為替相場は時間帯により動き方の特徴があります。

価格が大きく動く時間帯という印象の時間もあれば、
その時間に取引されている通貨かどうかも動き方に影響してきます。

一概に東京時間(日本時間9時から18時まで)は大きく動きにくく、
ロンドン時間からニューヨーク時間にかけて大きく動く認識をされています。

参照:FXトレードの取引が活発な市場時間帯

スキャルピング手法朝


今回は為替相場の時間帯による値動きのクセを利用して、
スキャルピングで小利を重ねる為のコツを解説していきます。

基本的にはスキャルピングは長期的に実践して成果を出すのは、
かなり難しい部類の手法と言われています。

スキャルピングを実践するのであれば、
勝率の高い相場状況や時間帯を厳選して取り組むことをおすすめします。

東京時間午前中値動きのクセを利用する

時間帯による値動きの特性を活かしてスキャるピングしていくのは、
週あたまの市場開始時窓開けスタート窓埋めスキャルピングでも解説しました。

参照:FXスキャルピング手法-月曜朝の窓埋めのやり方解説

時間帯による値動きのクセが為替相場には存在しており、
その特性を活かして小利であれば高い確率で獲得することが可能です。


今回解説する時間帯は「東京時間の午前中前半」です。
通常の毎日時間帯で共通する動き方となります。
(当然ファンダメンタル的な例外時も存在します)

東京時間の午前中前半はレンジ相場での戻り売りがでやすいので、
それに追随してショートエントリーをしていくと
数ピプスであれば獲得しやすい傾向にあります。

該当通貨はドル円、ユーロ円などの円がらみ通貨がおすすめです。

前日のニューヨーク時間の終値よりも高値の時を狙ってショートします。


実践する時間帯は以下を目安にします。
  1. 朝8時から8時半過ぎくらいまで
  2. 朝9時からの株式市場開始時
  3. 9時半頃から9時55分(仲値)までの高値でショート
前日ニューヨーク時間の終値を意識して短期足でレジサポラインを引いて実践します。

獲得ピプスは数ピプス程度を狙っていきます。

ドル円1分足朝

大きく窓開けして始めた月曜午前中も、レンジになる時間帯があります。
そのタイミングを狙ってショートエントリーで小利狙いしていきます。
(ストップロスは当然入れて慎重にいきます)

ドル円レンジ朝

東京時間朝のレジサポラインを引いて、前日ニューヨーク終値を意識します。

1分足、5分足でもしっかりとレジサポラインを引いてレンジを確認していきます。

売りが起きやすい理由

午前中には実需筋の売りが起きやすいという部分があります。
(日本の大企業が海外売り上げを円に換金する作業)

これにより円がらみ通貨の売りが起きやすい傾向になります。

また東京時間に入ってくる投資家はレンジ逆張りを好む傾向で、
前日のニューヨーク時間で価格が下げていると利益確定買いエントリーをしていき、
そして買いにより上がったところで戻り売りをしていき、
価格が上下に振れていきやすい傾向になります。


上下に振るので買い(ロング)でも取りたいところですが、
実需筋の売り部分を意識しての小利狙いであれば、
あえてリスクを冒さないことを個人的にはおすすめします。

深追いしないで薄利で逃げる

何が起こるかわからないのが為替相場です。

しかも東京時間の午前中はやい時間には、
その日の明確なトレンドが出ていない場合が多いです。

とにかく深いおしないで小利薄利で逃げるのがおすすめです。

欲張って深追いして逆方向に相場が動き、
損切りして利益どころか損失を出してしまう可能性もあります。

あくまでも「実需筋の売りに少しだけのっかる」というイメージがいいと思います。

また、実需筋の動きがない祝祭日にはこの動き方にならない可能性が高いです。

基本は大きなトレンドに従った順張りエントリー

このような時間帯の特性を活かした小利を獲得するトレード手法は、
一部のトレーダーが好んで実践して利益をあげているものです。

リスクをできる限り減らしてトレードをしたい方は、
このような大きく動かない時間帯でコツコツ小利を重ねるのはアリだと思います。

僕自身も以前多用した手法ですし、
現在でも起きて気分がのればやることもあります。

小利でも利益は利益。
大きな利益が欲しければレバレッジを掛けるという手もあります。

ただ基本的には大きな時間足でのトレンドをしっかりと把握して、
その向きに従って順張りでエントリーしていく意識を強く持つべきです。

しっかりと過去チャート検証をしていき、
リアルトレードの記録も検証していくことで、
より勝率の高い根拠のあるエントリーをできるようにしていくべきです。

その中で時間帯や値動きのクセを利用したエントリー手法も活用されていくといいかと思います。