FXトレードのピボットとは、前日の為替相場価格を基準にして、
その日の為替相場における重要ポイントラインを導きだしたものです。

前日の日足ラインから、「高値」「安値」「終値」を使い、
相場が反応しやすいラインを表示したものがピボットサポートラインです。

ピボットサポートラインは相場の伏目となることが多く、
サポートやレジスタンスラインとして反応しやすい傾向にあります。

デイトレーダーにとっては重要ポイントを抑えることができるテクニカルで、
多くのトレーダーが使用している信用度の高いものです。

ピボットサポートの見方と使い方を解説します。

ピボットサポート


ピボットはJ・W・ワイルダー氏が考案したテクニカル分析です。
氏はRSIやパラボリックも考案されているトレーダーにとって著名な方です。

ピボットの算出方法は、特定の計算式によりだされていきます。

決まった法則の中で導き出されるラインになりますが、
世界中のトレーダーが注目している値なので
反応してのプライスアクションが起きやすいものです。

ピボットサポートの算出方法

ピボットの値は特定の計算式により算出されます。

まずは当日の価格目安の中心となるピボットラインを定め、
それにあわせて計算式により上下レジサポラインを決めていきます。

以下の計算式になります。

  • 価格目安の中心点・ピボット
  • 前日の高値、安値、終値の平均値により算出
    (前日高値+前日安値+前日終値)÷3

  • サポートライン1
  • (ピボット×2 – 前日高値)

  • レジスタンスライン1
  • (ピボット×2 – 前日安値)

  • サポートライン2
  • (ピボット-(レジスタンス1-サポート1))

  • レジスタンスライン2
  • ((ピボット-サポート1) + レジスタンス1)

以下のマネックスFXサイトでは、当日のピボット値を公開しています。

参照:マーケットデータ「本日のピボット」

ピボットサポートの使い方

ピボットサポートは当日の値動きの基準値から算出する目安値です。

レジサポやそれまでのトレンドを特に意識してだしたものではないので、
エントリーや利益確定の際に「参考にする」程度でいいと思います。

長期足でのレジサポラインがあれば、当然そちらを優先していきます。

レンジ相場の時やボラが少なく値動きがゆるい時などに、
利益確定の根拠としてピボットサポートラインを利用するのはアリかと思います。

エントリーの根拠にするのは更に他に強い要素が無いと、
ピボットのみを根拠にエントリーするのはリスキーだと感じています。

あくまでも長期足のレジサポ、ダウ理論に基づくトレンド方向を意識して、
それに参考になるものとして利用するのがおすすめです。

フィボナッチ数列とピボット

ピボットに似たテクニカルで「フィボナッチ・リトレースメント」があります。

フィボナッチ・リトレースメントとは、
イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ氏が研究した
「フィボナッチ数列」という自然界の現象によく表れる数式を元に
算出される値動き幅の指針となるものです。

ピボットと似ている部分があります。

MT4やFX業者が提供するチャートソフトの多くでは、
このフィボナッチ・リトレースメントラインを引くことができます。

値動きの上下の値幅の参考にすることができます。

MT4フィボ

MT4チャートでは簡単にフィボナッチをひくことができます。

フィボナッチ・リトレースメントもピボットと同様に、
値動きの目安にすることができるものです。

フィボナッチピボットというテクニカルもあり、
通常のピボットにフィボナッチ数列を用いたテクニカル分析手法も存在します。