FXトレードをやっていくうえで「デモトレード」を活用するのは重要です。

デモトレードはトレーダーとして経験を積んできたとしても、
継続的に利用し続けるシステムとして認識しておくのがいいです。

参照:FXデモトレードでチャート検証する方法解説

FXトレードは常に「より高い勝率とより高い利幅」を追求していきます。
(その反面「頭と尻尾はくれてやれ」部分も意識してリスクヘッジします)

その部分からもデモトレードは何度も何度も利用して練習します。

デモトレード何度も検証


デモトレードを利用してチャートを検証することは、
現在は常勝トレーダーとなった実践者が経験してきた道のりですし、
今後も「より高い勝率とより高い利幅」を追求する上で利用し続けるものです。

デモトレードは何度も何度も利用してエントリーとイグジットの精度をあげていきます。

チャートとトレードルールを検証し続ける

デモトレードを利用してチャートパターンのクセを習得し、
実践するトレードルールを検証していきます。


為替相場には値動きのクセがあります。

世界中でトレーダーが売り買いを繰り返しているので、
多くの人数がトレードすることで為替相場は値動きします。

チャートの動き方は、特有の心理的なクセが形成されていきます。

その「心理的なクセ」がチャートパターンとして、
以下のような様々な形で定番化されています。

値動きのチャートパターンは上記以外でも多数存在します。

こういったチャートパターンを覚えておくことで、
為替相場がどのような動き方をしていくかを見極める精度が上がります。

チャートパターンと移動平均線(MA)等のテクニカルを併用し、
チャートの値動きのクセを習得するのには、
デモトレードを利用して練習していくことが効果的です。

デモトレードで練習して精度を上げていくことで、
リアルトレードで損失を出すリスクを減らすことができます。

MT4利用の経過時間を早回しできるチャート練習ソフトもありますので、
通常の時間軸よりも早くトレード練習することもできます。

トレードルールをデモトレードで検証する

また、今後実践するトレードルールが
利益をだしてくれるものかを検証するのもデモトレードが有効です。

FXトレードはエントリーして利益確定(もしくは損切り)するまでの
トレードルールを決めて実践する方が精神的にも勝率的にもよいです。
(裁量トレードで随時調整はしていくべきですが)

MT4を利用したデモトレード(ストラテジーテスト)などで、
時間早回しでトレードルールテストしてからリアルトレードします。

こうすることで無駄な損失を防ぎ、精神的にも楽です。

チャート検証経験での実力比較

FXをはじめて間もないトレーダーで、
スキャルピング的な手法を中心にして
数ピプスの利益を積み上げているトレーダーは多いです。

為替相場のチャートパターンをしっかりと理解できていないのと、
トレードルールが明確化していないので利幅を伸ばせないのです。

かくいう僕もFXを始めた当初はこの感じでした。

リアルトレードをやりながら実力をつけていくのも手ですが、
特に始めたばかりの頃はチャート検証をデモトレードですべきです。

チャート検証デモトレードを経験していないばかりに、
トレンドラインやレジサポを理解してラインがひけるようになり、
ある程度トレンドフォローを理解できた状況でも、
利益に目がくらみ無謀なエントリーをした経験が僕にはあります。

しかもかなりの時間と資金を損失しました。

しっかりとデモトレードでチャート検証していくことで、
損失を減らすことができます。

リアルトレードで損失を出した後に、
思い立ってデモトレードで練習するのがよくあるパターンです。

最初からデモトレードで練習して実力をつけていきましょう。

為替相場は逃げない

FXは2010年よりレバレッジ規制がはじまり、
現在は国内個人口座では25倍までのレバレッジとなっています。

よりハイリスクハイリターンなトレードは確かにしにくくなりました。

しかし、通常のトレードをして利益をだしていくのであれば、
レバレッジ25倍あれば充分利益を積み上げていくことができます。

基本的に為替相場は逃げません。

FXトレードはあなたに資金があれば
いつでも参入することができます。

重要なのは資金を溶かして相場を退場しないことです。

チャートパターンの理解も不充分な状況で、
勝率も低くトレードルールも固まっていない状況でリアルトレードし、
資金を溶かして相場を退場してしまうトレーダーが続出しています。

しかし、

先にデモトレードやMT4での練習ソフトで精度を上げてからリアルトレードすれば、
リアルトレードで損失を出して資金を溶かすリスクを減らすことができます。

感覚のみでトレードしていても、
短期的には利益を出せても安定的には難しいです。

リスクヘッジの為にもしっかりとデモトレードで実力を構築しましょう。
何度も何度も練習していきましょう。

僕も今でもMT4でデモトレードを練習しています。