FXトレードの損切りルールとは?解説動画


FXにおける「損切り」とは、
マイナス収支になっているエントリーポジションを決済することです。

損切りという言葉自体は、FXトレーダーであれば馴染み深いとは思います。

既にお馴染みだとは思いますが、
損切りはいわゆる負けトレードで、損失を認めてポジションを決済する負けトレードです。

損切り

証拠金の損失となる損切りトレードは、当然ながら哀しみがあります。

ですが、
損切りトレードは長期的にFXをやっていくうえで必ず起こりうるものです。
その性質上、FXトレードの中で避けて通ることはできません。

というか、
この当FXブログを訪れてくださっている方であれば、
既に損切りの意味も重要性も理解されているとは思いますが…

利益がでる勝ちトレードと、損失を認める損切りトレードを繰り返しながら、
勝率と利益率でトータルでプラスを残していくのがFXトレーダーのやるべきことだと思います。

FXトレードにおける損切りルールを簡単に解説していきたいと思います。

損切りルール通りトレードしていく

「損切りルール」とは、エントリーしたポジションが
想定より逆に動いてどの価格まで含み損になったら損切りするかを、
予め決めたルールのことを指します。

損切りルール

損切りルールを予め決めてエントリーしていくことで、迷わず損切りできるわけです。
損切りするルールが曖昧なままでエントリーすると、塩漬けポジションになる確率が増えます。

「塩漬けポジション」とは、含み損を抱えながらずっと保有したまま(塩漬け)のポジションを指します。


そもそもトレードルール(ロジック)通りにトレードしていくのが基本的なFXの鉄則です。

長期的にFXでトレードして利益を残し続けていくには、
できるだけ裁量判断する箇所を少なくしていき、
これまでのチャートで過去検証済みの鉄板ポイントのみで
固いトレードを繰り返していくのが適切だと思います。

スキャルピング等の短い時間軸でのトレードだったり、
自身の相場観の比率高めで判断して裁量トレードしていく場合、
特にきっちりと損切りの判断基準を明確にしておかないと、
逆くった時に思わず塩漬けしてしまうことが多いです。
(僕自身も何度も経験していますし、現在も思わずしてしまうことがあります)

これは、
精神的(メンタル)な部分がトレードの冷静な判断の邪魔をしている場合が殆どです。

そういったトレードの乱れを予め防ぐ為にも、
エントリー時に損切りルールを設定したうえで、徹底していくのが大事です。

トレードルール(ロジック)通りにトレードしていくことで、
成績も利益の残り方も安定していくわけです。

fx損切り

FXをやっていくと、必ず損切りトレードは発生します。

多数の市場参加者がお金を増やそうと野心剥き出しで戦う為替相場は、
弱者を食い物にして損切りさせようと虎視眈々とあの手この手でやってきます。

市場参加者の心理は、常に流動していて相場は生き物となります。

そんな状況の為替相場では、思い通りに価格が動かないこともしばしば。

なので、
損切りトレードも長期的にトレードをしていると必ず発生します。

一回の損切りトレードが大損失にならないように、
予めトータルで利益の残るトレードルール(ロジック)を淡々と実践していくわけです。

損切りがなかなかできない理由

FXをやっている時に、人は、
精神的に損切りしたくないようにできてるようです。

人間は、損切りが嫌いなのです。

これは、心理学上の理論で証明されているものです。
「プロスペクト理論」です。

プロスペクト理論

プロスペクト理論は、人間の行動心理を表しています。
たくさんの実験データから、人間の心理傾向として証明されている理論です。

簡単に言うと「利益は早く確保し、損は先延ばししたい」という心理です。

含み益がでたら、早く利益確定したくなり、
含み損になっていたら、損切りしないで価格がプラスになるまで待ちたくなる心理です。

また、
含み損のポジションを抱えている場合に、
含み損を抱えているメンタルダメージに慣れていき、
イチかバチか価格が戻ってプラスマイナスゼロになるか、
それか、このまま含み損が増えて大損するか、どっちかに賭ける!

という破滅型ギャンブラーの心理状態にもなりやすいです。
(僕もかつてよくなりました)

また、
含み益のポジションを持っている場合にも、
元々伸びた含み益から価格が戻し、含み益が減った場合にも損した気分になります。
これにより、また決済できずに更に利益を減らしてしまう場合もあります。

こういった心理状態になることを「プロスペクト理論」で解説されています。

プロスペクト理論では、
損失が増えるよりも利益が削られる方が精神的な痛みを感じるとされています。

利益は早く確保したくなり、損失はできるだけ先延ばししたい、というものです。
(結果、損小利大のトレードの反対になってしまう)

こういった部分から、人間の心理状態は損切りが苦手にできています。

だからこそ、予め損切りルール(トレードルール)を決めて、その通りにトレードしていきます。
できるだけメンタルコントロールもしていく為です。

承認欲求によるポジポジ病への道

プロスペクト理論の他に、人間の本来の心理がトレードに向かない理由があります。

「承認欲求」の存在です。

人間はより何かに承認されたいという心理も理論的に伝えられており、
自分の存在や行動を承認される(褒められたり評価されたり)と嬉しいものです。

FXトレードでも、勝ちトレードをしたら「もっともっと勝ちたい」
損切りトレードをしたら「はやく損失を取り戻したい」となり、
どんどんトレードをしたくなる症候群があります。

これがいわゆるポジポジ病です。

このFXにおける承認欲求は、
為替相場に自分のトレードを認められたい、という心理からきていると思います。

ポジポジ病になるほかに、
含み損を抱えてるポジションを決済できない(損切りできない)状態にもなりがちです。

損切りできない理由のひとつでもあるので、是非覚えておきたいところです。


「隣の芝生は青く見える」という諺もあります。
常に承認欲求を満たしていきたい人間心理の本質をついているわけです。

そういった部分を抑制する為にも、損切りルールに基づいてトレードしていきます。

参照記事:FXにおけるメンタル管理とトレードルールを守る【超重要】
(こちらの記事も、トレードルールを守る観点からメンタル管理を解説しています)

損切りしないできないと地獄

損切りできないと、1回のトレードで大きな損失を出すことになります。

口座証拠金の大部分を失う強制ロスカットにもつながります。
こうなると地獄です。

1回のトレードで口座証拠金の殆どを失い、心も懐もボロボロになります。

必ず損切りルール・トレードルール通りにトレードしていき、
自分のメンタルをルール(理性・規律・秩序)で統制していきます。

人間は、感情が一番強い原動力となります。
それがFXトレードで悪影響にならないように制御していきます。

損切りにまつわる投資の格言が幾つかあります。

  • 「損せぬ人に儲けなし」
  • 損切りしないと、儲かんないという意味。

  • 「運を待つは死を待つに等し」
  • 含み損を抱えて、価格が戻るのを祈って待つのは死あるのみ。

  • 「見切り千両、損切り万両」
  • 迅速な損切りは、万両の価値があるという意味。
昔からこういった投資の格言があるわけです。
こういった部分もきちんと理解しておきましょう。

もともと人間は、損切りが苦手で、損小利大のトレードが苦手なようにできています。

トレードがうまくいかない時には、
グッとそのことを思い出してトレードを見つめなおしてみましょう。

破滅に向かうトレード手法もあったけど…

僕がFXをはじめた初期に、損切りしないで限界まで耐える手法「ヤンキートレード」がありました。

当時は僕も全く知識も経験も実力も無かったので、
こういったムチャなやり方をやっていたのですが、
今思えば完全に破滅に向かっています。

x破滅に向かって

まさに破滅に向かっていくトレード手法でした。

当時は日本国内のFX業者でも個人口座で最大レバレッジ200倍までいけたのと、
相場状況が緩やかな円安相場だったのが功を奏したわけですが。

強制ロスカットの損切りになる時には、
大体1週間くらい塩漬けでメンタル辛い地獄の日々を過ごしたものです。

こういうやり方で、ずっと勝ち続けるのは難しいです。

是非トータルで利益の残るトレードルール(ロジック)を習得して、着実に利益を残していきましょう。