FXクリスマス休暇時期は休みがいいか?年末年始の相場状況解説[2016年12月30日相場分析動画]


クリスマスが終わって、2016年も残りあとわずか。

FXの為替相場は、欧州勢のクリスマス休暇シーズンがあって、
12月24日前後はかなり低ボラティリティかつスプレッドが開いた相場状況でした。

そんな中、
相場状況もクリスマス終わって、翌週の27日火曜日あたりから動きだしました。

fxクリスマス休暇相場状況

クリスマスイブの前後12月24日から12月25日前後は、
とにかくボラティリティが出にくい特徴があります。

特に今年2016年は、12月25日のクリスマスが日曜日と重なったため、
欧米の多くの地域では翌日26日(月曜)が振替休日となり、
為替相場の状況も強烈に広いスプレッドだったり、
テクニカルが効きにくい謎の状況でした。
(国内口座のポンド円で、スプレッドが常時15PIPS開いててビビりました)

国内FX業者でも26日(月)は取引時間を短縮するところもありました。
(GMOクリック証券は15時にCLOSEでした)

こういったFXトレードをしていくのに必須の事前情報は、
常にトレードする前の1日の最初に情報サイト等でチェックしておくのがいいです。

参照:FX口座開設おすすめ会社と為替相場情報サイトまとめ

なぜクリスマス休暇時期は相場が閑散とするか?

クリスマス前後の為替相場でボラティリティがでにくいのは、
欧米の多くの地域がクリスマス時期をホリデーシーズンとしているからです。

大口の実需筋や、機関投資家トレーダーも休暇を取ってる場合が多いわけですね。
(企業の稼働が止まっていることがポイントです)

個人トレーダーもクリスマス時期は休んでいることが多いです。

為替相場のボラティリティが出にくいのを皆知っているので、
あえてトレードしないで休んでいるトレーダーが多いわけです。

みんな休むから、余計に動きにくい相場になるということですね。

fxクリスマス相場

上記はユーロドル日足の今年のクリスマス時期を赤丸で囲みました。

その前後と比べて明らかにロウソク足が小さいのがわかります。

年末年始の相場状況とトレーダーの過ごし方

クリスマス相場が終わり、12月26日から相場は動き出してます。

クリスマス時期から年末までは、
比較的低ボラ相場が続く印象があるので、
個人的には時間足を落として短期トレードを中心にしています。


年末年始の為替相場状況は、
比較的閑散相場であるとことが多いとされていますが、
ここ近年の個人的な印象では、けっこう普通に動いているな、と感じています。

特に新年正月早々で仕掛けてくる欧米のトレーダーは多く、
元旦からチャート状況を見ていく個人トレーダーが僕のまわりでは多いです。

というわけで、
大晦日までがゆったり気分で元旦からやっていくぞ!という感じですね。

ここ最近の僕の個人的状況ですが

このFXブログで下書きにしたままいつか書こうと思ってた記事がたくさんあったので、
クリスマス時期くらいまでに一気にババーッと書きあげました。

以下の記事達です。

といった感じで書きました。けっこう書きましたね。
よかったら見てやってください。


家族も冬休みで、子供を公園に連れていったりしました。

公園で子供と遊ぶ

近所だけどちょっと遠い未開拓の公園に、下の子供を連れていきました。

僕が住んでる東京でも、住宅地には良い公園がたくさんあります。


あと、知人と男だらけのプチ忘年会も。

池袋サンシャインからの夜景

池袋サンシャインの展望レストランで。
「天空の庭 星のなる木」というお店にご招待いただきました。

天空の庭 星のなる木

立派な景色に、素敵な装いのお料理。

天空の庭 星のなる木刺身

上品なコース料理をいただきました。

たまにこういう場所に来ると、リフレッシュできますね。
サンシャイン59階からの夜景を見ながらの食事は、さすがにいい感じでした。

今年はけっこういろいろな忘年会に参加させていただきました。
いろいろ高級なところにもご招待いただいて、恐縮です。


そして、12月28日に家族は嫁さんの実家に帰省。
僕は羽田空港まで車で送り届けて、年末年始はおひとり様。

気兼ねなくトレードとご近所居酒屋に専念したいと思います。

あと、大晦日は格闘技イベントRIZINをテレビで見ます。

桜台スタイリス焼鳥

一昨日行った近所の焼き鳥居酒屋にて。

この店は、風情を感じたい時に深夜一人でよく行きます。

ネパールの方がやっておられるのですが、とにかく昭和テイストを感じます。

こないだ深夜1時過ぎに、女性(ネパールの方)が仕事上がりで、
お店の2階から寝ている子供を抱っこしておりてきて帰っていかれたのをみました。

みんなそれぞれの状況で頑張っているんだなぁ、と思いました。


大晦日を一人で過ごす時に行く近所の渋い居酒屋があります。
マスターの爺さんとパートの女性の方数人でやってる店。

いつもはサラリーマンで満員になってるんですが、
毎年大晦日は客足も少なく、マスターの爺さんがひとりでやっておられます。

東京に大晦日いる時は、この店にいきます。

マスターの爺さんに対応してもらっていると、
何とも言えない昭和的な風情を感じていいんです。

明日夕方くらいに行って、帰ってきてひとりで格闘技見ながら年越ししたいと思います。


皆さん、よいお年をお迎えください。

ではでは。