FXをはじめたばかりのトレーダーは最初は、
「なんとなくとりあえずエントリー」していくことが多いと思います。

これは僕自身もそうだったのですが、
とりあえずFXをあまりよくわからずにエントリーして利益を出したり
損失をだしたりして値動きにドキドキする体験をしがちです。

本来はこちらの記事で解説しているように、
しっかりとFXトレードの知識をつけて勉強方法を知り、
デモトレードやチャート検証練習ソフトを利用して勝率をあげてから、
ようやく実弾リアルトレードに移行するのが推奨です。

しかも最初は当然1枚のみの最小ロットでエントリーすべきです。

FX初心者勝つ


よくわからないうちに実弾トレードしていき、
ビギナーズラックで利益を出して有頂天になったり、
最初からいきなり損失をだして証拠金を溶かしたりのパターンが最初は多いです。

だからこそ、最初は小資金の最小ロットエントリーから始めるべきです。

FXをはじめたばかりの初心者トレーダーは、
初心者でも利益を出しながら実力をつけられる手法で実践していくべきです。

最初に一番お勧めできる手法がラインブレイクアウト手法です。

初心者がどうやってFXに取り組むべきか

はじめてFXをやる時には、
誰しもがどうやってトレードしていいかわからないです。

デモトレードではじめるにしても実弾リアルトレードだとしても、
チャートの見方やエントリーしていくトレードルールも
最初はまっさらな状態からはじまります。

FXトレード最初


最初にどういったトレード手法を意識してやりだすかは、
初期段階での成果と今後の成長曲線に大きく影響します。

できれば長期的に利益をあげ続けられる手法に最初から取り組みたいです。

ですが、
なかなか最初は目先の利益を追っていきがちです。

そのままチャートの勉強をしないで目先の利益ばかり追い続けると、
ストップロスを入れずにトレードしたり、
口座に入金している証拠金の殆どを強制ロスカットで溶かしたりします。

参照:FXの悲惨な話とブログで伝えたいこと
(悲惨な話は本当にたくさんあります。注意して下さい)


FXはしっかりとチャートリーディング力を勉強して構築し、
大きな流れの中の「おいしい所だけをつまんで利益にする手法」を身につけます。

トレードの実力がついてくれば、様々な応用ができるようになります。
それまでは粛々と勉強しながら実践を続けていくべきです。

レンジ相場かトレンド相場か

為替相場の値動きの状態は、「レンジ相場」と「トレンド相場」に区別できます。


「レンジ相場」とは、ある一定の値幅の中で上下を繰り返す相場です。

レンジ相場

高値と安値がある一定ラインのボックス圏を生成しており、
その中で上下している相場状況をレンジ相場と呼びます。

このレンジ相場は買い(ロング)から入っても売り(ショート)から入っても、
待っていれば価格が戻ってくる可能性が高いわけです。

少ない獲得PIPSであれば、レンジ相場は利益を出しやすい相場と言えるでしょう。

トレード初心者がビギナーズラックで利益を得る場合は、
このレンジ相場でのスキャルピングや短期売買での場合が多いです。
(僕の最初のビギナーズラックはこれでした)

しかし、
トレンド発生する転換のタイミングになると、
相場は一方向に動きだしてレンジ相場でなくなります。
(トレンドの発生に繋がっていく)

レンジ相場とトレンド発生の見極めが重要です。


トレンド相場は、アップトレンドとダウントレンドがあります。
このトレンド判断はダウ理論に基づいてチャートを判断します。

アップトレンド

右肩上がりに上昇するアップトレンド継続中のチャート

ダウントレンド

右肩下がりに下降するダウントレンド継続中のチャート


トレンドが発生している相場はレンジ相場に比べて値動き幅があります。

よって、1回エントリーして獲得できるPIPS数もレンジ相場時より広まります。
(トレード手法により一概に言えない部分でもありますが)


レンジ相場とトレンド相場と、それぞれチャートの値動きに特性があります。

どのような相場状況でエントリーしていくかの選択は、
FXトレードを実践していく上で大切な分岐点になります。

どのチャートパターンが良い悪いではなく、
それぞれの特性があるので自分にあう手法を見つけていきます。

スキャルピングかデイトレードか

最初はどういうトレード手法がよいのかもわかりません。

スキャルピングで数PIPSを獲得するトレード手法でエントリー回数を増やしていくか、
1日の大きな流れをみてエントリーを厳選していくデイトレードか。

トレードスタイルは、トレーダーの性格や日常の生活パターンも大きく影響してきます。

様々なチャート研究検証をしながら、
自分が長期的に実践していくトレード手法を見つけていきます。

トレンドフォローはトレードの王道手法

「トレンドフォロー」とは、
一方の方向に価格が動くトレンドが発生している状況で、
そのトレンドが向かう方向にエントリーをしていく順張り手法を指します。

このトレンドフォローはスキャルピングでも
デイトレードでもそれぞれ同様に意識されることが多いです。

世界中のトレーダーが注目しているダウ理論によるトレンド状況は、
トレードしていく上で意識しておくべき理論になります。

トレンドフォローの手法は基本中の基本で王道手法です。

まずはトレンドの方向に沿ってエントリーをしていきましょう。

チャートの環境認識力が構築される手法を

FX初心者はどこでエントリーしたら勝率が高いか
最初は判断できないところからはじまると思います。

では、慣れてきたら簡単に勝率が高い位置を判断できるかというと、
一概にはそうとも言えません。

チャートの過去検証をしたり基本的なチャート原則を学んだりして、
チャートリーディング力を高めていくことでだんだんとわかるようになってきます。

これは時間と経験を要するものです。

誰もがすぐに簡単にトレードで勝てるようになったら、
世の中FXトレード自体が投資・投機として成立しなくなります。


多くのFXトレーダーが最初の段階で大きく資金を溶かしてしまい、
トレード自体が嫌になってやめてしまうことが多いです。

これがトレーダーの95%が勝てていないという格言に繋がるものです。

確かに簡単に最初から勝ち続けることができるものでもありません。

なので最初の段階は、
なるべく初心者でも簡単にエントリーイグジットできて、
勝率が計算できるトレードルールを採用していくべきです。

そしてその手法を実践していく中で、
しっかりとチャートの環境認識力が構築されるとベストです。


レジサポラインとダウ理論をメインに判断するラインブレイク手法は、
こういった部分を満たしているトレードルール手法だと言えます。

ラインブレイクアウト手法は最初に取り組むに最適

このような初心者トレーダーが取り組むべき手法として、
ラインブレイクアウト手法は最適なトレードルールと思えます。

FXトレードは相場の値動き全てから利益を取ろうと思うと、リスキーすぎます。

大きな流れの中のおいしい部分を獲得していくべきです。

ラインブレイク手法は勝率的にもチャートパターン的にも、
初心者でも判断しやすいおいしい部分と言えるでしょう。


しかも取り組み方は王道的なトレード手法です。

廃れることも無く長期的に実践できるものですし、
チャートパターンを理解していく上でもおすすめできます。


ラインブレイクアウト手法に関しては、以下の記事を参照して下さい。

→ FXラインブレイク手法とは?意味と使い方解説