2018年4月某日に、上野方面エリアで飲み会に参加したんです。

だいぶ時間も遅くなったんで、タクシー相乗りで帰ろうとしたんですが、
最終的に僕が駒込付近でひとりになったんで、
そういえば駒込に行ってみたいサウナスパがあったなぁ、と思い出して駒込で下車。

駒込のロスコというサウナスパに深夜いってみました。

参照:駒込ROSCO 公式ページ

駒込ロスコ
駒込ロスコの公式サイトを見ると、だいぶキレイで新しい施設の感じを受けますが、
実際はいい感じの意味で昭和感溢れる情緒を感じる建物になっててグーです!

タクシーで思いっきり駒込ロスコの前に着けてもらい、
既に時間は深夜1時半を過ぎていたのですが、
それでも飲み足りない僕は、この時間でも空いてるお店「駒込食堂じみち」にイン。

更に飲み食いしてから、サウナロスコに入りました。

駒込食堂じみちも場末感満載で楽しい感じ

深夜にインした「駒込食堂じみち」ですが、
どうやらロスコがグループ経営してるお店みたい。

とりあえずホッピーセットと冷奴をオーダー。
あと適当になんか頼んだはず。(記憶があいまい。たぶんもつ煮を頼んだ。)

駒込食堂じみち
冷奴とホッピーでひとり2次会を。写真右側に写り込んだ風情のある光景も。

ホッピーをガンガン飲んで、適当に食べて、更に泥酔。

隣に座られたお食事のみのおじさんのお客さんとちょい話したような記憶も。

駒込食堂じみちは、安くもないけど高くもなく、
その昭和の場末感を感じる体験価値を考えれば、納得がいく感じでした。

ロスコのサウナは寝ころべていい感じ

ほどよく泥酔したところで、ロスコにインしました。
サウナ入ってからの珍しくカプセルホテルで泊まることに。

建物がいい感じで昭和です。

ところどころ昭和感満載なんですが、きちんと掃除されてる感じ。
さすがに池袋某所のサウナスパと比べると、普通に楽しめるキレイさでよかったです。

深夜の時間帯だったので、露天風呂は使えず残念。

サウナ室はかなりの高温でドライな感じ。
寝ころべる感じのリクライニング的なサウナ室のつくりがユニーク。

サウナと浴室は広くはないけれど、空いてるんで充分なスペースかなと。

水風呂もそこそこの温度(19度くらいかな?)で、水質がいい感じで入りやすい。
2人入ったら満員の水風呂ながら、空いてる時間帯なのでまぁよしと。

ロスコは天然地下水を使っているらしく(いわゆる井戸水か)、水質が確かに良い感じ。
水風呂の肌触りもいい感じでした。

駒込ロスコ
上記は公式サイトから。
サウナ後の休憩スペースが特にないので、なんか適当にそこらで休憩する感じ(笑)
まぁ、しょうがないか。

日常的に気軽にこれる距離にあると、色々楽しめそうな印象でした。

カプセルホテルに泊まってしまったが

だいぶ呑んじゃってたんで、カプセルに泊まりました。
コンセントもあって、便利。

また、チェックアウト時間も自由なので気楽。
(多くの朝までサウナスパは、朝9時とか辺りでチェックアウトになる)

けっこうカプセルガラ空きな感じでした。平日だからそりゃそうか。
(ちなみに思いっきり平日に泊まってます。)

朝定食が渋い

朝カプセルで目覚めて、ロスコの建物探検を。

食堂があったので、思わず朝定食をオーダー。
税込み562円。以下の感じで。
コスコ朝定食
朝定食はサバの塩焼きとのことでした。漬物が一切れなのが場末感満載で。
ちなみに納豆はつかなかったような記憶があります。

渋い感じでこれまたグー。

もう一回サウナと風呂入ってからでようと思いサウナはいるも、
朝の清掃時間とぶち当たり早々に上がりました。

駒込駅からすぐのロケーションにウケタ

ロスコをでると、駒込駅がすぐでした。
徒歩1分くらい。こりゃ近い。

駒込サウナロスコ
朝チェックアウト後にロスコの前で。

呑んで泊って、朝サウナと風呂でスッキリして帰る感じだとベストかな、と。

山の手線のここら辺で飲んだ日は、思い出したいと思います。

またまたロスコにいきました…

2018年11月某日に、所用で近くまでいったので思わずロスコに宿泊してきました。
いや~、駒込の街の感じも好きだなぁ。

まずは駒込駅前の居酒屋「かぶら屋」でチョロッと。
駒込かぶら屋
かぶら屋は都内に何軒かある居酒屋で、焼鳥やきとんと黒おでんが特徴。黒おでん好きです。

かぶら屋でけっこう呑んで出来上がってから、ロスコのグループ店の「食堂じみち」へ。

駒込じみち
じみちの店内です。今日はカウンターの奥角をいただきました。

じみちサイン
目の前にはサイン色紙が…

じみち鍋
じみちでは、鍋が季節柄あったので、オーダー!

じみち湯豆腐
僕の選択は湯豆腐鍋です。かぶら屋で既にお腹いっぱいだったので。
それでもオーダーするのが僕のスタイル。

なんか疲れていたのか、呑みすぎか、カウンターでちょっとウトウトしてしまいました。

さすがにアレなのでロスコへ移動。
カプセルホテルの宿泊にして3240円のリーズナブルプライスでいいなぁ。

疲れが出て、お風呂も入らずカプセルホテルで寝てしまいました。
朝起きてからお風呂とサウナに入りました。

ロスコのwifi
ロスコは携帯電波が厳しいのですが、Wi-Fiも提供されててよかったです。

また今度はもうちょっと疲れてない時にゆっくりサウナとお風呂を味わいにきたいです。
渋いロスコは、なかなか好きだなぁ。

2018年12月某日にまたロスコに行ってしまった…

軽く呑んでから帰り途中に駒込駅で降りて、
また駒込ロスコに行ってしまいました。

まずは食堂じみちから。23時過ぎくらいかったかな。
梅キュー
梅キューとホッピーセット(白450円)をオーダー。
12月の忘年会シーズンということで混んでました。

予約席
カウンターの端っこは、「予約席」となってて座れず。
ただ僕が店にいた時間は、予約者は現れず…

じみちの梅キュー
梅キュー(280円)

既に食事してきてけっこう腹パンだったので、つまみ程度と思いつつ…
湯豆腐
また湯豆腐をオーダーしてしまう。560円だったような。

ホッピー中を3回くらいお代わりして、ロスコの方にイン。

風呂とサウナ入ってから、またお食事コーナーの食堂で呑み食べ。
ロスコの食堂
冷奴(310円)とチューハイ(400円)

おいしそうだった特製マーボー豆腐(560円)を思わずオーダー。
麻婆豆腐
すでにかなり暴飲暴食気味だったが…

マーボー豆腐、ピリ辛でおいしいです。山椒ついてるのがうれしい。
ロスコのマーボー豆腐
深夜に、食べまくりでした…

ロスコのお食事コーナーは食堂じみちとメニュー一緒だから、
最初からロスコ入って風呂入ってからそこで飲み食いすれば良かったと思った。

飲食を2回に分けることで、より暴飲暴食が進んでしまったから…

この日もカプセルに泊まり。
カプセル泊りは3000円税抜きで良心的価格。
しかも12時チェックアウトで時間もゆっくりできる。
ただ僕は、12時半くらいになって1000円延長料金払ったが。

ロスコ、昭和感がヤバくていいなぁ。駒込って場所も風情を感じていいですね。

駒込を通ったら、降りてしまう病が…

2018年12月年の瀬の某日、JR山の手線駒込駅を通ったので思わず下車。
またロスコに行ってしまう。(終電前なので全然帰れたんですが!)

年の瀬ってことでね… 今年何度目かのひとり忘年会(おそらく1日ぶり三度目くらい)

駒込は有名な庭園もあって、下町感もあって風情を感じるいい街。
ただ、夜23時以降の飲み屋の選択肢は限られていて…

今夜は日高屋でちょろっとおひとり様飲みから。
日高屋でひとりのみ
冷奴と三品盛りと瓶ビールから。
このあと餃子とハイボール、サワー系をガンガンいってしまった。

その後、ロスコへイン。
今夜は食堂じみちに行かずに風呂サウナ入ってから、ロスコの食堂で飲み食べすることに。

ロスコ内の食堂も、(食堂じみちと連動してるようで)24時間やってるんで超便利。
アルコールもフードもいつもガンガンきます。

で、湯豆腐、麻婆豆腐、瓶ビール、ホッピーセット(中を3回お代わり)で深夜3時くらいに就寝。

翌日朝10時半頃にゆっくり起床。
和定食
まず食堂に再び行って朝定食(和定食)を。

ロスコの食堂カウンターには、コンセントもあります。
ロスコ食堂コンセント
これは嬉しい。
ロスコはWi-fiも飛んでるので、エンドレスでスマホをいじれると。(要充電器)
朝、となりでマックブックPC開いてるおじさんもいました。ホッピー飲みながら…

ロスコは24時間呑めるし、風呂サウナも入れるし、寝れるし、本当にダメになりたい時に行くには最高ですね。
昭和の風情も感じますし。

ゆっくりと11時半にチェックアウト。(カプセルホテルプランだと、12時まで滞在可能)
駅の看板
駒込駅でも、ロスコの看板が。

駅のホームからもロスコが見えます。
プラザ駒込
プラザ駒込の看板の下に、ロスコの看板も見えます。
ロスコの以前の名称がプラザ駒込だったみたいですね。

また来年もチョイチョイ来たいと思うスポットです。