FXトレードを始める理由は「お金を稼ぐ為」だと思います。
やるからには利益をだして勝たなければ意味がありません。

勝つ方法は安定的に利益がでるトレードルールを持つことです。

実際にどういったチャート状況でエントリーしていって、
どういう利幅で利益確定(もしくは損切り)していくかをルール化し、
そのルールに基づいてエントリーしていくことで、
トレードの勝率と利益を安定的にあげていきます。

そういった勝つトレードルールを構築していくのですが、
初心者トレーダーは最初はFX情報商材等で解説されている
トレード手法を学ぶことが手っ取り早いことがあります。

こういったFXの情報商材を利用して
勝つトレードルールを身につける方法を解説します。

FX情報商材


FXの情報商材は数万円程度の価格帯のものが多く、
高額に感じられるかもしれませんが、
効果的に活用できれば早い段階でトレードで
価格以上の収益を上げることができる可能性が高いです。

有料で販売する内容なので、商材それぞれに再現性があるわけです。

FXで情報商材を購入する意義

FXに関する情報商材は様々な種類のものが販売されています。

様々なトレード商材の種類がある中で、
実際に誰しものFXトレードに大いに参考になるものは多くないです。

人それぞれ正確も違えば生活時間帯やトレードスタイルも違い、
それぞれの状況の中で購入した情報商材の内容を活用していくからです。

自分のトレード状況にあったFX情報商材を購入していくことが大切です。

また、
購入したFX情報商材が自分のトレード状況にマッチしなかったとしても、

「どういった目的でその商材が作成されたのか」
「どういった状況のトレーダーが活用することで意義が深まるか」

これらを購入したFX情報商材から検証していくことで、
より自分のトレードに対する理解と見識が深まります。

結果的にトレードの実力を高めるのに役に立つのです。

購入したFX情報商材は是非商材自体の内容を掘り下げて、
自分のトレードに活かしていけるようにしていきましょう。

FXトレード情報商材の種類と選び方

FXトレードの情報商材には、以下のような種類があります。

  • FXトレード自体を知る為の教本的な商材
  • トレードルールを直接解説する情報商材
  • FXトレードの勝ち方を教える塾やコンサルティング
  • 自動売買ツール
  • エントリーポイントのシグナル配信サービス

FXは為替相場が上がるか下がるかで利益と損失が決まる投資分野です。

最初は根拠薄くともエントリーしていけば、
まぐれで利益があがることもあります。

本当にまぐれでも利益があがることがあるので、
「簡単に楽して誰でも稼げる」とFXトレード情報商材が
煽り売られている状況も確かに存在します。

「自動売買ツール」や「シグナル配信」の情報商材は、
内容的にそのまま実践すれば成果が出る場合も少なくは無いです。

しかし、全く損失が出ないという保証があるわけでもないので、
何らかの損失リスクは常に存在し続けていますし、
シグナル通りにエントリーしていても騙しにあうことも少なくありません。

長期的にFXで利益を出し続けていくのであれば、
自分自身の相場観をしっかりと構築していき、
チャートパターンと相場の環境認識力を養っていく方が賢明です。

短期的に利用できる「楽して稼げる」FX情報商材もあるにはありますが、
その裏にある「楽して稼げる」という理由を自分なりに検証していき、
裁量トレードの実力として取り入れることが大切です。


自分のトレードにおける実力「チャートパターン認識力」「環境認識力」を
しっかりと成長させられるようなFX情報商材を購入していくことは
意義があると思います。

勝つトレードルールを実践する為に

こういった情報商材を参考にして「勝つトレードルール」を実践するには、
本当に成果がでているFXトレード情報商材を購入していく必要があります。

「本当に成果が出ているFXトレード商材」であるかを判断するには、
セールスレターなどにMT4でのバックテスト結果がしっかりと掲載されているかや、
購入者の感想(声)が信憑性高い形で掲載されているか等を見ていきます。

自動売買ツールやシグナル配信サービス等は、
提供元が信頼おける場合には有効なサービスとなり、
エントリー根拠の検証等にも大いに参考になります。

ですが、
第三者がサービスを受けて再現した場合の成果状況は、
実践する状況次第の部分もあるので確認が必要です。


自分がチャートパターンや環境認識を勉強して作成したトレードルールに対し、
その商材がどういった部分で役に立つかを検証しながら、
トレードに役立てていきましょう。

FX情報商材を購入するのもひとつの経験です。

長期的に実践していくトレードルール構築に向けての、
手掛かりとなる商材として役立てていきましょう。