FXにおけるメンタル管理とトレードルールを守る解説動画


FXはメンタル(精神的)管理が超重要です。

ある程度のFX知識とトレード経験を経てきたら、
自身のトレードスタイルを明確ににしていく作業をして、
その後は相場を通した自分自身のメンタルとの闘いになります。

自分のメンタルをコントロールできたら、FXでは安定して勝てます。

逆に自分のメンタルをコントロールできずに、
自分都合のトレードに走ってしまうクセが抜けないと、どこかで火傷を繰り返します。

というか、
怪我しながらメンタルコントロールを学んでいくとも言えるかもしれないですが。

fxメンタル

FXである程度の知識と経験を経ても、トレードがうまくいかない場合は、
メンタル的が乱れて自分都合トレードで損失を出してないか確認すべきです。
FXの学習と実践が適切な方向で行われていることが前提)

FXの知識を学習して、トータルで勝てるトレードルール(ロジック)を学んで、
そのトレードルールを過去検証して利益が出せることを確認したら、
それだけをやっていくことで利益が残ります。

参照:FXは検証済みトレードルール(ロジック)通り実践で成績が安定

ここまでを理解して実践しているのに、
トータルで利益が残せず損失を出している殆どの場合は、
トレードルール以外のところでトレードしていたり、
自分都合での余計なトレードで損失をだしていることが多いです。

FXにおけるメンタル管理の重要性を解説していきたいと思います。

メンタルが原因でトレードで損失を出す理由

FXは結局のところ、ある程度の知識があって、
トータルで利益が残るトレードルール通り実践していれば勝てるわけです。

それでも、長らくFXをやっていても損失が多いトレーダーが多数存在します。

なぜ?どうして??

適切なFXトレードの取り組み方を理解できてない場合もありますが、
それよりもなによりも、
トレードにおける自身のメンタル管理がうまくいってない可能性が高いです。

fxメンタル管理


以下のような場合が思い浮かびます。

  • ポジポジ病の時
  • 自分都合でのルール無視トレードになりがちなのがポジポジ病。

  • 利確が早く損切りは遅くなる
  • トレード状態が損小利大の逆になると、コツコツドカンで利益が吹っ飛びやすくなります。

  • そもそも損切りをしない(できない)
  • 損切りできないのは、大怪我(大きな資金損失)の元です。
    強制ロスカットになれば、口座資金の大部分を失います。

  • 自分都合のトレード(飛び乗り・無計画ナンピン・塩漬け)
  • 典型的な自分都合で相場状況無視の症状です。

  • ロジックを検証していない(ルールを理解できてない)
  • 過去検証して精度を把握してないロジックをいきなりリアルマネーでトレードした場合、
    実際に動いているチャートを前に冷静に判断できない可能性があります。
    しっかりとメンタル負担が少ない過去チャートでの検証や、デモトレードでのテストが必要です。

FXは相場の大きい流れ(トレンド)に逆らうことなく、
タイミングをはかってトレードしていけば利益になるものです。

それをトレードロジックに組み込んで安定させていくわけです。

ですが、わかっちゃいるけどやめられない… のが人間。

自分の都合で相場の大きい流れに逆らってエントリーしちゃって、
アレ?っていう間に含み損が大きくなって損切りできず、
辛い気持ちを抱えながら気がついたら大きな損失額の損切になっちゃったりも。

そういう場合もルール通りトレードしていない「メンタル崩壊」の一例なわけです。

「トレードルール通りやれば、結果的に利益は増えていく」

わかってるわけなので、変な欲を出さずにルール通り淡々とやる。
ルール通りの相場状況になるまで延々チャートを監視して待つ。

自分都合でなんかしたくなった時は、
メンタル崩壊の前触れとしてグッと堪えてメンタル管理。

これがFXで利益を安定して残し続けていく秘訣です。

fx逃げ恥


FXで相場の天井から底まで全部取りに行くのは、不可能です。
大怪我します。

勝ち逃げをしていくのが個人トレーダーのやるべきことです。

勝ち逃げする為に、
メンタル管理して身の丈にあったトレードをしていきます。

人間意識の仕組みはFXで勝つ思考と逆にできている

FXで勝っていくには「利益を伸ばして、損失を小さくする」損小利大のトレードが求められます。

なんですが…

そううまく損小利大のトレードばかりにならないのが現実でもあります。

人間本来の意識としては、
「利益はなるべく早く確保したい」「損失確定はなるべく先延ばししたい」これが本能です。

これは行動経済学の理論として証明されています。
(プロスペクト理論)

プロスペクト理論の有名な実験として、以下があります。(引用:wikipedia)

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。
にもかかわらず、一般的には堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。


これは利益はなるべく早く確保したいという人間心理の現れです。
リスクをなるべく取らずに利益確定したいという本能。

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

両者の期待値は-100万円と同額である。
安易に考えれば、1つ前の質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測される。
しかし、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されている。


これは、損失はギャンブル的になってもイチかバチかに賭けてしまう本能。

これを合わせると損小利大の逆で、損大利小のトレードの完成です。
(もしくはコツコツドカンの損失パターン)

fxメンタル


FXで安定して利益を残すのは、
人間本来の意識と逆なことが理論で証明されているのです。
(ここ、超重要です)

だからこそ我々個人トレーダーは、
本能意識を制御する為にも、守るべきトレードルールを明確に決め、
そのルールに従ってトレードをしていくことが重要なのです。

無計画に大きく勝つスタイルは、大きく損失も出す

また、ビギナーズラック的な大勝ちを経験する場合もFXにはあります。

FXをはじめた当初は損小利大のトレードルールの概念がそもそもわからず、
危なっかしいながらも利益確定だけを繰り返して大きなプラスになる場合もあります。

僕自身もFXをはじめた2009年に、
損切りをしないで耐えるやり方でビギナーズラックを経験しました。
(このやり方は、いつか破滅するので危険です)

こういったビギナーズラック的な時期は、決してずっとは続きません。

あるタイミングでビギナーズラックであることを自覚し、
損切り注文をルール通り入れるセーフティトレードに移行しないと、いつか大怪我します。

典型的なコツコツドカンでやられるスタイルですね。

また、ハイリスクなトレードをやることで、
大きく利益を出すトレードは、大きく損失もどこかでだします。
(ビギナーズラックの崩壊も同様です)

ドカーンと短期間でプラスになるハイリスクトレードは、
逆に動いたらドカーンと短期間でマイナスになるリスクを含んでいます。


トレードルールにのっとってトレードしていき、
トータルで勝つスタイルを目指すのが個人トレーダーがまずやるべき形だと思います。
(時に、余剰資金で勝負をするのも投資家としてはありかもしれませんが)

FXのメンタルコントロールとトレードルール

人間の基本的なメンタル構造は、
トレードで勝つパターンと逆なことがこれまでの事柄からわかると思います。

だからこそ、
そういった意識・メンタルを制御してトレードで勝っていく為に、
利益の残るトレードルールを守ることが必要になってくるわけです。

人間の感情は影響されやすいのですが、
前もってルールを決めて守ると固く決意しておくことで、
自分都合の不用意なトレードを減らしていくことはできます。

人間なのでトレードをやっていて、
「ポジション持っているのが辛い」のは理論上証明されています。

はやく利益確定したくなりますし、損切りはなるべく先延ばしにして、
できればチャラ逃げしたいのが人情ですし、理論上証明されています。

だからこそ、勝っていく為にトレードルールを守る。

これまで何となくやってきたトレードルールのことを、
人間の行動理論で知り、頭で納得していくことは超重要です。

fxメンタル管理理論


FXで個人投資家が安定的にやっていくには、
リスクをなるべく避けて、機械的に利益が残るルールを実践していくことです。

できる限り感情を殺して、マシーンのようにトレードしていくわけです。

その為に理論を理解して、自分のメンタル管理をしていくわけです。

理論を知って頭で納得していれば、
トレードルールを守る時により強い制御ができると思います。

僕はそうでした。

トレードでのメンタル管理に参考となるコンテンツ

今回解説したメンタル管理は、FXを継続してやっていくのに超重要です。

逆に言うと、
このメンタル管理ができて、ルール通りのみトレードできれば、
それだけでトータルで利益が残るトレーダーになれる、というわけです。

以下のコンテンツは、メンタル管理に役立つものです。
チェックしてみてください。

  • ジェシーリバモア伝記本読んだ感想(投資家手法と名言)
  • 伝説の投資家ジェシーリバモアですらも、自分の精神衛生を保つために多大な努力をしていました。
    それがバランスを崩して、自分ルールを破った時に破産してきたという事実も。
    投資家としてやっていくマインドと、リアルな人間としてのトレードとの向き合い方が学べる本です。

  • 神王リョウ「超成功メソッド」DVD感想レビューと評判
  • こちらもメンタル的な弱さが現れることを理論で解説してくれるDVD。
    個人的にかなり興味深かったものです。
    緊張する時には、自分が〇〇するから、という具体的な理論がわかる内容でした。

  • FX INNOVATION CLUB(市場健祐FX商材)特典評判レビュー
  • この教材で提供されているセミナー動画では、トレードルールを順守する為のマインド、
    ポジポジ病になってしまう原因と解決法が具体的に語られています。
    かなり響きました。
    この部分のみで、僕は充分価格の10倍の価値を感じました。

メンタル的な要素は、FXの知識や経験、様々な要素を経て、
ある時「そういうことだったんだ!」と開花するような気がします。
(僕はそうでした)

そして、
色々な思考が一気につながり、自分のトレードスタイルが明確になります。

精神的にもそれまでよりも遥かに楽に、スッキリとトレードできるようになります。

是非少しずつでも前進していきましょう。