FXポジポジ病を治すには?克服のための学習とやり方解説動画


「ポジポジ病」は、トレーダーであれば誰もが経験する病気だと思います。

しかも(個人的には)、
トレードの初心者でもベテランでもかかる可能性がある病だと思っています。

ポジポジ病にかかってしまうといいことはあまりなく、
なんだかんだで損切りトレードを繰り返し、
精神的に落ち込んだ状態になるまで続くことが多いです。

ポジポジ病fx治す

ポジポジ病は、早期発見早期治療で軽症で終わることもありますが、
あまりに重症なところまで追い込まれると、
口座証拠金の大部分を一気に失うリスクもあります。

軽く見ないでリアルマネーでトレードする前に、知識と予防法を理解しておくべきです。

「自分は今、ポジポジ病にかかってないかな?」


自分自身に常に問いかけながらトレードしていくのが大切です。

病は気から。病は知らないうちにやってくる。

ポジポジ病もその名のとおり、
れっきとしたトレーダーの職業病みたいなものだと言えるでしょう。

そもそも「ポジポジ病」とは?

ポジポジ病はFXでも株式トレードでも起こりうるトレーダーの病です。

そもそも「ポジポジ病」とはどんな症状を指すのでしょうか?

以下のような症状だとしたら、ポジポジ病にかかっている可能性を疑った方がいいです。

「短時間に何度もトレードしてしまっている」
「ポジションを持っていないと損した気分になる」
「とにかくチャートから離れられない」
「ポジションを持っていないと手が震える」

こういった症状を感じたら要注意です。

ようはポジポジ病とは、
「いつもポジションを持ってないと落ち着かないトレードジャンキー状態」です。

ポジポジ病とは


FXトレードはトレードルールにのっとって根拠をもってやっていくべきで、
むやみやたらとトレードしたくなる精神状態は危険です。

冷静に相場状況を分析して、勝率の高いと判断できたところでトレードしていくべきです。

ポジポジ病になると「トレードしてないと損した気分になる」症状なので、
一度根拠あるトレードを終えても、すぐにエントリーしたくなりがちです。

そんな状況で勝ち続けられるほど、相場は甘くないわけです。

「3PIPSだけ獲得して寝ようと思って入ったら… 逆いかれて含み損が20PIPSになった…」

こんな状態もある種のポジポジ病と言えるでしょう。

注意していきましょう。

ポジポジ病にかかりやすい状況

ポジポジ病になりやすい状況として、以下があります。

  • その日最初のトレードが負けトレードになった時
  • 損切りトレードから始まると、マイナスを取り返そうとしてポジションを持ちたい願望は強くなりがちです。
    デイトレードからスキャルピングの手法主体でトレードするトレーダーは注意です。


  • スキャルピングを多用するトレーダーの不調時
  • 短時間にトレードしていくスキャルピングを実践するトレーダーは、
    そもそも時間帯におけるエントリー数が多いのでポジポジ病との闘いともいえます。

    調子が悪く負けが込んできたときには、早めの休息が大切ともいえるでしょう。


  • 長らく低ボラティリティの汚染相場の時
  • ボラティリティがなく、方向感が不明瞭な相場状況はトレードに適してない状況と言えます。
    そんな相場状況でチャートを見ていると、とりあえずエントリーしなくなることもあります。

    上下にヒゲがでまくる汚染相場は特に注意が必要です。負けやすいです。


  • トレードルールを破ってしまった時
  • 実践しているトレードルールを破ってトレードした場合、
    勝っても負けてもポジポジ病への扉を開いた状態と認識すべきです。

    勝っても「次も勝てるかも」となり、負けても「取り返さなきゃ」となります。

    トレードはトレードルールにのっとって根拠あるポジションを持っていくのが重要です。


  • 相場分析力がまだ未熟な初心者時期
  • 単に相場分析力が未熟な初心者時期に、どうトレードしていいかわからなくてポジポジ病になる場合もあります。

    まずはデモトレードをやりながら、FXトレードの基礎知識をインプットしていくのがおすすめです。
    実弾トレードは明確なトレードルールを理解した後がいいです。

ポジポジ病にかかったら

ポジポジ病にかかってポジションをどんどんとっていくようになったら、
一旦早めにFXトレードを休んで冷静になることが大切です。

僕も経験あるのですが、

「このトレードで最後5PIPS勝って終わってやる!負けたら30PIPSだけど、やってやる!!」

こういった謎のリスキートレードをする状態はポジポジ病です。

とりあえずトレードをやめて、早めの治療がおすすめです。

ポジポジ病を治すには

ポジポジ病はトレーダーの職業病みたいなもので、油断してるとかかります。
常に注意をしていく必要があります。

ポジポジ病を治す治療方法としては、以下の事柄が思い浮かびます。

  • トレードを休む(冷静になる)
  • 冷静な自分を取り戻しましょう。


  • 「何回か負けたらその日はやめる」等のルールを決める
  • 「3回連続で損切りになったら、その日はトレードしない」等の自分ルールを決めておくのは有効です。
    過剰トレードの予防は前もって自分で認識しておくと変わってきます。


  • トレードする時間足を長期足に変えてみる
  • ポジポジ病は1回のトレードが終わると、すぐ次のトレードにいっちゃう症状です。
    より長期足で相場分析してトレードしていくことで、一旦冷静に立ち戻れる可能性が高まります。

    また、より長期足でトレードすることで、トレンド判断がしやすくなります。
    ポジション保有時間も長くなり、判断する時間も取れます。


  • 実践しているトレードルールを再検証する
  • 過去検証を再度繰り返していきます。
    そのトレードルールの勝ちパターンと負けパターンを過去チャートから再度みることで、
    改めて自分のチャート分析思考がフラットにできます。

以下の記事もポジポジ病の治療に役立ちします。

参照:FXやればやるほど損切りで負ける時の対処法

FXの学習をしていく

ポジポジ病を克服していくには、FXの学習をしていくのが一番です。

なんだかんだで、
FXは学習と実践の繰り返して上達していきます。

  1. FXの知識をインプット(基本や手法)
  2. 過去検証で確認する
  3. デモトレードでテスト
  4. リアルトレードで実践していく
  5. 繰り返し
この繰り返しを延々していくのがFXトレーダーのやるべきことです。

学習をしていくことで、ポジポジ病の治し方は自分なりに身に付きます。

自分ルールをつくる

ポジポジ病は、トレーダーにとって風邪みたいなものです。

しかし、たかが風邪、されど風邪。

うまく早期に治せないと、悪化して肺炎になることもありますし、
風邪だって長期化するといつまでたってもベストパフォーマンスがだせません。

ポジポジ病も同様です。


自分のトレーダーとしての状況を冷静に考えていき、
ポジポジ病になったと感じたら、
どうするかのルール化をしていくのが有効です。

人間は、そんなに精神的に強いものではありません。

決めておくのは重要です。

FXをやり続けることでわかっていくこと

ポジポジ病は、初心者トレーダーの頃に洗礼を受けることが多いです。

そして、トレーダーであれば誰しもが経験するものです。

しかし、
トレーダーにとってFXトレードは長くやっていくべき投資手法です。

長くFXで利益を出し続けていく為に、ポジポジ病の本質を理解しておくことは大切です。

やり続けることで本質も理解できていきますし、
自分なりの対処法も身についていくはずです。

学習と実践と反省と検証を繰り返していくだけです。

引き続き頑張りましょう。