FXの為替相場値動きで「ある一定の傾向がある時間帯」が存在します。

その「ある一定の傾向がある時間帯」に着目して
スキャルピングで短期売買する手法を解説します。

今回は「月曜朝の窓埋め」値動きでのトレード方法を解説します。

スキャルピング手法


スキャルピングで数PIPSの獲得だとしても、
勝率が高いと思われるところでのエントリーイグジットは有効です。

FXはレバレッジを効かせることもできますし、
自分の必勝パターンをつくっていくことが大切です。

相場の値動きのクセは、大きな枠で長期足から見て判断していきますが、
ある一定の時間帯には独特の値動きのクセが出る場合があるので、
そういった部分も理解していくとトレードがスムーズになります。

月曜朝には窓開けケースが多い

FXの取引がされている時間帯は平日になります。
土日は基本的には取引が止まっており、月曜の朝に取引再開されます。
(一部海外では土日も取引されています)

参照:FXトレードの取引が活発な市場時間帯


日本国内のFX業者の取引がはじまる月曜朝7時までの間に、
オセアニア市場等海外のマーケットが開いている場所の値動きにより、
先週末の終値よりも若干上下した価格からはじまることが多いです。

これにより、窓開け(GAP)の状態で相場がスタートする状態となります。

窓開けGAP

先週終値より大きく高値超えてスタートした相場です。(画像は5分足)
先週終値に少し戻して下落してから横ばいレンジになりました。

窓開け(GAP)した相場は、一旦元の価格に近づく習性があります。

多くの投資家がこの窓開けを狙って売買するためと言われています。
(窓埋めと言います)

この窓埋めの特性を活かして、
スキャルピングで数ピプス獲得することが可能です。


以下のページの一番下に土日の相場価格を知ることができるサイトを記載しています。
参照:FX口座開設おすすめ会社と為替相場情報サイトまとめ
(一番下に「土日の海外相場状況確認」という項目があります)

月曜朝7時までの時間で、それまでの相場価格を確認していきます。


短時間での窓埋め値動きになるので、
本当にその時間帯にパソコンの前に張り付いている必要があります。

朝時間なのでスプレッドが通常よりも広い場合があり、
窓埋めの値動きがしっかりと起こらない場合はうまく利益を出せない場合もあります。

窓埋めスキャルピングの注意点
窓埋めの特性はあくまでもよく起こるというものです。
毎回必ず起こりうるということではないです。

土日に大きな経済ニュースが無いか要確認

月曜朝の窓開け狙いスキャルピングを実践する際には、
相場が閉まっている土日の時間帯にチャートに影響を与える大きなニュースが無いかを確認します。

大きな経済ニュースが起こっていると、
月曜朝のスタート価格が先週終値と大きく離れて始まり、
窓埋めの動きにならない場合も考えられます。


経済状況や市場状況をしっかりと確認してから実践していきます。
そして損切りも早めに実行していきましょう。

窓埋めスキャルピングはあくまでもおまけ

月曜朝の窓埋めスキャルピングは、高確率で数ピプスを獲得できます。

月曜のスタートから利益をあげられるのは気分的にいいものです。

トレードの勝ち癖をつけることもできますし、
数ピプスでもプラスからはじまると楽に次のエントリーができます。

しかし、
この月曜窓埋めはあくまでもおまけとして考えることをおすすめします。


月曜朝7時前から早起きしてパソコンを開いて準備する必要がありますし、
数ピプスを獲得する為にその時間にあわせて生活するのであれば、
しっかりとチャートの勉強をしてデイトレードで
大きく獲得できる実力をつける方が効率的だからです。


人生で大切なものは、時間です。

どのような時間を過ごしたかで大きく人生の意義が違ってきます。

FXトレードはあなたの人生の可能性を広げるものですが、
目先の少ない利益の為に大切な時間をたくさん使うのもよくないです。

人生のバランスを考えながらトレードに取り組みましょう。

チャートの値動きは群衆心理の結晶

為替相場チャートの値動きは、まさに群集心理の結晶と言えます。

窓埋めをする特性は月曜朝以外の他の場面でも見うけられます。

例えば指標発表時等も同様の動き方をします。

一方の方に一気に値動きしたとしたら、
ある程度まで動いたら何らかのきっかけ(レジサポラインやMA等)で、
一旦ある程度は元の価格の方に戻ろうとします。

そしてその後、再びトレンド方向に動き出すことが多いです。


月曜朝の窓埋めも指標発表時の値動きも、
通常の値動きのチャートパターンに近い感じで動くものです。

為替相場が動くのには、ひとつひとつ理由があります。

そういった理由をチャートを検証することで理解していきましょう。
どんどんチャートリーディング力がついてトレードの成績にも反映されていくと思います。