2018年6月最初の土日に、群馬県の北の方にキャンプいってきました!

先月もご近所家族たちとのキャンプは計画されていたんですが、
わが家は子供のお熱でドタキャンせざるを得ない状況となってしまい、残念。

そんなこともあり、リベンジキャンプをご近所家族が計画してくれての一泊二日となりました。

行先は北関東のホント北の方。
群馬県のみなかみ地域の猿ヶ京温泉オートキャンプ場で。

参照:まんてん星の湯オートキャンプ場WEBサイト

お土産付きでしたが、なかなか楽しいキャンプになりました。

猿ヶ京温泉キャンプ場
今回のキャンプは、ご近所のエーちゃん家族との2家族で。いつもお世話になっております。
わが家の4名(僕・嫁さん・長女・次女)とエーちゃん家族の3名(エーちゃん・奥さん・娘)の合計7名キャンプとなりました。

東京練馬区から北関東の群馬みなかみ町あたりまでは、けっこうな移動距離。
高速通りで前橋超えて赤城山超えてって感じで。

家族ごとに個別で出発して、赤城高原サービスエリアで待ち合わせる流れでした。
(我が家の出発がいつも遅れ気味なので… 汗)

赤城高原サービスエリアは見晴らし良い

関越道も渋滞なく進み、赤城高原サービスエリアに約束の12時集合までに間に合って到着。
ここまでくれば、目指す猿ヶ京温泉オートキャンプ場まであとちょっとという感じ。

赤城高原サービスエリア(上り)は、奥に見晴らしの良い公園があって、
赤城山周辺の山々を眺めるのによい感じでした。

以下のような公園です。後ろ姿は次女さん(4歳)。
赤城高原サービスエリア
赤城高原というだけあって、すでに標高けっこう高い感じ。
日差しもきつくて暑い感じでした。

けど、高所なので風もそれなりに爽やか。(暑さの方が勝ってましたが)
山々がキレイです。
赤城高原SA
参照:赤城高原サービスエリアWEBサイト

実は学生時代に群馬県住んでた時期があり、赤城山とかよく行ってました。
走り屋の車全盛の時期(イニシャルD系)でしたが、僕は普通のワゴンタイプで赤城山を走ってました。
煽られる煽られる。

そんな赤城高原サービスエリアからの景色は以下です。
赤城高原サービスエリア景色
そんなこんなで赤城高原サービスエリアでダラダラ過ごしてから、猿ヶ京温泉キャンプ場へ。

猿ヶ京温泉「まんてん星の湯」湯島オートキャンプ場

群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉という住所にある「猿ヶ京温泉」は、
けっこう標高高い場所にあって爽やかな風を感じられる感じ。

「まんてん星の湯」という日帰り温泉施設があり、
そこの湯島オートキャンプ場という施設を使ってキャンプしました。

6月上旬の土日ながら、東京近郊のキャンプ場よりだいぶ空いてる感じ。
早速テントをたてました。
湯島オートキャンプ場
右側が我が家のテントで、左側が新しく導入されたタープ(エーちゃん家が導入)。

釣り堀池もあり、釣った魚をくれるという。
子供達が早速つってくれました。(有料)

釣れたマスは、一匹300円でした。炭火で焼きます。
釣り池
マス焼き、おいしかった!

そしてガンガン呑んで焼いて食べてを繰り返すのがキャンプの醍醐味。
ローストビールも焼いていきます。
BBQ
他にも色々焼いて食べました。

そして…

夜はふけていきます…
焚火BBQ
最後は薪をくべて焚火BBQとして。

猿ヶ京温泉のキャンプ場、標高高いから夕方からメチャ寒くなっていきました。

焚火が無いとマジきつい!!!
厚着しても寒いし…

更に!!

なんとエーちゃん家族は寝袋を忘れちゃったとのこと。
ありあわせの毛布を掛けて寝るとのこと。

そんな感じで一夜が明けました。

小川で水遊びも

超寒い夜が明け、テントの外も霜が降りて水浸しでした。
車も霜が凄い。

でも、だんだんと日差しと共に気温も上がるのが標高高い場所の特徴ということで。

キャンプ場横にある小川で水遊びしました。
水遊び
次女(4歳)も水着に着替えて川遊びです。

ちなみに長女達も水遊びを一生懸命やってました。

小川で水遊び
小川はサラサラ流れてるんですが、段差があって足取られて転びそうな感じ。
逆に水遊びには最適な感じの浅さでした。

わが家の家族
気温も上がって色々乾いて、テントもしまって、木陰でくつろぐ我が家の方々。
木陰はちょうどいい感じですね。

見晴らしもよくて緑がたくさんでいい感じのシチュエーションでしたね!

まんてん星の湯がよかった!

キャンプ場でなんだかんだでお風呂入れなかったので、
(19時まででお風呂の営業が終わってしまう。ちなみに無料温泉)
帰りにまんてん星の湯の日帰り温泉に寄りました。

これがまた大当たり!

温泉も見晴らし良い感じで素敵だし(レイクビュー)、
風呂上がりの食堂もテラス席がちょうどいい感じの眺めと気候でよかったです。

テラス席は以下の感じで。レイクビューがいい感じです。
まんてん星の湯
ゆっくりして、帰りました。

このまんてん星の湯の日帰り温泉施設つかって、まわりの宿に素泊まり溶かしても楽しいかな、と思いました。

ちょっと切ないお土産が…

そんな感じで帰京したのですが、(帰りの関越道で渋滞はまりました)
なんと!!キャンプ場でブヨに刺された左手と両足が超腫れてきました。

ちなみに左手は以下の感じで。(わかりづらいですが、だいぶ腫れてます)
腫れた手
小指の根本あたりに2カ所刺されてました。
あと、足も両足刺されて痒い痒い。

腫れがひどいので、翌日皮膚科に。塗り薬と飲み薬をもらいました。

なんと参加者で他2名もブヨに刺されて腫れて薬漬けに。

また、寝袋忘れて風邪ひいた方も…

ちょっと切ないお土産付きでしたが、シチュエーションもよく景色も素敵でよかったです。

今後はブヨと寒さに気を付けていきたいですね。

そんな感じの感想でした。