FX通貨ペアごとの相関性見方とトレード活用法 解説動画


FXにおける為替相場の値動きは、様々な要素によって価格が変動していきますが、
価格に影響を与える事柄の連動性や相関性を見て、
トレードの参考にすることができます。

参照:相関性連動性を活用する方法【ドル指数・NYダウ・日経平均株価】
(相関性の基本的活用方法は上記記事を参照)


NYダウやドルインデックス、日経平均株価等の各種指数の他に、
通常トレードする通貨ペアごとにも連動した値動きがあります。

fx通貨ペア相関性

例えばユーロドルの値動きは、ドルとユーロの他各通貨ペアにも影響を与えます。

そもそも通貨ペアの値動きは「ドル円」(USD/JPY)だと、
ドルが円で買われれば上昇し(円がドルで売られる・ドルが強い)、
円がドルで買われる(ドルが円で売られる・円が強い)と下降します。


ドル円が110円から115円に上昇した場合は、
ドルを円で買う人が多かったので上昇しており、
1ドルを円で買うのに110円から115円必要になったということです。
(円の価値が安くなった。1ドル買うのに5円プラスになった)

この場合、ドルが強くなったということで、
その他のドルストレート通貨もドルが強い方に動く可能性がでてきます。
(必ずしもではないですが、影響は0ではないはずです)

こちらの記事では、通貨ペアごとの相関性の見方をまとめていきます。


主要通貨の相関性まとめ

  • ドル円(USD/JPY)の値動きの相関性
  • ドル円の値動きは主に円絡み通貨に影響があります。
    ドルストレート通貨には(ドルが基軸通貨なので)相関性は薄いことが多いです。

    • ユーロ円の値動きに影響
    • ポンド円の値動きに影響
    • オージー円の値動きに影響
    • カナダ円の値動きに影響
    • その他円絡み通貨の値動きに影響

  • ユーロドル(EUR/USD)の値動きの相関性
  • ドルが為替相場における世界の基軸通貨であり、
    ユーロドルは取引量が最も多い通貨ペアです。

    ユーロが強いかドルが強いかを判断することで、
    その他の通貨ペアの強弱影響を見ていくことができます。

    • ユーロ円とドル円の値動きに影響
    • (ユーロ円は、ユーロドルとドル円を複合したクロス円)

    • ポンドドルの値動きに影響
    • (ドルが強いか弱いかの状況)

    • ドルフランの値動きに影響
    • ドルカナダの値動きに影響
    • ユーロポンドの値動きに影響
    • ユーロオージーの値動きに影響
    • (その他クロス円にも影響があることがあります)


  • ポンドドル(GBP/USD)の値動きの相関性
  • ポンドとドルの強さをみることができます。

    • ポンド円の値動きに影響
    • その他ポンド絡み通貨の値動きに影響
    • ドル絡みの通貨の値動きに影響


こういった形で買われて上昇している通貨が強く、
売られて下落している通貨が弱いと判断します。

強い通貨は他の通貨ペアでも買われやすく、
弱い通貨は他の通貨ペアでも売られやすい傾向にあります。


通貨ペアの相関性見方例を解説

実際に複数の通貨ペアでの相関性の判断方法を簡単に解説します。

以下はユーロドルとドル円とユーロ円の1時間足です。
fx通貨ペア相関性例1
上記のチャート上から現状の通貨強弱を見ると、以下になります。

  • ユーロドルが上昇でユーロが強い(ユーロが買われてドルが売られている)
  • ドル円が下落で円が強くてドルが弱い(円がドルで買われている)
  • ユーロ円が直前上昇ありながらもレンジ状態(ユーロも円もボチボチ)

ユーロ円の一時上昇は、ユーロドルが上昇してユーロが強い部分の影響も考えられ、
現時点でユーロ円が下落したのは相関性で言うと、
円の強さ(円が買われている)を判断することができます。

よって、
ドルが弱くて円が強くて、ユーロがボチボチ、という通貨ペアの相関性が判断できます。

この通貨ペア強弱がわかれば、
「ドル円をショートすると下落する可能性」を考えられます。


以下のチャートはポンドドル、ドル円、ユーロ円、ポンド円の4時間足です。
相関性通貨ペア例2
上記のチャート上から現状の通貨強弱を見ると、以下になります。

  • ポンドドルが上昇してポンドが強い
  • ドル円が下落で円が強くてドルが弱い
  • ユーロ円が横ばいでユーロと円はボチボチ
  • ポンド円は短期下落してて、円が強くてポンドが少し弱い
上記の相関性から判断すると、
円が強くて買われやすく、ポンドも弱いけどドルはもっと弱く売られやすい、
と判断することができます。

ドルが弱くて円が強いことがわかるので、
ドル円のショート狙いが思い浮かんできます。


ポンド円も下がってて少しポンドが弱く感じますが、
ポンドドルは上昇しているので、
ポンド円でポンドを売るよりもドルを売る方が、
より通貨の強弱がトレード根拠として見えるわけです。


ドルを中心に為替相場は形成されている

基本的にFXの為替相場は「ドルを中心」に動いています。

世界の取引の基軸通貨がドルと言うこともあり、
最終的にはドルが強いか弱いかが通貨ごとの相関性に現れてきます。
(ドルが買われるか売られるか)

また、
取引量(流動量)が多い通貨がより影響力を持ち、
ドルやユーロの強弱は他の通貨にも大きな影響を与えます。

円も取引量が多いのですが、
日本経済が世界各国に比べて安定的に見られているのか、
円の値動きは比較的安定したレンジの中にいることが多いです。


通貨の強弱をみていくことは、
トレードの根拠として活用できるので、
是非仕組みと見方を理解しておきましょう。


通貨ペアの相関性を学ぶのにおすすめの商材

  • マエストロFX
  • マエストロFXの「通貨ペア選択の考え方」コンテンツは、
    相関性の活用法と考え方を学ぶのにおすすめです。