エリオット波動理論とは、アリメカの投資アナリスト
「ラルフ・ネルソン・エリオット」氏が提唱したテクニカル相場分析法で、
「相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある」という理論を提唱しています。

ひとつの相場には「上昇5波動」の推進波と「下降3波動」の修正波が存在する、としたもので、
波動の流れを理解することで、相場の大局の流れを掴むことができるものです。

エリオット波動とは

エリオット波動の理論でいうと、
相場は推進波で動いた後、修正波として調整押し戻りを入れながら形成していきます。

エリオット波動理論は、推進波と修正波が入るサイクルを理解し、
トレンドの転換や節目となるポイントを予見するのに使えます。

エリオット波動理論をしっかりと理解すると、
月足や週足等の相場の大局的な流れの見通しとして使うところから、
短い時間足でのトレードでも相場の転換点を予見する手法として使えたりします。

1000年先の相場状況も理論のテーマにいれていたりと、
とにかく壮大なテーマとなる理論です。

エリオット波動理論とは?

エリオット波動理論では、1つの相場形成に
「上昇5波動」と「下降3波動」があると考えられています。

簡単な図にすると、以下のような形になります。(画像クリックで拡大できます)
エリオット波動解説図
上記の値動きは上昇トレンド時の形になります。
下降トレンドの場合は、ひっくり返した形となります。

相場が上昇時には5の波動で上昇していき、
その後、調整戻りとして3の波動で下降していくというもの。

その後、
再びこの5波動と3波動が繰り返されていくというものです。

上記の例でいうところの上昇5波動の部分を「推進波」といい、
下降3波動の部分を「修正波」といいます。


チャートは大衆心理の結晶によって形成されていきます。
なので、一定の期間を経て値動きの規則性が出てきやすいものです。

エリオット波動は、相場は波を描いて形成されるという部分を、
具体的な大衆心理の結晶の形を数値化して定義化したものと言えるでしょう。

推進波と修正波

エリオット波動は、相場を一方向に強く動かす「推進波」と、
トレンドの一旦の収束を示す調整となる「修正波」で定義づけられています。

チャート上でのN字の部分で言うと、以下のような部分が推進波と修正波になります。
エリオット波動推進波と修正波

エリオット波動理論では、相場は推進波と修正波を繰り返して形成されるという考えになります。

5波の推進波の後に3波の修正波がきて相場が一段落し、次の相場状況に向かう、という理論です。

エリオット波動のエクステンション(延長)

チャートを見ていくとすぐ気づくのですが実際のチャート上では、
エリオット波動の基本形どおりの5波の推進波と3波の修正波のみで形成され続けることは少ないです。

波の形や数が違っている場合は、
「エリオット波動のエクステンション(延長)」とされています。

5波のなかでエクステンションが起こるのは、通常ひとつの波だけとされています。

エリオット波動は自己相似集合形(フラクタル)

チャート上では、大きな時間足のチャートパターンの中に、短期足のチャートパターンが出現していたりします。

エリオット波動でもこの現象は起こりうるもので、
短期足の中でも5波の推進波と3波の修正波で形成されている、とされています。

これを、「エリオット波動は自己相似集合形(フラクタル)で形成されている」と呼びます。

似ている形(エリオット波動)の集まりによって、
大きな形のエリオット波動がつくられている、ということになります。

為替相場のチャートをみていると、多くの形がフラクタルとも言えるでしょう。

エリオット波動のチャート上での見え方

それでは、実際の為替チャート上でのエリオット波動の見え方例をあげてみます。

以下はドル円の1時間足チャートです。(クリックで拡大できます)
エリオット波動例
上昇トレンドの中での調整局面も、大体5波で上昇して、3波で調整下降しているのがわかります。

以下のチャート画像は、上記のドル円1時間足チャートの続き部分になります。
エリオット波動例2
こちらのチャートも、大体5波の推進波と3波の修正波で形成されているのがわかります。

エクステンション(延長)部分をどう見るかで変わってきますが、
エリオット波動をチャート上で見るときには、
ある程度波を大まかに見ていく方が理論がわかりやすいと思います。

FXトレードでのエリオット波動活用法

エリオット波動を相場状況に当てはめると、
今後の大局での値動きの予見ができる場合があります。

例えばドル円の月足でエリオット波動を見ると… 以下のようになります。
エリオット波動ドル円月足
下降推進波の5波の後に、上昇修正波の3波がきています。
ここから3波目が伸びていくとしたら、まだまだ円安ドル高になることが予見されます。

エリオット波動理論によると、将来的にはドル円は超超超円安になると言われています。

推進波と修正波をどういう区切りでみていくかで、
実際のFXデイトレードへの応用方法が変わっていくと思います。

個人的には、相場状況の大局を探る意味で理解しておくといいかと思います。

エリオット波動で大局を予見し、
レジサポラインやダウ理論で合わせてトレード判断していくのが賢明です。

様々なトレード要素のひとつとして、エリオット波動も理解していくといいかと思います。