FXでポジションエントリーした途端に「逆方向に相場が動く」のは、
正直よく有る悲しい状況です。

エントリー直後のちょっとした値動きでの含み損は日常的なのがFXです。

それでも相場が思った方向と逆に動くのは切ないです。

エントリーチャンス自体が押し目買いだったり戻り売りが多いので、
しっかりとチャートパターンを把握してトレードルールが固まるまでは、
思わず底値や高値掴みをしてしまう悲劇は誰にでも経験あるものです。

こういった悲劇を経験している頃は、
ポジションエントリーするとドキドキすることもあるかと思います。

このドキドキ感もFXトレーダーは初期に誰しもが経験します。

しかしなぜポジションエントリーするとこのドキドキ感を感じるのでしょうか?

その答えは「エントリーに自分の中での根拠が固まりきっていない」からです。

fxエントリー根拠


本来のFXトレードはしっかりとエントリー根拠を持ち、
ポジションを持ったらストップロス(逆指値)を設定し、
トレードルール通り目標数値までどっしり構えていくべきなのです。

エントリーしたら逆に動く時のメンタル

とは言え、誰しもが含み損を抱えている時間は少なくしたいものです。

マイナスを抱えながら時間を過ごすよりも、
プラスになったポジションを保持しながら
どこまで利を伸ばせるかを考える方が当然に精神的にも楽です。

エントリーしたらすぐにストップロス(逆指値)を設定して、
損切りでの損失金額を明確にすることでメンタル的な負担も軽減します。
(見通しがわかると精神的に楽です)

エントリー後もできる限りメンタルを通常通りに判断できるようにしていきます。

ポジションエントリーした後に相場が逆に動くことが多いのであれば、
トレードルール含めてエントリー精度をもっと高める必要があります。

そもそもエントリー根拠がしっかりしていれば、
自信をもって利益確定(もしくは逆指し)まで待てばいいのです。

値動きが逆に動いてストップロスにかかった時には、
実施しているトレードルール通りに次のチャンスを狙います。

損失分を取り戻そうとして焦ってエントリーしてもロクなことがありません。

エントリーの根拠を突き詰める

エントリー後の精神的な動揺を防ぐには「エントリーの根拠を突き詰める」ことです。

チャートパターンを理解してトレードルール通りにエントリーしていれば、
あとは自信を持って値動きが目標箇所に到達するのを待つばかりです。

エントリー後に値動きに動揺してドキドキしてしまうのは、
エントリー時の根拠が希薄で自信が無いからという部分があります。

なかなかいきなり自信満々でエントリーして待つのは難しいですが、
長期的にFXトレードを継続して実力をつけていくとチャートが見えてきます。

チャートパターンの中で自分の勝ちパターン通りにエントリーし、
勝つべくして勝つトレードルールをどれだけ再現できるかです。

その為にも、FXの実力構築を継続していきます。

エントリー根拠を突き詰めていくのです。

ドキドキするのは実力不足

このようなことから、
エントリー後の値動きにドキドキするのは単にトレードの実力不足と言えます。

チャートが見えていない、エントリーポイントの判断に自信が無い状態ならば、
デモトレード最少ロットでのトレードをしていくべきです。

FXは短期間で爆益を出して勝ち逃げするものというよりも、
実力を構築してトレードを長期的に実践し利益を出し続けるものだと思います。

まずはしっかりと利益がだせる実力を構築することがおすすめです。

安定的に利益を出せないトレーダーは資金を溶かすだけです。

勝てるかわからないならエントリーすべきでない

FXは大切なお金を資金として参加する投資・投機です。
負ければ口座資本の証拠金が失われるリスクがあります。

お金は大切です。

本来は「勝てるかわからないならトレードすべきではない」ものです。

リアルトレードをしながら実力をつけるのも効率的に悪くないですが、
資金を溶かすリスクが大きい中でのチャレンジと自覚して自己責任でやります。

FXで常勝と呼ばれる勝ち組トレーダーの多くは、
相場の値動きやエントリー後の損益上下に一喜一憂する幅は安定しています。

そりゃ当然人間なので、含み損より含み益の方が嬉しいです。

しかし、そういった値動きによる資金の上下も、
FXトレードをやっていく中で当たり前に起こりうる状況として
予め予測して相場に参加しています。

「勝てるかわからないならトレードすべきではない」ことを徹底します。

それにより長期的に為替相場と向き合うことができるのです。
毎日ドキドキしていたら身が持たないのが現実です。
(そんな時期を誰しもが経験するかもしれませんが)

FXトレードとメンタルの影響

FXトレードは本当にメンタルに直結する部分があります。

自分の大切なお金を元にポジションエントリーするのは、
金額の大小関係なく緊張感があるものです。

その緊張感が良い意味でトレードに影響すればいいのですが、
トレード参入初期では焦った利益確定や損切りに繋がりやすく、
トレード結果が悪くなる方が多い傾向があります。

人間誰しもリスクを取って攻めるよりも、現状維持を基本に守る方に意識がいきます。

損小利大を追求する時の考え方にも通じますが、
FXトレードなどの投資・投機はリスクをとって攻めの事柄です。

メンタル管理をしっかりとすることにより、
リスク部分を最小限に抑えてトレードしていきましょう。