MACD設定使い方とダイバージェンス解説動画


テクニカルインジケーターMACDの正式名称は、
「Moving Average Convergence Divergence Trading Method」で、
長すぎるので略してMACD(マックディーと発音)と呼ばれています。

日本語的に言うと「移動平均収束拡散法」。

トレンド的なテクニカルインジケーターでもありながら、
オシレーター系の活用法に利用されることが多い。
(当サイトではオシレーター系で解説します)

MACDバナー

MACDはかなりポピュラーなテクニカルインジケーターです。

基本的なテクニカルの使い方としては、
2本の移動平均線を用いて、
相場の周期とトレンド転換のタイミングを捉えていきます。

MACDの山の傾きや移動平均線の位置から
相場のトレンド状況を見るといった使用方法もあります。

相場が高値圏(天井)や底をつけた当たりの時に、
MACDで現れることがあるダイバージェンス・コンバージェンス見ていくと
トレンド反転サインとして有効に機能していきます。
(サインがでて、更に高値安値を切っていくと強力)

トレンド状況と反転サインを両方見れるテクニカルインジケーターです。


MACDの基本的な使い方

MACDはMT4はもちろん、FX業者が提供するチャートソフトなどでも、
殆どのもので利用できるポピュラーなテクニカルインジケーターです。

今回はMT4でのMACD画面で解説していきます。


MACDを形成する移動平均線のパラメーター数値は変更設定もできます。

MT4の場合はデフォルト設定で「短期EMA12」「長期EMA26」となっています。
MACD設定

パラメーター数値に特別な目的がある場合は調整していきますが、
基本的にはデフォルト数値のままでもいいと思います。
(短期では21EMAはよく使われたりもします)

ダイバージェンスをみるだけならデフォルト設定で充分ですし、
それぞれのトレードしている時間足等のスタイルに合わせて
MACDパラメーターを設定すればいいかと思います。


MACD表示MT4
MT4でMACDを表示させた例(MACDはチャートと別窓表示となります)

以下画像はMACD画面の見方になります。(クリックで拡大)
MACD見方解説

  • 灰色の山の部分:MACDの数値部分
  • 赤い点線:シグナルライン(平均値)

  • 画面右側の0.00表示部分をみて、売り買いの優勢状況を判断
  • 0.00より山が上側なら買い優勢
    0.00より山が下側なら売り優勢

MACDの山の部分ラインと赤い点線のシグナルラインをみていき、
MACDの山のラインが赤い点線のシグナルラインを抜けてきた時などに、
ゴールデンクロス・デッドクロスが発生して売り買いサインとなります。


MACDでの売買シグナル

MT4でMACDを表示させている場合、MACDの数値が山で表示されるので、
売買サインとして見るのに慣れが必要です。
(FX業者のチャートソフトでは、線2本等で表示されることが多い)

以下は、MACDでの売買シグナルの例です。

  • 買い:MACDがシグナルを下から上に突き抜けた時
  • MACD買い
    いわゆるゴールデンクロスの状態です。

  • 売り:MACDがシグナルを上から下に突き抜けた時
  • MACD売り
    デッドクロスの形になると売りサインです。

    0・00ポイントの上にいるか下にいるかでも、
    トレンド状況をMACD上で反映しています。

ダイバージェンスとコンバージェンスの見方

MACDを使う時にトレンド転換サインとして
「ダイバージェンス」と「コンバージェンス」を見ていき、
次の反転トレンドに乗るトレード手法があります。

ダイバージェンスとはチャート上で表示される逆行状況を指し、
チャートの価格は上昇しているのに、
MACDの数値は下降している時などをダイバージェンスといいます。
(コンバージェンスはその逆)

MACDでのダイバージェンス・コンバージェンスは、
トレンド転換サインとしてかなり使えるので、
是非マスターしておくと強力です。


以下、MACDでのダイバージェンス例です。(クリックで拡大)
MACDダイバージェンス
  1. MACDの灰色山部分が右下がりとなる(ダイバージェンス出現)
  2. (この時点でシグナルサインをデッドクロスしている)
    そろそろ上昇トレンドのダウン転換を意識していく
  3. 価格は上昇トレンドからの天井圏あたりで、レンジ状況
  4. 価格が下落して直近安値を切り、ダイバージェンス確定(売りサイン)

上記のチャート例では、ダイバージェンス確定後、
再度高値更新せずに価格は下げていきました。


ダイバージェンス・コンバージェンスの逆行現象は、
チャート上ではよく出現していくのですが、
騙しとなることも多いので、
しっかりとダウ理論に沿って直近高値・安値の更新で確定していきます。


以下はMACDでのコンバージェンスのチャート例です。
コンバージェンス例
  1. ダウントレンド途中でMACDでコンバージェンス出現
  2. (シグナルサインをゴールデンクロスしている)
    そろそろトレンド転換を意識していく
  3. 直近高値越えを見ていきたいが、GAPあけて窓埋め上昇で確定
  4. 窓埋め後、更に上昇し高値更新。ダウントレンド崩壊でアップトレンドへ

MACDの0.00基準よりも山が上にいるか下にいるかも、
トレンド転換後の値動き幅の参考にできます。

過去チャートを検証して使い方を覚えていきましょう。


MACDオシレーター系の使い方まとめ

当記事ではMACDの反転オシレーター的な使い方を解説しました。

同じような使い方をRSIなどの他のテクニカルでもできますし、
複数のテクニカルを相互使用していくことで、
サインの信憑性を高めていくことも可能です。

まずは過去チャートで検証してMACDの見方と使い方をマスターしていきましょう。