ナオトのトレードスタイルとスタンス(個人的メモ)

僕自身の生活状況と合わせて、日々のトレードスタンス・スタイルをメモします。
あくまで個人的なメモなので、あしからず…


育児・家事との兼ね合いある生活状況により、雑多な中でのトレードスタンスをメモしていきます。

  • チャートチェック・相場分析
  • 欧州タイムまでにチャートチェックして相場分析しておく(トレードプラン立てる)

  • 重要経済指標発表時
  • 相場が動く重要経済指標は、基本的にリアルタイムで見る。
    指標発表後の動きに乗るなら、早めに逃げる。
    (明確に抜けないうちで反転リスクあるうちは早めに逃げる)

  • 午後15時以降でトレードチャンスを見ていく(基本)
  • 欧州タイム以降の動きを狙っていく(日足・4Hレベル)

  • ロンドンフィキシングでトレード終了
  • ロンドンフィキシング後は、基本的に新規ポジション持たない。
    低ボラリスクあり。

トレードルール

日足・4Hで環境認識・相場分析して30Mでタイミング取ってトレードしていく。

  • トレンドフォロー
  • パーフェクトオーダーを意識。
    押し戻り:フラッグ・BOX・トレンドラインブレイク

  • トレンド反転(HAS・Wトップ、Wボトム)
  • ずっとトレンド続いた後のレンジで狙う。日足・4Hレベルをメインに。

  • レンジ相場
  • 日足・4Hのレンジ上下限のライン上のみで短期足で反転チャートパターンでたら。
    早めに逃げる。(フィボ38.2-50まで)

エリオット波動3波、5波を狙っていく。

基本トレード手法の手順おさらい

月足・週足でラインを引き、日足で環境認識(トレンドかレンジか)

  • トレンドフォロー(日足がトレンド)
  • 1h・30mで押し目買い戻り売り(日足・4Hの1σ・13ema・21maでのトレンドライン抜け、パターンで)

  • トレンド反転
  • トレンドが継続した後の天井底値圏でのレンジを見て
    日足・4Hレベルのダイバージェンス・反転チャートパターン、ラインを根拠に。
    トレンド反転成功したら、押し目戻り目狙いに切り替えて50%まで。

  • レンジ相場での上下トレード
  • 週足・日足・4Hが明らかなレンジ相場で、上下ライン引けるBOX相場で。
    2点目以降の2σ越えで15M以下の短期足パターンみて。

トレンドフォロー手法のメモ

  • メイン時間足の21MAについていく
  • 日足・4H・1H、それぞれの21MAをベースにトレードしていく
    短期足に落として、入りやすい形状の時間足でトレンドフォローしていく。
    (雲、MAの位置)

コメントは受け付けていません。