いわゆる情報商材的なものがひっそりとしだしている2021年2月。

コロナ禍で情報商材どころじゃない感も世間的にアリアリですが、
ちょっと前までは詐欺商材的なものが「やばい!」という声をよく耳にしました。
(よくメッセージをいただいたもんです。)

sagisyozaifx
2020年初頭からのコロナ禍で、FX情報商材の新商品発売もめっきり減ってはいる状況ですが。

とにもかくにも僕自身も、
「さすがにこりゃひどいな」と思うFX商材もこれまでみましたし、
せっかく購入・学習しても全く役に立たなかった商品もあります。
(きちんと購入前に下調べして吟味したうえでもです。)


というわけで、
簡単に「FXジャンルでの詐欺商材」と言われる定義を記載していきます。

「詐欺」の定義自体がそもそも難しく、
告訴・逮捕されない限りは詐欺と認定されないようです。
ですが、そうはいってもイメージ的な詐欺的要素は皆が思うところなので、そういう視点で記載します。

詐欺FX商材の定義

FXジャンルでの商材・教材で多い商品内容は、
「トレードのやり方を教える教材」「直接勝てるサインツール」「自動売買EA」等になります。

それらの商品で、粗悪な内容として詐欺的と思われる場合は以下だと考えます。

  • 商品購入前のイメージ明らかに違う内容
  • 思ったような商品じゃないと、よくない印象になりますよね。
    たとえ言葉のあやであっても、盛られすぎたイメージだと購入者はガッカリします。
    そりゃそうか。

  • マニュアル通りに実行しても、まったく違う結果になる
  • そもそも勝てない、どうマニュアル通りやっても上手くいかない場合は、クレーム対象になるでしょう。
    そりゃそうですが…

  • 教材内容が明らかに脆弱・チープ・乏しい
  • 有料商品の場合、購入者はお金を支払っているので、支払った対価に見合う内容でないとガッカリするでしょう。
    難しい部分でもあるとは思いますが…

cramearashi
クレームは、情報商材業界にとって当たり前にあるものだとは思いますが…

やはり、
セールスレター(販売ページ)で煽っている通りの
実績者がでてこないのは問題になりますね。

「億を目指せる…」
よく聞くキャッチコピーです。

確かに億を目指すだけなら、誰でもできるので嘘ではないですが…

以下、結果的に詐欺的になってしまった商品のキャッチコピーです。(現在は販売終了)
kodai 誇大広告
「所属するだけ!」で何でも達成できると謳われています。
どんだけ~

個人的にはこの教材の内容的にはよかったと思うのですが、
販売時のキャッチコピーが誇大過ぎた為に、
購入者に過度の期待値をあげたことで詐欺的な案件になってしまいました。

無理ですよね。どう考えても…
残念です。

商材の感想は人それぞれですが、
明らかに購入前の想定と違う内容だとその理不尽さに怒ります。

tonbonagabuchi
理不尽な仕打ちに、人々の感情は動かされるのです。

そもそもFXの勝ち方は出尽くしているので…

FXの歴史は1998年からはじまり、すでに20年以上がたっています。
チャート上で値動きを分析できて、トレーダーの歴史も長いです。

すでにFXの勝ち方は出尽くしており、
有料無料問わず、本でもネット上でもそこら中に勝ち方情報があります。
当FXブログでも記載していますし、FXメルマガでも詳しく解説しています。)

参照:FXの歴史とこれまで

こういった前提で情報を見ていくことが肝要に感じます。

なぜ詐欺商材は出続けるのか?

もちろん商品ごとに差はかなりあれど、
FX商材の内容クオリティは年々上がってきていると思います。

それでも詐欺的な印象を与える商品は出続けてきたのが現状。

これはやはり、
「それでも商品が売れるから」で続けているだと思います。

販売者側も仕事としてお金儲けの為に商品を発売しているので、
売れるのであれば商品を出してくるわけです。

sagisyozaifx
良識的な部分はさておき、売り上がるなら出されていくでしょう。

我々はしっかりと購入前に商品内容を吟味検討し、
当FXブログのようなレビューブログを参照して調べてみてください。

そうすることで、やばい商品から回避することができると思います。
心に余裕をもって情報を見ることも重要に思います。

参照:FX情報商材検証レビュー
(当FXブログの商品レビューは、忖度無しで解説しています。)

あなたは、どうしますか?

本当に最初から悪意あるものこそが詐欺だと思います。
そういう部分では、最初から悪質なものもそう多くないとは思います。

また、
多くの販売継続している商材は、詐欺みたいな悪意あるものではないが、
「きちんとノウハウ内容を理解して実践しないとうまく成果が出ないことも多い」と思います。

例えば、
「終値を待ってトレードしてないだけ」だったり、
「きちんと過去検証したらプラスになるが、その通りに実践してない」ことだったり。

個人的にはユーザーは学習機会と思いつつ、
内容をきちんと理解していく作業もしていくべきと思います。

他力本願な感覚だと、FXはうまくいかないですし。

amakunai

僕の基本方針として、
無理してFXやらない方が幸せなんじゃないか、という感覚があります。

FX自体はものすごく大変で、
お金失くすリスク高く、
成果までにかなりの時間と労力を要するもの
誰でもうまくいくとは限らない、というものだと思います。

だから無理してやるべきではないですし、
それでもやって、やり続けて成果をだす人だけに、成果は訪れると。

それでも、
勝負し続けるといつか負ける。
大勝負し続けると、いつか大負けするリスクもあるわけです。

参照:ジェシーリバモア伝記本読んだ感想(投資家手法と名言)
(希代の相場師リバモアも、何度も破産しています。)

そもそもFX自体が為替相場という戦場での金の奪い合いです。
甘いこと言ってたら、ただ搾取されるだけになる現実があります。

誰もFXやってくれ、と頼んでないはずです。

それでもやるのであれば、必ず成果を出す強い覚悟が必要です。

FX商材の販売者側にも、もっと学習内容を提供する精度は必要だと思います。
(煽りすぎで購入後ギャップが大きいものはクレーム対象になりますし。)

ユーザー・トレーダーも、
本気で相場で勝っていくのであれば、厳しくストイックに取り組んでいくべきです。

そんな感じで考えています。
個人的意見です。