NHKクローズアップ現代「ネット広告の闇」凄かった!解説動画

2019年1月22日(火)にテレビ放送された
NHKクローズアップ現代「ネット広告の闇」を見ました。

当FXブログもFX商材レビューをやっていたりしますし、
内容的にも興味あったのでチェックしていたのですが…

これがまた、なかなかかなりエグイ内容でした。

ネット広告の闇NHK
僕としては、これはこの番組の中身や感想をお伝えするのはけっこう重要だなぁ、と思いました…。
すでに番組放送から2日以上たってしまっていますが…

こちらをクリックして確認する 不動修太郎の大暴落FX
FX暴落手法ボタン
当ブログのメルマガからクイズに答えて、ナオトからのプレゼントを!
※この無料案件の募集期間及び、当FXブログからのプレゼントは期間限定となります。 登録はお早めに。
プレゼントに関する解説記事は、こちらをクリックより

番組放映前からSNSでちょっと見かけていたのですが、
この「ネット広告の闇」専用WEBサイト?で口コミを募集してたり、
ツイッターとかで話題になってたりしてて注目していました。

実際の番組を視聴したところ、
ネット広告のフェイク広告(勝手に芸能人とか載せる等)を中心に、
情報商材の闇に触れてる感じが凄かったです。

参照:NHKクローズアップ現代「ネット広告の闇」公式

クローズアップ現代「ネット広告の闇」番組の内容

クローズアップ現代が始まる前の21時台のNHKのニュースでも、
ネット広告に関する話題が取り上げられていました。

よくある「この後のクローズアップ現代で更に特集します」というやつですが。

そして実際にクローズアップ現代「ネット広告の闇」を見ました。

フェイク広告
フェイク広告から始まって、情報商材販売の闇に切り込んでいった感じです。
明らかに、番組制作側の意図が伝わってきましたよ。

以下の感じの内容でした。

  • SNSでのフェイク広告の話
  • 芸能人等の画像が無断で広告に使用され、その芸能人が薦めたように無断掲載されている問題に関して。

  • ネット広告の管理体制のずさんさ
  • facebook広告等でもフェイク広告が表示されている。
    facebook運営側は目視とAIで広告をチェックしているが、フェイク広告が表示される現状には残念な感じとのこと。

    また、ネット広告の配信元会社(放送されたケースは、大学生が運営していた)も、広告作成者が勝手にフェイク広告作成してたからわからない、という主張。

  • 誇大で嘘の情報商材商品販売の話
  • 元関係者が暴露。1案件で10億円とか売りあがっている状況等を。
    運営幹部は、高層マンション最上階に住んでたりランボルギーニ乗ってたりとバブリーな感じとのこと。

  • 恰幅の良い中年男性K氏の商品の問題
  • クレームが多くて問題になっているという情報商材の販売をしていたK氏に直撃インタビュー。
    「盛ってる部分はある」とポロリ。

NHKの特集番組ということで、
世間的にも注目されていく可能性はあるかと思います。

フェイク広告のヤバさ

芸能人の画像が勝手に加工されて転載されて広告作成されて、
インスタグラムやFacebook等のSNSでネット広告が流されているという。

閲覧者は嘘の情報(芸能人が薦めてると騙されて)を元に商品を購入してしまい、
後々でフェイク広告だったことを知って後悔するというパターン。

以下のようなリアクション画像は、転載して使用しやすいということで。
マツコデラックス
当然ながら肖像権・著作権の侵害にあたり、損害賠償請求の対象となるわけで。

SNS運営側も管理しきれてないのがヤバいですね。
掲載したSNS運営側にも責任あるわけなので。

また、広告配信を一括している会社があったりするんですが、
そういった会社も大手から個人まで本当にピンキリで、
番組の中ではなんと関東の大学生が運営している会社代表にインタビューしていました。

「広告作成者側が勝手に作ってるので」という言い分で、なかなか危険な感じでした。

情報商材販売の極端な話

また、番組では情報商材販売で誇大広告過ぎる部分も注目。

当ブログで取り上げているようなFX商材ではないのですが、
お金を稼ぐ方法を教える情報商材(塾みたいなサービス)で、
「断定的に稼げる」といった広告文に問題提起していました。

情報商材の闇
断定的に「稼げる」という言い方は、閲覧者に誤解を生みます。
購入後に本当に100%確実にそうなるのであればいいのですが。

NHKクローズアップ現代詐欺
稼ぐ方法のネットビジネス系の情報商材では、よく見かける文言ですが…

番組では、以下のような「スマホをタップするだけで稼げる」サービスを例として紹介。
ワンタップで稼ぐ転売
ちなみに、以下がその販売ページとなります。
参照:Tap is Money!
(募集終了となっていますが、サイトは現状閲覧できるようです)

この情報商材の内容なんですが、
スマホをタップして「商品転売」するノウハウだったようです。

まぁ、それで利益が上げられればいいと思うのですが、
あんまりそうもいかないような内容だったそうです。

恰幅のよい中年男性K氏とは?

また番組では、「稼ぐ方法を教える塾」みたいな情報商材を販売したが、
あまりにクレームが多いという販売者及び動画出演者に直撃。

「恰幅のよい中年男性K氏」ということでしたが… (番組内の表現)

この番組「ネット広告の闇」に出演してコメントしていた東京リプラス法務事務所のサイトでは、以下の記載がありました。

上記のおふた方ともに、恰幅のよい中年男性ではありますが…
うーぬ…

思ったこと

僕自身、こういったFX商材をレビューするブログをやっているので、
情報商材販売に関することもかなり詳しくなってきました。

数を売るために極力「盛って」「話を大きくして」「より稼げるイメージ」を
植え付けるように広告文を作成する情報商材が多いのを知っています。

そして、
フェイク広告の作成者も然りなんですが、
「みんなやってるからこっちもやっちゃえ」的なノリがガンガンでてたりもします。

その挙句に、こういったNHKの番組で取り上げられる悪質なものが登場している状況で。

特に番組で取り上げられていた1案件10億円とか売り上げるような情報商材販売は、
売り上げが大きいからダミー会社つくってそこを販売特商法に掲載し、
ヤバくなったら倒産させて逃げちゃう的なやり口もしてるという風の噂もチラホラと…

ハナっから購入者に価値を提供する気持ちの無い商品販売は、詐欺で犯罪だと思います。

また、
明らかな広告文の捏造や悪意を持った違法の権利侵害も悪質ですし。

FX商材でもその他のジャンルの情報商材でも、
きちんとノウハウやサービスを提供しているものも確かにあるので、
全てが悪として排除されてしまう前に、きちんと浄化してほしいものです。

ネットユーザーはどうしていくべきか

まず、きちんと情報を精査するしかない現実はあると思います。

そしてお金を払って商品購入するのであれば、
しっかりと内容を吟味して検討していくと。

別にインターネット販売じゃなくても、昔からまがい物の悪徳商品とかはあるわけで、
それを情報リテラシーもって選別していくのも自己責任での買い物だと思います。

まずはきちんと調べて、そのうえで検討すると。

ただ、明らかに無茶な広告文はヤバいと思いますので、ご注意ください。

FXはきちんと利益が出せる投資サービスだからこそ

よくわからないワンタップで巨額が稼げるみたいなサービスと違い、
FXは明確に利益が出せることがわかっている投資商品です。
(逆に損失を出してしまうこともあるわけですが)

だからこそ、しっかりと知識やスキルの習得に自己投資する価値があるジャンルだと思います。

FX商材を購入検討する際にも、しっかりと経験者のレビューを参考にしていきましょう。

参照:FX情報商材検証レビュー