FXでは無料で利用できるインジケーターもあれば、
有料で販売されているインジケーターやEAもあります。

有料で販売されているからには、
販売者側にもそれなりの根拠と効果があるものですが、
実際にトレードで成果があがるかは利用してようやく判断できるものです。

しかし、FXの有料商材の価格は基本的に数万円からで高額です。

おすすめの有料FX商材だとしても極力自分のトレードに
良い影響を与えてくれる商材を購入したいものです。

今回は有料インジケーター、EAの購入前の判断方法を簡単に解説します。

有料おすすめEAインジケーター


FXの有料商材を購入するのはインジケーターや自動売買ツールだとしても
チャート検証の一環として認識していれば無駄打ちしないように感じています。

購入後に検証し実際のトレードで利用できないEAやインジだったとしても、
その商材の裏側にあるトレードロジックまで学べたとしたら、
ひとつのトレード手法の検証にはなったということです。

そういう視点でも商材検証をしていくことをおすすめします。

有料インジケーターEAの購入前判断方法

インジケーターやEAを有料で販売していくということは、
「これまでに無い勝率や安定したロジックに基づいた商材」ということです。

勝率や安定の部分はエントリー判断基準の効率化だったり、
様々な要素で打ち出していくことが可能です。

購入を検討するユーザー側は、
「よりトレードに効果がある商材」として検討します。

そこで有料インジケーター、EAを購入前判断に以下の部分に注目します。

  • バックテスト結果の掲載
  • フォワードテスト結果の掲載
  • 掲載されているテスト期間の長さ

バックテスト結果の掲載

インジケーターEA商材はMT4のストラテジーテスターを利用した
バックテストの結果を掲載しているかどうかが重要です。

MT4ストラテジーテスターでのバックテストは、
実践すればすぐに結果がわかるものですし、
明確な成果を表示させるのに役立つ機能です。

販売者側としても商材の効果を立証するのに便利な部分です。

このバックテストの結果「ストラテジーテスターリポート」は、
バックテスト後にMT4でHTMLでそのまま表示されます。

サイトやセールスレターに表示させるのも、
HTMLでそのまま埋め込むこともできますし、
画像にして掲載することもできます。

このバックテスト結果が掲載されているかどうかをまずみていきます。

フォワードテスト結果の掲載

過去チャートで検証するバックテスト結果に対して、
未来の動いているチャートで検証するフォワードテストの結果も着目します。

EAやインジケーター商材は実際のチャートでの効果が重要です。

実際にどう動くかわからないフォワードテスト結果が掲載されている商材は、
掲載されていない商材よりも販売者の良心的な対応が期待できます。

掲載されているテスト期間の長さ

EAやインジケーター商材は精度が命です。
特に自動売買で利用するEAは、長期間運用での成績が重要になります。

バックテスト、フォワードテストの結果が記載されていたとしても、
そのテスト期間がどの程度の長さで実施されたのかも着眼します。

EA商材は長期間のテストになればなるほど、
相場のノイズが影響してきます。

  • リーマンショック
  • 東日本大震災
  • オバマショック
  • バンカメショック

為替相場に影響を与えるような大きなニュースは、実はけっこう起こっています。

EA自動売買で利益が上がっていたとしても、
インジケーターシグナルでうまくトレードできていたとしても、
相場のノイズと言えるニュースで連続ストップロスになる期間があれば、
トータルの成績も厳しくなる可能性があります。

そういった部分も加味して、
ある程度の期間でテストされているEAインジケーターかどうかは重要です。

FX商材は必要に応じて検討すべし

有料のFX商材の中でも特にEAやインジケーターはどんどん発売されてきます。
切り口を変えることで、複数の商材を作成しやすいからです。

また、

FXというお金儲けをするジャンルにおいては、
なるべく楽に利益を出したいと考えるのが人間の本能です。

「できれば自分で考えずに機械的にトレードして楽に儲けたい…」

エントリーやイグジットの選択をEAやインジケーターに任せることで、
頭を使って選択するというストレスから解放されるのです。

これは決していけないわけではないのですが、
完全にツールに他力本願になるとトレードの実力は伸びにくいです。

EAやインジケーター商材を購入しても、
その裏側にあるエントリールールを検証することをおすすめします。

精度の高いEAやシグナルを出すインジケーターも存在はすると思いますが、
人生もトレードをやっていく道のりも長いです。

じっくりと自分自身にとって必要だと思える商材を自己投資していきましょう。