2022年6月17日(金)日銀金融政策決定会合・政策金利

2022年6月の3週目は各国の政策金利発表だらけ。

2022年6月17日(金)は日銀の政策金利もあり、注目。

経済指標カレンダー
経済指標カレンダーは「未定」とあるが、12時頃とされていた。

で、
午前中の早い時間から待機。

以下、出来上がったドル円チャート3面。
日銀金融政策決定会合・政策金利 ドル円
11:30前後くらいからドル円クロス円が動きあり。
クロス円揃って上昇。

ちょうど押し目になぅたので恐る恐る買い。
ドル円 15分足
11時45分頃の乱高下を超えて、「日銀、低金利維持」と報あり。

15分足形状としても下ヒゲで上昇圧力強い。恐る恐る再度買い。
→ 一度踏まれて-30PIPS含み損になり辛かったが、時間たって上昇して24pipsで利確。その後、更に上昇して上抜け。

日足でもちょうどサポレジ転換のあたりからで、ドル円・クロス円揃って上昇で根拠強い。
ドル円日足

12時前後に作った高値抜けで再度買い。
ストップ建値にして放置したら、すぐ切られてた。

日銀の政策金利、低金利維持

日銀は17日の金融政策決定会合で、現行の大規模な金融緩和政策を維持すると決めた。

米欧の中央銀行が利上げに動く中、
低金利を維持する日銀の金融政策との違いが意識され、
今後も円安基調が続く可能性がある。

景気の下支えを優先した判断だが、
生活必需品の値上げが相次ぎ、
家計の負担増が意識される中、
日銀の判断が批判を招く懸念もある。

とのこと。

今後、まだまだ円安方向の可能性が高い。

日銀 黒田総裁のバズーカ
ぶれない黒田総裁が、ある意味パネェっす。

世界の金融利上げ

お金は金利が高いところで運用した方が有利となるため、
円を売ってドルを買う動きが加速し、
円相場は6月には一時、24年ぶりの円安水準となる1ドル=135円台半ばに達した。」

日銀政策金利トレードと今後のドル円安方向の根拠を(2022年6月18日FX相場分析)

One Response to “2022年6月17日(金)日銀金融政策決定会合・政策金利”

  1. ドル円、再度の高値抜けで買い入れておくべきだったな。

    ただまぁ、週明けでもいいだろ。

    17日金曜は午後以降は出尽くしでドル円・クロス円のボラは低かった。
    ドルストレートはきれいに下げてたが。

コメントを残す

オガタナオト公式LINE

ナオトのFX情報LINEアカウント詳細は、以下をクリックより確認できます!


LINE@登録で、3種のFXコンテンツプレゼント有り!

ナオトの無料FXメルマガ(トレードロジック教材のプレゼント付き)

こちらをクリック


メルマガ登録で、ナオトが実践しているトレードロジック3種類の完全暴露プレゼント有。

是非ご登録ください!!