意識される節目)を掴み、
実践しているトレードルール(ロジック)に合致する相場状況になったら、
しっかりと損切りオーダーを入れてトレードしていきます。

そうしていくことで、損切りトレードをした時の精神的負担も減っていきます。


ベテラン常勝トレーダーの中には、
損切りトレードをしても何とも思わない方もおられます。

勝率と利益率を検証済みのトレードルールを実践していけば、
その時は損切りトレードになったとしても、
トータルで利益が残っていくことを確信しているからです。

だからこそ、実践しているトレードルールを実直にやっていくわけです。


また、
どれだけ負けたら自分のメンタルが乱れるかも把握してることが多いです。
そういう部分もしっかりとルール化している方も多いです。


常に冷静にトレードしていけるように、
自分なりに工夫してトレードをしていきましょう。